FC2ブログ

艦艇模型&艦これフィギュアリスト

※この記事はブログ暫定トップページです。
最新記事は一つ下になりますのでご注意ください。

某所の作中にある、とある会話。
「な、長門型とか金剛型のデータを流用……」
「サイズが違いすぎて参考にならん!」
では実際問題として大和型戦艦は既存の旧式戦艦に対しどれだけの大きさなのか?
長門と大和のサイズ比較は下の通り。
P1012428.jpgP1012429.jpgP1012432.jpg
というかぶっちゃけサイズより装甲配置や砲塔構造が既存戦艦群とは文字通り「別物」になっているのが大和型戦艦です。
装甲配置は中甲板に配置された水平装甲から緩い傾斜部分を介して舷側装甲「上端」部分へ接続する形となっており、これは「利根」型重巡洋艦と同じ方式です。
これに対し多重防御方式で下甲板に配置された水平装甲から45度程度の角度を持つ傾斜甲板装甲を介して舷側装甲「下端」部へ接続しているのが長門型以前の基本的な装甲配置(主舷側装甲上端部にも水平装甲が接続されてはいるものの、大和型のように1枚の主水平装甲で食い止める構造にはなっていない)。
砲塔構造は14インチ砲が砲弾と装薬を纏めて揚弾する英式だったのに対し、大和型は砲弾と装薬を個別に揚弾する米式へと変更されており、大きさよりも内部構造に大きな違いがあるので本気で「長門型以前の戦艦」は参考にならなかったりします。

所持している艦艇模型リストと各記事へのリンクを作成したので公開。
単体記事の作成希望等ありましたらコメントにお願い致します。

戦艦
「金剛」 「比叡」 「榛名」 「霧島」 「長門」 「長門(屈曲煙突)」 「陸奥」 「大和」 「三笠」

戦艦(海外艦)
「ビスマルク」 「ローマ」 「アイオワ」 「ウォースパイト」 「フッド」 「リシュリュー」 「ガングート(予定、1/350)」 「ネルソン(予定)」

正規空母
「赤城」 「瑞鶴」 「大鳳」

正規空母(海外艦)
「サラトガ」 「グラーフ・ツェッペリン」  「アーク・ロイヤル」

軽空母
「隼鷹」 「祥鳳」 「瑞鳳」 「千歳」 「千代田」 「龍鳳」 「龍驤」 「鳳翔」 「大鷹」 「飛鷹(予定)」

水上機母艦
「千歳」 「瑞穂」 「日進」 「神威」 「秋津洲」

重巡洋艦
「高雄」 「愛宕」 「鳥海」 「摩耶」 「鈴谷」

重巡洋艦(海外艦)
「エクセター(予定)」 「プリンツ・オイゲン(予定)」

軽巡洋艦
「天龍」 「龍田」 「北上(重雷装艦)」 「北上(超重雷装艦)」   「大井(高速輸送艦時)」 「阿武隈」 「川内」 「神通」 「那珂」
「夕張」 「阿賀野」 「大淀(1943)」 「大淀(1944)」

練習巡洋艦
「鹿島」

駆逐艦
「神風」 「春風」 「睦月」 「吹雪」 「綾波」 「漣」 「響」 「初春」 「春雨」 「霞」 「不知火」 「雪風」 「天津風」
「島風」 「秋月」 「萩」 
「島風(1/350)」 「浜風(1/350)」

駆逐艦(海外艦)
「サミュエル・B・ロバーツ」

砲艦
「宇治」

水雷艇
「鵲」

海防艦
「占守(1944)」 「国後(1941)」

潜水艦(陸軍船舶含)
「伊号第16潜水艦」 「伊号第58潜水艦」 「伊号第168潜水艦」 「伊号第401潜水艦」 「伊号第370潜水艦」
「伊号第14潜水艦」  「まるゆ」 「呂号第500潜水艦&ⅦC型Uボート」

特務艦(陸軍船舶含)
「間宮」 「間宮(1944)」 「伊良湖」 「明石」 「大鯨」 「足摺」 「樫野」 「速吸」 「あきつ丸」

海上自衛隊
輸送艦「さつま」
護衛艦「あきづき(初代)」 「とね(予定)」 「ちくま(予定)」



艦これ関係フィギュアリスト。

戦艦
「ビスマルク」 「陸奥」 「金剛」 「金剛中破ver」 「榛名改二」

軽空母
「瑞鳳」

重巡洋艦
「鈴谷クリスマスver」 「プリンツ・オイゲン」 「愛宕」 「愛宕重兵装ver」 「高雄 重兵装ver」

軽巡洋艦
「木曾改二」 「大淀改 礼号作戦」 「鹿島改1200」 「鹿島 教育中」 「練習巡洋艦鹿島 バレンタインver」
「AMAKUNI練習巡洋艦 鹿島」 「AMAKUNI軽巡洋艦 大淀」 「香取 教育中」&「夕張 休日」

駆逐艦
「暁」&「響」 「照月」 「天津風中破ver」 「白露改」&「村雨改」 「白露改水着ver」 「村雨改水着ver」 「時雨私服ver」 「浦風 休日」&「浜風 休日」 「清霜」 「潮改二 水着姿」

その他
「速吸」

「時雨」私服ver

今回の更新は「時雨」私服ver。
基本画像のみ、最後にちょろっと感想。

全体。
時雨私服全体1時雨私服全体2時雨私服全体3時雨私服全体4

顔。
時雨私服顔1時雨私服顔2時雨私服顔3時雨私服顔4

上半身。
時雨私服上半身1時雨私服上半身2時雨私服上半身3

下半身。
時雨私服下半身1私服時雨下半身4時雨私服下半身2時雨私服下半身3
時雨私服お尻

きゃすとおふ!
時雨私服下半身キャストオフ1時雨私服下半身キャストオフ2時雨私服下半身キャストオフ3時雨私服下半身キャストオフ4
時雨私服下半身キャストオフ5時雨私服下半身キャストオフ6時雨私服下半身キャストオフ7時雨私服下半身キャストオフ8

出来はほぼ完璧。
全体として丁寧な作りかつ綺麗な塗装で時雨好きなら買う事が義務レベルの良い出来だと思います。
メガネのフレームが厚ぼったいのがちょっと気になりますが、好みの誤差程度の問題でしょう。
カメラ等の小物もしっかり造形されており、足元の葉っぱも丁寧な作りと配置で単体のフィギュアというより小さなダイオラマ、といった風情を醸し出しています。
色移りを避ける為にビニールが挟まれていたのでスカートもキャストオフ可能。
服装がシックな黒系なのに合わせて(?)下着も黒。
とにかく文句のつけようがない良い出来のフィギュアです、お勧め!(´・ω・`)b

護衛駆逐艦「サミュエル・B・ロバーツ」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新はアメリカ海軍のジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦「サミュエル・B・ロバーツ」です。
第二次大戦中に多数が建造されたアメリカ護衛駆逐艦のうち、唯一機関に蒸気タービンを採用した「本来予定していた本来の姿」で就役した護衛駆逐艦です。
兵装として5インチ単装砲2基、ボフォース40mm連装機銃2基、20mm機銃10基、533mm三連装魚雷発射管1基、対潜前投兵器であるヘッジホッグ1基、爆雷投射機8基(片舷式)、爆雷投下軌条2基を装備。
最大速度は24ノットと対潜戦には十分でしたが艦隊戦には不足気味でした。

まずは全体から。
サミュエル・B・ロバーツ全体1サミュエル・B・ロバーツ全体2
サミュエル・B・ロバーツ全体3サミュエル・B・ロバーツ全体4
サミュエル・B・ロバーツ全体5サミュエル・B・ロバーツ全体6
対艦対空兵装としては艦首と艦尾に5インチ単装砲各1基、上部構造物先端と後端に40mm連装機銃各1基、艦橋と煙突の両側に片舷4基と艦尾に2基の20mm機銃、さらに煙突の後ろに533mm三連装魚雷発射管を装備。
対潜兵装として艦首5インチ単装砲の後ろにヘッジホッグを、上部構造物の後部左右に片舷4基ずつの爆雷投射機を、艦尾に爆雷投下軌条を2基装備しています。

艦首と5インチ砲、ヘッジホッグ。
サミュエル・B・ロバーツ艦首1サミュエル・B・ロバーツ艦首2
5インチ単装砲は艦隊型駆逐艦と同じもので、発射速度に優れた両用砲となっています。
その後ろに装備しているヘッジホッグは24発の対潜ロケットを発射する前投投射型の対潜兵器で、大戦後半に日本海軍やドイツ海軍の潜水艦相手に猛威を振るいました。

艦橋。
サミュエル・B・ロバーツ艦橋1サミュエル・B・ロバーツ艦橋2サミュエル・B・ロバーツ艦橋3
以前に建造された護衛駆逐艦は高い艦橋構造を持っていましたが、トップヘビー気味な事から低めの構造に改められました。
箱型艦橋の後ろには煙突がありますが、基部が前後に伸びている事から判るように単煙突に見えて日本海軍の重巡が採用した集合煙突となっています。
艦橋と煙突の周囲に合計8基の20mm機銃が配置されており、これが航空攻撃に対する最後の砦とされました。

中央部。
サミュエル・B・ロバーツ魚雷発射管1サミュエル・B・ロバーツ魚雷発射管2
唯一大型水上戦闘艦に対する手段として533mm三連装魚雷発射管を装備しています。
本艦「サミュエル・B・ロバーツ」はレイテ沖海戦において僚艦と共に栗田艦隊へ突撃を敢行、護衛駆逐艦として唯一の雷撃戦を実施しました。

艦尾。
サミュエル・B・ロバーツ艦尾1サミュエル・B・ロバーツ艦尾2
艦尾の5インチ単装砲と40mm連装機銃の周囲には爆雷投射機と投下軌条が配置されています。
元々大西洋での対Uボート戦を大きく意識していた為もあって対潜兵装は強力です。

「サミュエル・B・ロバーツ」はレイテ沖海戦時には第77.4.3任務群(タフィ3)の護衛任務に当たっていましたが、栗田艦隊の攻撃を受け護衛空母を逃がす為に奮戦、上述の通り護衛駆逐艦としてほぼ唯一の雷撃戦を実施。
日本艦隊による空母への攻撃阻止の為に死力を尽くして戦い、特に後部5インチ砲は破壊されるまでに主砲弾の殆どを撃ち尽くしていました。
破壊された後部砲塔に救助員が到着した時、砲員であるカー兵曹が最後の一発を抱えたまま戦死していました。
しかし「サミュエル・B・ロバーツ」は戦艦「金剛」を始めとする栗田艦隊から多数の大口径砲弾を受け大破、コープランド艦長は総員退艦を発令、そののち接近してきた軽巡洋艦「矢矧」及び第十七駆逐隊に所属する3隻の駆逐艦(「磯風」「浦風」「雪風」)によって撃沈されました。
この時日本艦からは「サミュエル・B・ロバーツ」の艦番号である「413」の数字が確認出来る程接近していたと言われています。
サマール沖で絶望的ともいえる戦力差の栗田艦隊に対し一歩も引かずに戦った本艦は「戦艦の如く戦った護衛駆逐艦」と呼ばれるようになり、その名はオリヴァー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートFFG58「サミュエル・B・ロバーツ」に引き継がれました。

ガールズ&パンツァー ダージリンココス制服ver

更新作業が面倒になってるのでひとまず画像のみ、ガールズ&パンツァー ダージリンココス制服ver

全体。
ダージリンココス制服ver全体1ダージリンココス制服ver全体2ダージリンココス制服ver全体3ダージリンココス制服ver全体4

顔。
ダージリンココス制服ver顔1ダージリンココス制服ver顔2ダージリンココス制服ver顔3ダージリンココス制服ver後頭部



上半身。
ダージリンココス制服ver上半身1ダージリンココス制服ver上半身2ダージリンココス制服ver上半身3ダージリンココス制服ver上半身4ダージリンココス制服ver上半身5
ダージリンココス制服ver左手ダージリンココス制服verトレーダージリンココス制服verエプロン

下半身。
ダージリンココス制服ver下半身1ダージリンココス制服ver下半身2ダージリンココス制服ver下半身3ダージリンココス制服ver下半身4ダージリンココス制服ver下半身5

脚。
ダージリンココス制服ver脚1ダージリンココス制服ver脚2

ダー様、全体としての造形と塗装は中々の出来。
胸部装甲も中々のものを確認、ぱんつは白。
……敢えて言うと最終章の製作速度が遅すぎて作品そのものへの関心が薄れつつあるのが大問題(フィギュア関係ねぇ!)

更新出来そうなものは下記の通り、希望があれば優先して撮影しようと思います。
航空母艦「飛鷹」
護衛駆逐艦「サミュエル・B・ロバーツ」
フィギュア「時雨私服ver」(撮影済)
フィギュア「金剛」(再販分を購入)

海上自衛隊護衛艦「あきづき(初代)」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

海上自衛隊の護衛艦「あきづき(初代、以下あきづき)」は海上自衛隊の護衛艦として初めて2000トンを超えた艦であり、その建造がアメリカの域外調達によるものという点に大きな特色があります。
域外調達とは「アメリカの予算で供与先の国が設計建造し完成と同時に供与する」というものです。
この制度を使う事が出来た結果、未だ予算の制約が厳しく護衛艦の大型化が思うように任せなかった海上自衛隊では2350トンの大型汎用護衛艦として「あきづき」を設計、建造する事が可能となりました。
建造にあたっては対空護衛艦(DDA)「むらさめ」型の砲兵装と対潜護衛艦(DDK)「あやなみ」型の対潜兵装を併せ持つ事とされました。
結果、砲兵装として54口径5インチ単装速射砲Mk39を3基、50口径3インチ連装速射砲を2基、対潜兵装としてMk108対潜迫撃砲(ウェポン・アルファ)1基、Mk10ヘッジホッグ2基、短魚雷落射機2基、爆雷投射機(Y砲)2基、爆雷投下軌条2基を装備、対艦対潜に53cm4連装魚雷発射管1基を装備するという重兵装艦として竣工しました。
後に運用実績が最悪のウェポン・アルファ(2発以上スムーズに発弾したら奇跡とまで言われた)を撤去してボフォース対潜ロケット発射機へ、短魚雷落射機を3連装短魚雷発射管へと換装され、今回の更新はこの改装が行われた後の姿になります。

全体。
護衛艦あきづき(初代)全体1護衛艦あきづき(初代)全体2
護衛艦あきづき(初代)全体3護衛艦あきづき(初代)全体4
護衛艦あきづき(初代)全体5護衛艦あきづき(初代)全体6
長船首楼型の船体を持ち、日本海軍時代の駆逐艦と同じく艦尾側に主砲2基を配しています。

艦首&艦橋。
護衛艦あきづき(初代)艦首護衛艦あきづき(初代)艦橋1護衛艦あきづき(初代)艦橋2
艦首に5インチ単装速射砲(51番砲)と3インチ連装速射砲(31番砲)各1基を配置、その後ろにボフォース対潜弾発射機を装備。
艦橋構造は艦隊旗艦としても使用出来るように大きめの箱型となっています。
Mk10ヘッジホッグは撤去済み。

中央部。
護衛艦あきづき(初代)中央部1
煙突の間に魚雷発射管を配置するのは日本海軍時代の駆逐艦と同じ方式です。
蒸気タービン艦の為煙突は比較的細めで現代のガスタービン主機の護衛艦とは一線を画する姿である事が判ります。

後部&艦尾。
護衛艦あきづき(初代)後部護衛艦あきづき(初代)オランダ坂護衛艦あきづき(初代)艦尾
艦尾の砲兵装は前から3インチ連装速射砲(32番砲)、背負い式に5インチ単装速射砲2基(前側52番砲、後側53番砲)を配置。
52番砲横の傾斜した甲板部分は通称「オランダ坂」と呼ばれ、角型で甲板を繋げた場合に生じる強度不連続を解消する為に「あやなみ」型から採用されたもので、このオランダ坂採用艦は本型で最後となりました。
艦尾にはVDS(可変深度式ソナー)を装備、これに合わせて爆雷兵装が撤去されています。

「あきづき」はブログ主が海上自衛隊に入隊した時点で既に除籍されており、直接の乗艦経験はありません。
しかし輸送艦乗り組み時の定繋港である横須賀の船越港長浦に除籍後の同艦が繋留されており、砲兵装を主体とし日本海軍の流れをくむ最後の護衛艦としての雄姿を洋上に留めていました。
今でも無人となり砲身を撤去された姿ながらいかにも「軍艦」らしい姿を見せていた「あきづき」を思い出します。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR