艦艇模型リスト。

※この記事はブログ暫定トップページです。
最新記事は一つ下になりますのでご注意ください。

某所の作中にある、とある会話。
「な、長門型とか金剛型のデータを流用……」
「サイズが違いすぎて参考にならん!」
では実際問題として大和型戦艦は既存の旧式戦艦に対しどれだけの大きさなのか?
長門と大和のサイズ比較は下の通り。
P1012428.jpgP1012429.jpgP1012432.jpg
というかぶっちゃけサイズより装甲配置や砲塔構造が既存戦艦群とは文字通り「別物」になっているのが大和型戦艦です。
装甲配置は中甲板に配置された水平装甲から緩い傾斜部分を介して舷側装甲「上端」部分へ接続する形となっており、これは「利根」型重巡洋艦と同じ方式で、下甲板に配置された水平装甲から45度程度の角度を持つ傾斜甲板装甲を介して舷側装甲「下端」部へ接続しているのが長門型以前の基本的な装甲配置。
砲塔構造は14インチ砲が砲弾と装薬を纏めて揚弾する英式だったのに対し、大和型は砲弾と装薬を個別に揚弾する米式へと変更されており、大きさよりも内部構造に大きな違いがあるので本気で「長門型以前の戦艦」は参考にならなかったりします。

所持している艦艇模型リストと各記事へのリンクを作成したので公開。
単体記事の作成希望等ありましたらコメントにお願い致します。

戦艦
「金剛」 「比叡」 「榛名」 「霧島」 「長門」 「長門(屈曲煙突)」 「陸奥」 「大和」 「三笠」

戦艦(海外艦)
「ビスマルク」 「ローマ」 「アイオワ」 「ウォースパイト」 「フッド」

正規空母
「赤城」 「瑞鶴」 「大鳳」

正規空母(海外艦)
「サラトガ」 「グラーフ・ツェッペリン(予定)」

軽空母
「隼鷹」 「祥鳳」 「瑞鳳」 「千歳」 「千代田」 「龍鳳」 「龍驤」 「鳳翔」 「飛鷹(予定)」 「大鷹(予定)」

水上機母艦
「千歳」 「瑞穂」 「日進」 「神威」 「秋津洲」

重巡洋艦
「高雄」 「愛宕」 「鳥海」 「摩耶」 「鈴谷」

軽巡洋艦
「天龍」 「龍田」 「北上(重雷装艦)」 「北上(超重雷装艦)」 「阿武隈」 「川内」 「神通」 「那珂」
「夕張」 「阿賀野」 「大井(予定)」 「大淀(1943、予定)」 「大淀(1944、予定)」

練習巡洋艦
「鹿島」

駆逐艦
「神風」 「春風」 「睦月」 「吹雪」 「漣」 「響」 「春雨」 「霞」 「不知火」 「雪風」 「天津風」
「島風」 「秋月」 「萩」 「綾波(予定)」 「初春(予定)」
「島風(1/350)」 「浜風(1/350)」

水雷艇
「鵲」

海防艦
「占守(予定)」 「国後(予定)」

潜水艦(陸軍船舶含)
「伊号第16潜水艦」 「伊号第58潜水艦」 「伊号第168潜水艦」 「伊号第401潜水艦」 「伊号第370潜水艦」
「まるゆ」

特務艦(陸軍船舶含)
「間宮」 「間宮(1944)」 「伊良湖」 「明石」 「大鯨」 「足摺」 「樫野」 「速吸」 「あきつ丸」

海上自衛隊
輸送艦「さつま」
スポンサーサイト

ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa マーキングプラス

今回の更新はプレバン限定商品の「ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa マーキングプラス」です。
以前発売された「ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa」のバリエーションモデル……かと思いきや細部にかなりの変更が加えられており、実質別物と呼べるくらいディティールが変化しています。

パッケージ表裏とノーマル版。
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス パッケージ表ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス パッケージ裏ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス パッケージ&ノーマル版ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス ブリスター
ノーマル版のパッケージは既に処分済みなのでマーキングプラス版のみ。
中身は本体、バックパック、ビームサーベル兼キャノン×2、ビームライフル、シールド、ミサイルランチャー×2。
他に交換用ハンドパーツが握り手、平手、ビームサーベル保持用、ビームライフル保持用が左右各1ずつ、ビームサーベル刀身、射出状態を再現する為のリード線付きインコム、インコム用中継器が入っています。

ここからノーマル版とマーキングプラス版の比較画像。
まずは前後左右から。
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス&ノーマル比較1ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス&ノーマル比較2
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス&ノーマル比較3ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス&ノーマル比較4
……ぶっちゃけ最初は単なるマーク付きだと思ってましたが、パッケージを見て「!?」となり、開封してまた吃驚。
ディティールがあちこちに追加されていて、ほぼ全塗装という事もあって完全に別物(ノーマル版は大半が成形色)。

特にディティールの違いが判る上半身、左がマーキングプラス、右がノーマル。
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス&ノーマル比較5-1ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス&ノーマル比較5-2
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス&ノーマル比較6-1ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス&ノーマル比較6-2
頭部はトサカの大きさも違っている上、耳に当たる場所の凹みなども追加されています。
胴体も肩の基部にディティールが追加されていて胸部上面には2対のフィンが追加。
他にも細かい場所でかなりディティールが加えられており、お値段相応の変更が成されています。

シールド比較。
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス&ノーマル比較シールド1ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaマーキングプラス&ノーマル比較シールド2
……正直、何故最初にこのマーキングプラス仕様で発売しなかったのかorz
多少お値段が高くなってもマニアックな人気があるガンダムMkⅤであれば相応の購入希望者はいたと思うのですが。
最初に発売されたノーマル版との差があり過ぎてなんともかんとも。
まあ、マーキングプラスは塗装の剥げなどが怖いのでガシガシ弄るにはノーマル版、という住み分けが出来たともいえるのですが。

可動範囲は同じなのでノーマル版で可動範囲の確認。
両手足の曲げから。
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa可動範囲1
肘は180度にちょっと足りない程度、膝は左右のスラスターを開く事で100度ちょい。
若干傾いだ形になりますが、画像の通り立膝も可能で見た目以上に曲げの可動範囲は大きくなっています。

両手足の開き。
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa手足
腕は90度までで平均的ですが、足の開きは相当に厳しくなっています。
太股の上にカバーのような形で装甲(?)パーツが付いている為、これが脚の開きを大きく制限しています。

肩関節。
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa肩関節1ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa肩関節2
肩の付け根部分に引きだし機構があり、肩を引きだす事で可動範囲が若干大きくなります。

胴体。
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa腰ひねりROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa胴体スイング1ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa胴体スイング2
左は胴体を捻った状態で、左右共に約45度の捻りが可能になっています(真横から見た状態)。
また胴体とコクピットパーツに前後のスイング機構があり、コクピットハッチが隠れる程度に前傾させる事が可能です。
頭は上方へ30度くらい、左右は真横まで向けられますがバックパックとアンテナの干渉に注意が必要です。

バックパック。
ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKaビームサーベル兼キャノン
バックパック左右のビームキャノン兼ビームサーベルはスイングさせる事で射撃体勢を取る事が可能になっています。
キャノン基部はボールジョイントでフレキシブルに可動。

以上、「ROBOT魂ガンダムMkⅤVerKa マーキングプラス」でした。
……ノーマル版から4年も経ってこんなものを出してきた、という事は10月発売のFAZZも期待して良いんですよね、バンダイさん!?

1/350 陽炎型駆逐艦「浜風」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新は某所同志よりリクエストのありました陽炎型駆逐艦「浜風」になります。
陽炎型は既に1/700で3隻(不知火、雪風、天津風)揃えていたので、1/350キットでリクエストに応える事にしました。
キットはハセガワの1/350「野分(スーパーディティール)」で、マリアナ沖開戦(1944年6月)時の「浜風」を再現可能となっています。

まずは全体から。
駆逐艦浜風全体1駆逐艦浜風全体2
駆逐艦浜風全体3駆逐艦浜風全体4
戦前に全艦が竣工した最後の駆逐艦でもある「陽炎」型のスマートな姿がよく再現されています。

艦首。
駆逐艦浜風艦首1
喫水線ほぼ正横からの撮影で、艦首のS字ライン(ダブルカーブド・バウ)が良く判ります。
舷窓の一部は戦訓対策として蓋が溶接されており、居住環境は若干悪化したと言われています。

艦橋付近。
駆逐艦浜風艦橋1駆逐艦浜風艦橋2
駆逐艦浜風艦橋4駆逐艦浜風艦橋5
駆逐艦浜風艦橋3
前部マスト中段に22号対水上電探を装備し、マスト中段下部を覆う形で電探室が設置されています。
1/700スケールでは再現されていなかった艦橋周辺の防弾板も再現されています(窓の下に並んでいる板状のもの)。
艦橋前には九六式25mm連装機銃を増備、周辺にも同単装機銃が配され大戦後半の激烈な対空戦闘に備えて近接対空火力を強化している事が伺えます。
艦橋左舷基部から前部煙突に伸びている小型の煙突は台所(海軍用語で烹炊所)の蒸気用です。

中央部煙突付近。
駆逐艦浜風煙突1駆逐艦浜風第一煙突駆逐艦浜風第二煙突
駆逐艦浜風魚雷発射管1駆逐艦浜風魚雷発射管2駆逐艦浜風中央1
陽炎型は缶(ボイラー)を3基搭載しており、前部煙突がそのうち2基を、後部煙突が1基の排煙を受け持っています。
前部煙突基部両舷には前部魚雷発射管用の次発装填装置を装備しており各2本ずつの予備魚雷を格納、次発装填時は前部発射管を180度旋回させて行います。
後部煙突両舷に九六式25mm三連装機銃を装備していますが、ここは元々同連装機銃を装備していたものを換装しています。

後部上構。
駆逐艦浜風後部1駆逐艦浜風後部上構駆逐艦浜風後部上構3
駆逐艦浜風後部上構2
後部の上部構造物は左舷側に後部魚雷発射管用の次発装填装置を装備。
こちらは前部と違い4本全てを並べており、発射管を右舷側に僅かに旋回させるだけで次発装填が可能となっています。
元々後部の上部構造物上には2番主砲が装備されていましたが、大戦後半の熾烈な対空戦闘に対応する為に2番主砲を撤去、九六式25mm三連装機銃2基を増備しています。
後部マストには対空警戒用の13号対空電探を装備。

艦尾。
駆逐艦浜風後部2駆逐艦浜風艦尾3駆逐艦浜風艦尾2
フルハルモデルなので1/700のウォーターラインでは見る事が出来ないスクリュー及びプロペラシャフト、舵もきちんと再現されています。
艦尾には爆雷投下軌条と九四式爆雷投射機を装備、その周辺には増備された九六式25mm単装機銃が配されています。
艦尾水面下の流麗なラインは日本海軍の駆逐艦に多く見られる形状ですが、平時の建造ならば良いとしても戦時下の量産には適しませんでした。
これは艦首のダブルカーブド・バウにも当てはまり、戦後の造船官による反省会でも「いささかやり過ぎの感がなきにしにもあらず」といった弁が出ています。

駆逐艦「浜風」と艦娘「浜風」。
駆逐艦浜風と艦娘浜風

陽炎型駆逐艦「浜風」は日本海軍の軍備拡張計画であるマル三計画において甲型駆逐艦第29号艦として計画、1939年11月20日に浦賀船渠にて起工されました。
1941年6月30日に竣工、呉鎮守府所属となり同日「磯風」「浦風」「谷風」からなる第十七駆逐隊へ編入。
訓練の後1941年11月に軽巡洋艦「阿武隈」を旗艦とする第一水雷戦隊に所属、南雲機動部隊の直衛として真珠湾攻撃へ同行しました。
その後も機動部隊の護衛としてラバウル攻略作戦、ダーウィン空襲、ジャワ島攻略作戦、セイロン沖海戦に参加、直接的な戦闘こそ殆どなかったものの、開戦以来空母と共に最前線を渡り歩く事となります。
そして1942年6月、ミッドウェー海戦では被弾炎上した航空母艦「蒼龍」の救援を行い、生存者を救助の後内地に帰投します。

同年8月から始まったソロモン戦では陸軍の一木支隊をガダルカナル島へ輸送する任務に従事、同支隊の揚陸を成功させた後にラバウルへ帰投しました(なお「浜風」らが揚陸に成功した一木支隊はラバウル帰投の8月21日同日に全滅してしまいました)。
帰投中の8月17日には外南洋部隊の護衛部隊に編入、第十八戦隊(軽巡洋艦「天龍」「龍田」)と共にニューギニア東部のラビ攻略作戦に参加します。
ラビ攻略作戦では海図の不備から揚陸地点を間違える等の出来事もありましたが、「浜風」は僚艦と共に対地支援射撃に従事しました。
しかし最終的にラビ攻略作戦は中止となり、撤退作戦が実施されました。
ニューギニア東部での作戦を終えた「浜風」は休む間もなくガダルカナル戦へ参加、9月16日よりガダルカナル島への輸送作戦を3回実施しています。
1942年10月の南太平洋海戦では機動部隊本隊の直衛艦として参加の後に機動部隊を護衛して内地へ帰投、佐世保工廠で修理を行いました。
修理後の11月17日には竣工直後の軽巡洋艦「阿賀野」を「磯風」と共に護衛してトラックへ進出しています。

1943年2月にはガダルカナル島撤退作戦(ケ号作戦)の第二次と第三次撤退作戦に参加、その後前年の第三次ソロモン海戦で損傷した駆逐艦「満潮」を曳航してトラック泊地から内地へ帰投。
修理や整備、訓練の後中部ソロモン海域の戦いへ参加、クラ湾夜戦やコロンバンガラ島沖海戦、第一次ベラ・ラベラ海戦に参加します。
1944年2月1日、リンガ泊地へ進出、サイパン方面への船団護衛に参加。
同年3月末に第十六駆逐隊唯一の稼働艦となっていた「雪風」(「初風」「時津風」は既に沈没、「天津風」大破修理中)を加え第十七駆逐隊は「浜風」「浦風」「磯風」「谷風」「雪風」の5隻となりました。
しかし6月9日に米潜水艦「ハーダー」の雷撃により「谷風」が撃沈され、遂に第十七駆逐隊から初の喪失感を出すこととなってしまいます。
マリアナ沖海戦において「浜風」は本隊から分離して「時雨」「白露」「響」「秋霜」と共に補給部隊の護衛にあたり、油槽船「清洋丸」と衝突・爆沈した「白露」の生存者を救助しています。
その後は補給部隊から分離、機動部隊本体に合流して第二航空戦隊(「隼鷹」「飛鷹」「龍鳳」)の護衛を行うも空母「飛鷹」が撃沈され、またも乗員の救助を行う事となりました。

さらに1944年10月にはレイテ沖海戦に参加、第三戦隊(「金剛」「榛名」)を中心とした輪形陣に配置されました。
レイテ島への進撃途上、シブヤン海海戦において小型爆弾2発の命中により缶室に火災が発生、約20分後に鎮火するも最大速度が28ノットに低下、同じく同海戦で損傷した駆逐艦「清霜」と共に大破した戦艦「武蔵」を護衛してコロン湾への回航を命じられました。
しかし「武蔵」は浸水を食い止める事が出来ず遂に沈没、生存者約800名を救助した「浜風」は「清霜」と共にマニラへ撤退します。
1944年11月、第十七駆逐隊は「大和」「長門」「金剛」を護衛して日本本土への帰投を目指しましたが途中で米潜水艦「シーライオン」の雷撃により「金剛」が撃沈され、同時に第十七駆逐隊の司令駆逐艦であった「浦風」も被雷・轟沈。
「浦風」の後を継いで「浜風」が第十七駆逐隊の司令駆逐艦を引き継ぎ横須賀へ帰投しました。
横須賀への帰投直後には航空母艦「信濃」を護衛して呉への回航を命じられ、「浜風」「磯風」「雪風」の3隻で「信濃」を護衛するも米潜水艦「アーチャーフィッシュ」の雷撃により「信濃」は沈没してしまいます。
この時第十七駆逐隊に所属する幾度も実戦を潜り抜け米潜水艦に何度も痛い目にあわされた実戦経験豊富な艦長達は揃って「昼間沿岸航路」を主張したものの、信濃艦長阿部大佐による「夜間外洋高速航行」に押し切られた事が「信濃」喪失の原因とも言われています。

そして1945年4月、第十七駆逐隊は戦艦「大和」を護衛しての沖縄出撃、天一号作戦に参加。
坊ノ岬沖海戦とも呼ばれるこの海戦おいて「浜風」は第一次空襲で後部に爆弾を受け航行不能となり、その後魚雷が右舷中央部に命中し艦体が切断、さしもの武勲艦も遂にその姿を洋上から消す事となりました。

1/350「浜風」でした。
8月は短期検査入院等の予定があるため更新は殆ど出来なくなると思います。
艦艇模型関係は恐らく9月末頃に再開、それ以外は状況によってフィギュア系の更新をするかもしれません。

地球連邦主力戦艦ドレッドノート級

2202は第一章は見に行ったものの第二章はその直前に発売されたグレートメカニックのインタビューを読んで行く気をなくしました。
とりあえず個人的には既に2202=地球防衛艦隊の新規キット化しか興味ない状態となっております。

んで、やはり量産艦が好きなので主力戦艦を購入、パチ組みしてみました。
塗装どころか文字通り「組んだだけ」ですが、両手の握力が思いっきり落ちてる私でも正味2時間かからず組みあがりました。
接着剤不用のスナップフィットですが、一部接着した方が良い処もあります。
……んで、完成はしたものの第一印象「何か違う気がする……」。
ディティールも良くバランスもばっちりだと思うのですが、そこはかとなく「コレジャナイ」感を感じてしまいました。

とりあえず「ドレッドノート」の画像をペタリ。
主力戦艦ドレッドノート級全体1主力戦艦ドレッドノート級全体2主力戦艦ドレッドノート級全体3
シールや水転写シール(デカール)が付いていましたが、使用したのは艦体下部の円筒状のパーツの色分けのみ、他は一切使用していません。
モールドも適度に細かく、パーツを切り離した際のゲート跡だけちょっと丁寧に処理してやるだけでここまでの精度が出るのは流石バンダイだと思います。

艦橋部分。
主力戦艦ドレッドノート級艦橋

艦尾。
主力戦艦ドレッドノート級艦尾

艦首波動砲発射口。
主力戦艦ドレッドノート級波動砲発射口

これは文字通りの素組みですが最新のキット。
比較対象として旧キットを徹底改修してもらった「主力戦艦」、そして旧キットほぼ素組の「主力戦艦」
……艦橋が凸型でスマートさがあまり感じられないのが違和感の原因???
出来はいい筈なのになにかどこか違う、そんな違和感が拭えません。

鴻型水雷艇「鵲」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新は鴻型水雷艇「鵲」です。
艦これには未だ未登場の艦種ですが実質的な二等駆逐艦と呼ぶべき艦で、ロンドン軍縮条約下で保有量を制限された駆逐艦の補助戦力として整備されたのが水雷艇です。
第一陣が「千鳥」型水雷艇で、535トンの排水量で12.7センチ砲3門(連装・単装各1基)、53センチ連装魚雷発射管2基4門を搭載する重武装艦として計画されました。
 ※ロンドン軍縮条約では600トン未満の艦艇は条約制限外
が、小型軽量の船体に過度な武装によりトップヘビーを引き起こし、竣工直後の「友鶴」が転覆(「友鶴」事件)するという事故が発生、この「千鳥」型の問題点を解決して8隻が建造されたのが今回紹介する「鵲」を含む「鴻」型水雷艇です。
「千鳥」型の反省から基準排水量は840トンに増大し、主砲は11年式45口径12センチ単装砲(M型)3基、53センチ3連装魚雷発射管1基、毘式40mm単装機銃1基、爆雷投下台6基、94式爆雷投射機1基、爆雷16個を搭載。
30ノットの最大速力と14ノットで4000海里という航続距離を持ち、その戦力は大正期に整備された二等駆逐艦(「樅」型及び「若竹」型)にも劣らないものでした。

まずは全体から。
水雷艇「鵲」全体1水雷艇「鵲」全体3
水雷艇「鵲」全体2水雷艇「鵲」全体4
水雷艇「鵲」全体5水雷艇「鵲」全体6
水雷艇「鵲」全体7
外見は当時の大型駆逐艦をそのまま小型化したような感じで、船体は船首楼型となっています。

「鵲」艦首。
水雷艇「鵲」艦首1水雷艇「鵲」艦首2水雷艇「鵲」艦首3
主砲の防楯が丸みを帯びているのが外見上の特徴となっています。
また「鴻」型水雷艇が搭載したM型砲は最大仰角を55度に高められており、中国戦線において揚子江等の大河を遡上、陸軍や陸戦隊の作戦に協力する際に山なりの弾道で砲撃可能なようになっています。
艦橋は2層構造で重心低下を意識してかなり小型化されています。

「鵲」中央部。
水雷艇「鵲」中央部1水雷艇「鵲」中央部2水雷艇「鵲」中央部3
「吹雪」型以降の艦隊型駆逐艦と異なり、煙突は1本となっています。
煙突の後ろに探照灯と毘式40mm単装機銃を装備、さらにその後ろの甲板上に53センチ3連装魚雷発射管1基を装備。

「鵲」艦尾。
水雷艇「鵲」艦尾1水雷艇「鵲」艦尾2
後部甲板には後部上構を挟んで主砲が2基配置されています。
艦尾両舷に備えられたT字型のものは掃海用具であるパラベーンで、その後方に両舷各3基の爆雷投下台を装備。
3番主砲の後方に94式爆雷投射機と爆雷装填台を装備しています。

「鴻」型水雷艇は当初16隻の建造が見込まれていましたが、軍縮条約の脱退が確定的となり制限外艦艇による戦力の補強を行う必要がなくなった事から8隻の建造に留まりました。
沿岸海域防備用としては極めて優れた性能を持ち、戦時量産駆逐艦のベースとしても有望であった水雷艇(実質二等駆逐艦)の系譜は「千鳥」型4隻と「鴻」型8隻で途絶え、これ以降日本海軍は艦隊型の大型駆逐艦を量産していく事となります。
「鵲」は完成後に上海海軍特別陸戦隊の支援や揚子江河川警備に従事。
太平洋戦争開戦後は香港攻略戦に参加、さらに各地への船団護衛任務に従事しました。
しかし船団護衛任務中の昭和18年9月27日、ニューブリテン島北西にて米潜水艦「ブルーフィッシュ」の雷撃を受け撃沈され昭和18年12月1日除籍となりました。

鴻型水雷艇「鵲」でした。
次回更新は今のところ未定、7月末に独未成空母「グラーフ・ツェッペリン」が到着予定ですが、それまではネタが出来次第更新するかも?といったところ。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR