アオシマ/ファニーナイツ「木曾改二」

今回の更新はアオシマ/ファニーナイツから発売された「木曾改二」です。
……開封して「可愛い」とか「綺麗」より先に「カッコいい」という感想が出てきたフィギュアは久しぶりでしたw
実装当時、ハーロックだのなんだのと言われた木曾改二ですが、女性提督からの人気が絶大なのも頷けます、知人の女性提督も嫁艦にしていましたし。

早速全体から。
ファニーナイツ木曾改二全体1ファニーナイツ木曾改二全体2ファニーナイツ木曾改二全体3ファニーナイツ木曾改二全体4
ベースのネームプレートを基準に90度ずつ。
ポーズのせいで前方からだと右手で顔がほぼ隠れる仕様となっています。
マントを翻して抜刀した状態で立体化。

顔。
ファニーナイツ木曾改二顔1ファニーナイツ木曾改二顔2ファニーナイツ木曾改二顔3ファニーナイツ木曾改二顔4
表情は凛々しく、造形も文句なし。
腕で口元が殆ど見えませんが、どの方向から見ても破綻がなく「カッコよさ」という点で物凄くレベルの高い造形だと思います。

右肩。
ファニーナイツ木曾改二右肩
錨のマークが金色で綺麗に印刷されており、質感も文句なし。

身体。
ファニーナイツ木曾改二身体1ファニーナイツ木曾改二身体2
セーラー服をベースとする軍服(まあ元々軍服ですが)でお腹がちらりと見えています。
全体として女性らしさを主張する唯一と言っても良い場所なのですが、ベルトに付いている弾薬盒と銃弾(砲弾?)がそれを打ち消しています。

背中。
ファニーナイツ木曾改二背中
マントの影から艤装接続パーツが延びています。
サーベルを握る右手の手袋が物凄く松本チック。

下半身。
ファニーナイツ木曾改二下半身1ファニーナイツ木曾改二下半身2
太股には艤装接続用のごついパーツがあり、膝下も艤装パーツを含め肌色成分が殆どありません。
右太股には「改二」を示す「弐」の文字が右肩と同じく金色でプリントされています。

サーベル。
ファニーナイツ木曾改二サーベル1ファニーナイツ木曾改二サーベル2
左手に鞘を持ち、右手でサーベルを構えた状態。
サーベル本体、鞘ともに見事な造形。

艤装1。
ファニーナイツ木曾改二艤装1ファニーナイツ木曾改二艤装3ファニーナイツ木曾改二艤装2ファニーナイツ木曾改二艤装7
背中から延びたパーツに接続されている艤装。
船体と煙突、上部構造を模したパーツに14cm単装砲1基と5連装魚雷発射管2基が装備されています。
塗装は北方警備時の迷彩塗装が再現されています。
14cm単装砲と魚雷発射管のディティールは現物のディティールと若干異なる部分もありますがフィギュアの付属品として見た場合は十分な出来と言えます。
艤装パーツは接続部分の真ん中あたりに回転軸あり。

艤装2。
ファニーナイツ木曾改二艤装4ファニーナイツ木曾改二艤装5ファニーナイツ木曾改二艤装6
両足の魚雷発射管。
ディティールは背中に接続されたものと同じです。
……両足共に接続部分が非常にきつく、取り付けるのに苦労しました。
特に右足はマントとのクリアランスがギリギリな為、取り付けに際してマント部分を少し曲げないと押し込む事すら出来ない状態で、魚雷発射管付属のシールドがマントと擦れ合わないように気を付ける必要があります(塗装剥げを起こしかねない為)。

全体としての評価は「カッコいい」、これに尽きます。
造形も塗装も文句なし、サーベルも細身で野暮ったさは皆無。
ホント、「カッコいいとはこういうことだ」を地で行くような見事な完成度だと思います。
あ、色は白でした(台無し)。
以上、「木曾改二」でした。

次回更新は未定、月末に航空母艦「大鷹」を予定していますが、それ以前にフィギュア等が届いた場合はそちらの更新になると思います。
……高雄やビスマルク、セシリアと言った高額フィギュアが延期を繰り返していて、これらが一気に発売とならない事を祈りたいところorz
スポンサーサイト

SPMフィギュア「大淀改 礼号作戦」

今回の更新はセガプライズのSPMフィギュア「大淀改 礼号作戦」です。
……今月はこの後ファニーナイツの「木曾改二」や月末に「高雄重兵装ver」、「ビスマルク」等が控えていてお財布が大破しっぱなし……。

気を取り直してまずは全体から。
SPMフィギュア大淀全体1SPMフィギュア大淀全体2SPMフィギュア大淀全体3SPMフィギュア大淀全体4
ベースを基準にして90度ずつ。
ポーズは振り返った状態なのでベース基準の正面からはお尻が見える形となっており、身体の正面は左90度側(写真一番右)からとなります。
プライズ品という事を考慮に入れて見ると「まあまあ」でしょうか。
雰囲気は良く出ていると思いますが、やはりゲート跡の処理や一部モールドにダルさがあるのは已む無し。

顔。
SPMフィギュア大淀顔1SPMフィギュア大淀顔2SPMフィギュア大淀顔3
「メガネ」というフィギュアにおいてかなり鬼門となるパーツがある大淀ですが、どの方向から見ても極端な破綻はなく綺麗に纏まっていると思います。
プライズ品という事を差し引いてもこの造形は見事だと思います。

上半身。
SPMフィギュア大淀上半身1SPMフィギュア大淀上半身2SPMフィギュア大淀上半身3
一見して目を引くのはバストサイズ。
ゲーム中ではかなり小さめに描かれていますが、フィギュアでは大きく自己主張しているのが判ります。
サイドスリットもきちんと造形、シャツの裾らしきものがちらりと覗いているのが見えるでしょうか?

脚。
SPMフィギュア大淀脚1SPMフィギュア大淀脚2
踵部分に舵の造形、両足で合計4枚付いていますが実艦は大型の一枚舵となっています。
……片足1枚なら判るけど、なんで2枚にしたのだろう?

艤装。
SPMフィギュア大淀艤装1SPMフィギュア大淀艤装2
SPMフィギュア大淀艤装4SPMフィギュア大淀艤装5
SPMフィギュア大淀艤装3
艤装はモールドがダルダルで再現度はイマイチ。
カタパルトはまだマシですが、主砲は実艦の2番砲に搭載されていた測距儀もありません(元絵にもなかったせいでしょうけど……)。
砲身は砲口が開口されているのでそこはかなりマシ。
艤装よりスリットに目が行く気もしますw

さいご。
SPMフィギュア大淀ぱんつ1SPMフィギュア大淀ぱんつ2
白でした。
でもってちょっと見ではかなりハイレグっぽい下着を穿いているようです。
サイドスリットを考えるとこうしないと見えてしまうから……でしょうかw

以上、SPMフィギュアの大淀でした。
全体としての造形はプライズ品として見れば十分良好。
とはいえやはりプライズ品の例に漏れずゲート跡の処理が悪く、特に髪の毛のゲート跡は非常に目立ちます。
このあたりはコストとの兼ね合いでどうしようもないのでしょうが、もう少し頑張ってほしいところ。
とはいえ顔の出来が悪くないので大淀が好きな方には「あり」だと思います。

次回は艦船模型「伊号第14潜水艦」を予定。

AMAKUNI「陸奥」+α

今回の更新はAMAKUNIから発売された「陸奥」フィギュアです。
発表された際に一部で「陸奥フィギュアの決定版」とも言われ、実際に今までの艦これAMAKUNIフィギュアと同じく極めてクオリティの高い製品となっています。
なおスカートパーツと左足を交換する事で艤装の有無が選べるコンパチ仕様。

まずは全体から。
AMAKUNI陸奥全体6AMAKUNI陸奥全体5
艤装なしの状態と交換用スカートと一体化した艤装パーツ。
ここから艤装なしの時に穿いているスカートを外します。
AMAKUNI陸奥スカートパージ1AMAKUNI陸奥スカートパージ2
写真を撮り忘れましたがここからさらに左足を艤装有り用のものと交換、スカートを交換して艤装を装備します。
AMAKUNI陸奥全体1AMAKUNI陸奥全体2AMAKUNI陸奥全体3AMAKUNI陸奥全体4
艤装を装備した状態で4方向から。
出来は流石のAMAKUNIクオリティ、造形面での不満はほぼ皆無と言っていいと思います。
表情に関しては好みが分かれる部分だと思いますが、出来そのものに文句が有る人はほぼ居ないのではないでしょうか?

顔UP。
AMAKUNI陸奥顔
きりっとした表情で「近所の優しいお姉さん」というよりは「出来るキャリアウーマン」といった印象。
この辺は前者と後者でどちらの陸奥が好みかで賛否が分かれる気がします。

艤装1。
AMAKUNI陸奥艤装1AMAKUNI陸奥艤装2AMAKUNI陸奥艤装3
左足に装備された錨には錨鎖(びょうさ)が金属製チェーンで再現されており、これを左足に巻き付けつつ腰の裏を経由してスカートの右側に接続するようになっています。

砲塔。
AMAKUNI陸奥艤装4
主砲は4基全てが左右の旋回及び砲身の俯仰が可能となっており、俯仰角度も現実の陸奥主砲とほぼ同じ40度近くまで可能となっています。
プラスチック(ABS樹脂?)製で軽く、造詣もフィギュアのものとして見た場合十分な再限度。
また左右の艤装基部で上下に動きます。

脚接続部分。
AMAKUNI陸奥脚2
このフィギュアで一番心配なのがベースとの接続部分である脚でしょうか。
見ての通り、左足のみのベース接続で些か不安定です。
以前紹介した「榛名」で見られた支え棒もなく、少しベースを動かしただけでゆらゆら動くのがちょっと怖いですね……。

全体として非常に満足な出来のハイクオリティフィギュアでした。
表情については人によって本当に好みが分かれると思います。
なにはともあれ、陸奥嫁なら買え!何が何でも買え!とお奨め(?)したくなる一品です。



+α。
三越コラボの艦これカレーが届きました。
三越コラボカレー1三越コラボカレー2
1缶平均約1000円のカレー缶、パッケージに榛名、ビーフカレー金剛、インドビーフカレー比叡、インドチキンカレー霧島の3点セット。
早速インドチキンカレー霧島を夕食に頂きました。
三越コラボカレー霧島三越コラボカレー0
缶はプルトップ式で鍋に移して過熱するタイプ、開缶後は中を綺麗に洗って箱に戻して保管出来ます。
「辛口」となっていて最初の一口はあまり辛さを感じなかったのですが、二口目辺りから辛さが出始めました。
流石に三越コラボだけあってカレーは非常に美味しく、コラボ商品だからといって安易な製品という訳ではありません。
三越に限らず、艦これコラボ商品は値段こそちょっと高め(版権料等の理由があるので仕方のない事ですが)ですが、品物の出来は良質なものが多くて購入して後悔する事がほぼ皆無なのは有り難いですね。
以上、本日の更新AMAKUNI陸奥+αでした。

次回更新はSPMフィギュア「大淀」の予定。

LPM鹿島改1200

本日2個目の更新はセガプライズのLPM(リミテッドプレミアムフィギュア)、「鹿島改1200」です。
「1200」は秘書艦時の時報で、「ヒトフタマルマルです、提督さん。お昼に鹿島特製サンドイッチはいかがですか? はい、執務中でも……あ、珈琲もこちらに」のセリフを元に立体化した事を示しています。

まずは全体から。
LPM鹿島改1200全体1LPM鹿島改1200全体2LPM鹿島改1200全体3LPM鹿島改1200全体4
躍動感のあるポーズで立体化されていますが、正直お昼の軽食を運ぶ際のポーズではないような気もしますw
カメラのレンズ位置はほぼフィギュアの腰の高さで上の4枚を撮影したのですが、2枚目を見ても判る通り後ろからではポーズの関係もあって黒いぱんつが見えてしまっています。
全体としてはプライズ品という点を考慮しても相応の造形になっていると思います。
ただ、右足の実で台座に固定してあることと、内部に芯となる金属線などが入っていないように見受けられるので夏場の高温によるへたれが心配になるところです。

上半身。
LPM鹿島改1200上半身1LPM鹿島改1200上半身2LPM鹿島改1200上半身3LPM鹿島改1200上半身4
アイプリントも綺麗で、表情は若干柔らかめ。
最初に画像が出回った際、釣り目でドSっぽい印象を与えた鹿島ですが実際にはほぼ正反対のとても良い子でした。
造形そのものは悪くないのですが、髪の部分にゲート跡が目立つのがちょっと残念。

下半身。
LPM鹿島改1200下半身1LPM鹿島改1200下半身2LPM鹿島改1200下半身3
艦娘としての艤装品は殆どありません。
スカートの造詣もきちんとしており、塗りも綺麗でプライズ品という事とお値段を考えるとかなり頑張っていると思います。
ただ、ぱんつの色が黒というのはちょっとイメージと合わないかも……?(今まで入手した鹿島フィギュアは白)

コーヒーポットとサンドイッチ&コーヒー。
LPM鹿島改1200右手LPM鹿島改1200左手
右手にコーヒーポット、左手にサンドイッチとコーヒーカップを載せたトレーを持っているのですが……、残念な事に左手のトレーは角度が水平になっていませんでした。
このためサイズの関係もあってかダボによる固定がされていないので少し動かしただけでコーヒーカップとサンドイッチがぽろぽろ落ちます。
コーヒーカップにはゲート跡が残っており、小さな事もあって(写真では反対側で見えないようにしていますが)かなり目立ちます。
全体としての出来はかなり良い出来なのですが、こういった小物の処理にももう少し気を配って欲しいところですね。

最後に一番くじの金剛と。
LPM鹿島改1200&一番くじ金剛

前回の鹿島フィギュアの出来が「悪いとは言わないけどちょっとなぁ……」だったのですが、今回の鹿島フィギュアは十分及第点に到達していると思います。
嫁艦鹿島の方にお奨めですw

一番くじプレミアム金剛フィギュア

本日発売の一番くじプレミアム、艦これ-烹炊所より、愛をこめて-を30回引いてきました。
結果、
A賞:金剛改二プレミアムフィギュア×1
D賞:「艦これ」運営鎮守府謹製艦娘割烹書(2種) 金剛×6、鳳翔×4
E賞:連装砲ちゃんソルト&ペッパースタンド×1
F賞:ハンドタオル4種 大和×2、アイオワ×1、イタリア×1、ウォースパイト×1
G賞:艦娘絵皿6種 イタリア&ローマ×1、第五航空戦隊×1、第十六駆逐隊×1、第十七駆逐隊×1
H賞:ビッグラバーストラップ15+シークレット2 翔鶴×3、足柄×2、金剛×2、春雨、時雨
何故か2種しかないD賞(しかもアソート16口)が10個、ラバストは9個中ダブリ3種で実質5種のみという有様。
とはいえ金剛改二のフィギュアが入手出来たので総合A勝利というところでしょうか。
……とはいえ決してお安くはないお値段(1回830円)を考えるとラバストは兎も角D賞10個だけはちょっときついものがありますorz

とりあえず金剛改二フィギュアを簡単にご紹介。
まずは全体から。
一番くじ金剛フィギュア全体1一番くじ金剛フィギュア全体2一番くじ金剛フィギュア全体3一番くじ金剛フィギュア全体4
左手にお玉を持った若奥様風スタイルで、艦娘としての艤装は頭のパーツのみとなっています。

顔アップ。
一番くじ金剛フィギュア顔UP1一番くじ金剛フィギュア顔UP2一番くじ金剛フィギュア顔UP3
フィギュアの命である顔の出来も悪くないのですが、真ん中の画像を見て頂くと判る通り表情は若干角度を選びます。
正面から見ると笑顔なのですが、見る角度によっては髪で瞳が隠れて若干の怒り顔に見えてしまう事も……。
アホ毛は若奥様風なスタイルに合わせてか、ハートマークになっています。

下半身。
一番くじ金剛フィギュア下半身1一番くじ金剛フィギュア下半身2
エプロンの下のスカートは本来の服装であるミニスカートそのままのようです。
僅かに覗く素肌が何とも言えない艶やかさを感じさせます。
なお白でした(謎)。
1セットの中に3個封入されており、最初の10回で引けたのは非常に運が良かったと思います。
……その幸運の代償がD賞10個なのかもしれませんがorz

なにはともあれ、金剛が好きな方には非常にお奨めです!
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR