少し撮り直してみた&ちょっと考察とか。

一部の艦に関して、撮影しなおしてみました。
以前のより見やすく撮れているといいなぁ……、という訳で晒してみる。
撮影上、光源はもう少し弱い方が良いとかそういったご意見を是非頂きたく……。
宜しくお願い致します。

そんな訳でまずは主力戦艦。
主力戦艦相模
主力戦艦相模
主力戦艦相模
主力戦艦相模
バンダイのアクションベースを使ってみました。
角度を変えられるの便利便利……とかやってたら「バキッ」という音と共に接続部分のパーツがぶち折れましたorz
ビスを固く締めすぎていたみたいで、耐えられなかった模様……。
あとで修理or新品に交換です。・゚・(つД`)・゚・。

続いて護衛戦艦アリゾナ。
護衛戦艦アリゾナ
護衛戦艦アリゾナ
この護衛戦艦アリゾナはヤマトⅢに登場するのですが、デザインが2199の監督である出渕さんなんですねー。
それを考えると、リメイクは初代>2>ⅢとTV版準拠で登場した艦もリデザインして出して欲しいところではあります。
……アニメとしてリデザインされたアンドロメダの両脇にアリゾナ級戦艦が並ぶとか、そんな妄想が果てしなく。

続いては完結編巡洋艦。
巡洋艦海鳴
完結編の駆逐艦、巡洋艦、主力戦艦の艦橋デザインはやはりⅢに登場する護衛戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」のそれを踏襲している気がします。
いずれ完結編主力戦艦、巡洋艦、駆逐艦、護衛戦艦アリゾナ、プリンス・オブ・ウェールズ、さらば/2主力戦艦の6隻を並べて撮影したいところ。
早ければ6月くらいには実現すると思うのだけど……。

続いてシュルツ艦。
シュルツ艦
シュルツ艦はスマートでありながら流麗なラインを全く崩さない重武装艦、という印象が強いですね。
2199ではシュルツ艦そのものに加え準同型艦らしきハイゼラード級航宙戦艦という艦が登場しており、可能であれば是非ともプラキットでバリエーション展開をして欲しいところです。
というか、2199に登場する艦艇はスケール統一で出してくれ!と魂の叫び。
現状で可能性があるとすればEXモデル準拠による高価格キットでしょうけど、それでも欲しいという人は結構居るのではないでしょうか。
ホント、お値段は兎も角として現代の技術で作られた「入手しやすいヤマトシリーズのプラモ」を切実に希望します……。・゚・(つД`)・゚・。

ヤマト関係最後はガレージキットではなくバンダイの600円シリーズから巡洋艦とパトロール艦。
巡洋艦&パトロール艦
見ての通り、基本的な艦体はほぼ共通です。
資料によっては両艦ともに全長152mとなっており、かなりのパーツを共通化する事で量産効果を狙った準姉妹艦なのではないか、と考えております。
全体のフォルムは似通ってはいますが、艦橋構造物を含めた上構、艦首付近のラインが若干違います。
巡洋艦は火力を、特に前方火力を重視した攻撃型、パトロール艦は兵装を減らす代わりに航続距離と索敵/通信能力を強化した巡視船のようなタイプ、と言えるでしょうか。
日本の海上保安庁が有する巡視船を基準に考えるととんでもない重武装ですが、アメリカコーストガードのように非常時には対艦ミサイルやCIWSまで搭載可能な「巡視船」も存在している事を考えればそれ程おかしくは無いと思います。
両艦の共通兵装は連装主砲3、艦首の外装式宇宙魚雷発射管、艦首波動砲。
巡洋艦はこれに加え艦尾付近両舷に3連装ショックカノンを1基ずつ、艦橋後部に8連装重火器1基。
艦尾付近の比較↓
巡洋艦&パトロール艦
この兵装&索敵装備の違いはそのままエンジンパワーの配分の違い、と見て良いと思います。
火力にエネルギーを回し、艦隊の構成艦として戦闘能力を重視した巡洋艦。
レーダーや通信システムにエネルギーを回し、索敵・通信能力を強化したパトロール艦、こちらは恐らく偵察艦としても有効に利用されたでしょう。
一回り小さな駆逐艦と護衛艦は護衛艦の方が重武装という若干歪な姉妹艦となっていましたが、巡洋艦とパトロール艦はその経験からより任務に対し特化させた艦なのではないか、と考えております。

最後はヤマトじゃないけれど。
全年齢対応版も発売されているのでちょこっとだけ。
完全素組で文字通りのパチ組ですが。
94式戦術歩行戦闘機「不知火」
94式戦術歩行戦闘機「不知火」
PC&XBOXで発売されている「マブラヴオルタネイティヴ」に登場する日本帝国の機体。
大きさはバンダイのMGとほぼ同じですが、可動範囲は元デザインの影響もあって若干小さめ。
個人的には日本帝国開発の戦術機で一番好きな機体です、作中での活躍も多いですしね。

……因みにヤマト熱が再発した原因はたぶんこのゲームに登場する「凄乃皇弐型」及び同四型の影響が大。
凄乃皇の荷電粒子砲発射口はモチーフがアンドロメダで、それに関してマブラヴ原作者である吉宗さんとお話する機会があったのです。
それからマブラヴに引き摺られるようにしてヤマト関係への熱も同様に上昇したのでしたヽ(´ー`)ノ

……次回更新は未定、何か希望がございましたら是非コメント欄で一言お願い致します。
スポンサーサイト

SS「帝国の龍神様」より

今回の更新はタイトルの通り、「自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた(分家)」で連載しているSS「帝国の龍神様」より撫子嬢専用船、特設巡洋艦「愛国丸」です。
纏めサイトはこちら

作者である竜神様の中の人様との打ち合わせの上、製作をして頂きました。
製作はアルカディア号、シュルツ艦と同じくG-CUBE様。
艦船模型は普段作らないジャンルと言う事だったのですが、無理を言って製作して頂きました。
製作依頼仕様としては「兵装の一部変更」「塗装は商船時代のもの」「メタルリギングを使用しての空中線設置」と、普段作らないというジャンルに対して有り得ない内容となっております(汗

~史実における愛国丸~
愛国丸は戦前に建造された大阪商船の報国丸級貨客船の二番船で、史実では一度も通常の商業航路に投入される事無く竣工翌日に海軍によって徴用、特設巡洋艦へ改装されました。
開戦直前の1941年10月には僚船報国丸と第二十四戦隊を編成、開戦後は南太平洋とインド洋において通商破壊戦に活躍しました。
しかし1942年11月、インド洋での作戦行動中に僚船報国丸を失い、その後は1943年末まで輸送任務に投入されます。
そして1944年2月、トラック諸島に在泊中にアメリカ海軍第58任務部隊による空襲(トラック大空襲)で数発の爆弾を受けて撃沈され、現在は水深80mの海底に眠っています。

なお、「帝国の龍神様」作中でのこの船に関する詳細は何れ作者の竜神様の中の人によって某所にUPされる予定になっております。
なのでここではその詳細は伏せさせて頂きます(・ω・`)

そんな訳でまずは全体像。
竜神様専用愛国丸
竜神様専用愛国丸
竜神様専用愛国丸
本来ならば商船仕様の塗装である場合は煙突に保有している会社のファンネルマークが入るのですが、海軍の徴用から購入に切り替えられた為、撫子嬢の龍形態をイメージする緑の帯が入っています。
作中でも既に何度か活躍しており、製作して頂いたのは1943年の愛国丸。
史実の愛国丸との相違点としては、
・主砲が旧式の15.2センチ砲から45口径12センチ単装高角砲2基(船首尾に各1基)。
・同様に両舷に配置されていた15.2センチ6基は異世界での戦訓から25ミリ3連装機銃へ換装。
・通商破壊を目的とした迷彩塗装から外交使節団の乗船・派遣を前提とした商船時代の塗装に。
などなど。
兵装は海軍の標準塗装となっており、商船としての優雅な塗装に対し無骨さを醸し出しています。

各部UP。
前部
竜神様専用愛国丸
中部
竜神様専用愛国丸
後部
竜神様専用愛国丸

使用したキットはピットロードの愛国丸で、戦前に建造された優秀貨客船のスマートな姿をよく再現していると思います。
報国丸級は最大速力20ノットを超える高速優秀船で、個別の名前を持つ一等船室など非常に充実した旅客設備を持っていました。
最後に全体像をもう一枚ぺたり。
竜神様専用愛国丸
純然たる海軍艦艇だけでなく、こういった特設艦船がインジェクションキットで発売されるようになったのは非常に喜ばしい事だと思います。
……流石に価格は高めになってしまうのは致し方ない部分ですが。

ちょっと予定を変更して……

当初の更新予定だったフネは次回へ回して、最近ヤフオクで入手したものをば。

メカコレクション完成品2個とガレージキット1個です。
まずはメカコレクションの宇宙突撃駆逐艦(古代艦)、塗装バージョンが違いますが2199では艦によって塗り分けが違うようなのでむしろ良い感じ?
宇宙突撃駆逐艦
宇宙突撃駆逐艦
宇宙戦艦ヤマト2199で全長が80mと規定されたので、プラモの実寸から逆算したスケールは約1/700。
何気にアンドロメダやヤマトと組み合わせる事が可能なサイズです。
とはいえ現在手持ちに1/700のキットがないので比較のしようがないのですが(泣
キットそのものも30年以上前のものなのですが、基本はしっかり押さえてあって塗装さえきちんとすれば充分通用するものだと思います。
とはいえ、これは無可動だからこそとも言えるのですが……。

続いてもメカコレクション、デスラー砲艦。
宇宙戦艦ヤマトⅢに登場したガルマン・ガミラス帝国の戦闘艦です。
デスラー砲艦
デスラー砲艦
基本的にデスラー砲専用キャリアといった感じで、艦首のデスラー砲以外の兵装は極めて貧弱です。
とはいえガルマン・ガミラス帝国は駆逐艦から戦艦まで大規模な通常戦力を有していますので、むしろ余計な機能をすっぱりと切り捨て対要塞戦などに特化させた仕様とも言えます。
……巡洋艦以上のほぼ全ての艦に波動砲を搭載した(せざるを得なかった?)地球防衛艦隊とは対極の思想だと思います、良し悪しと言うよりは置かれた環境の差、といった感じでしょうか。
このデスラー砲艦、サイズの公式設定がないのでスケールを割り出す事は不可能ですが、今の目で見ても充分以上の傑作キット。
 ※手持ちの「宇宙戦艦ヤマトメカニック大図鑑2」に234mとの表記がありました。スケールで言うとおおよそ1/2000になります、3月4日1315修正。
もともとのディティールを過不足なく再現しており、全体のバランスも極めて優秀。
デスラー艦を中心に数隻並べて地球防衛艦隊の如く「全艦マルチ隊形!」なんてのをやりたくなりますw

最後は思わず即決価格で落札してしまった「岡山のプラ板使い」様の1/1000「護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ」。
護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
宇宙戦艦ヤマトⅢに登場した英国の護衛戦艦で、巡洋艦と見紛うばかりの非常にスマートな艦です。
主砲も巡洋艦径のようで、連装4基の8門艦。
ただ、それ以外には艦首下部に装備された拡散波動砲1門があるのみで、対空用のパルスレーザーなどが見当たりません。
内臓式なのか、本気で搭載していないのか、謎です。
艦型からの想像ですが、艦内容積を大きく取れる形状(6角形に近い)なので、もしかしたら艦載機を多めに搭載している航空戦艦仕様なのかもしれません。
近いうちに製作依頼を出す予定です。
……流石に予算が厳しいので、納期を調整していただく事になりそうですがorz

何はともあれ、これで「岡山のプラ板使い」様のキットが5種類に。
全て1/1000スケールで、
・護衛戦艦アリゾナ(ヤマトⅢ)
・護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ(ヤマトⅢ)
・主力戦艦(完結編)
・巡洋艦(完結編)
・駆逐艦(完結編)
と5隻ものマイナー艦が年内に揃いそうです。
護衛戦艦ではビスマルクとノーウィックが残っているのですが、こちらはあまり食指が動かないので見かけても競り落としには行かない可能性大。
他のディーラーさんのキットでは、
・地球防衛艦隊宇宙空母(1/700・ヤマト2・SOY-YA!!様)
・護衛戦艦アリゾナ(1/500・ヤマトⅢ・DO楽DO様)
・宇宙戦艦ヤマト(1/500・DO楽DO様)←
を入手済みとなっています(3月4日早朝時点でヤマトは未到着)。
地球防衛艦隊以外の艦は現時点でシュルツ艦(1/100・初代ヤマト・K2M様)のみ。
本来なら1/1000ナスカが欲しかったのですが、入手出来ず……。
夏以降に少しでも増やせたらなぁ、と考えています。

次回こそ某SS登場のあのフネで更新予定。
その前に4日午後にDO楽DO様のヤマトが届いたら先にこちらへ画像を追加するかもしれませんがw
3月4日1205画像追加⊂⌒~⊃。Д。)⊃
DO楽DOさんの宇宙戦艦ヤマト
DO楽DOさんの宇宙戦艦ヤマト
DO楽DOさんの宇宙戦艦ヤマト
DO楽DOさんの宇宙戦艦ヤマト
……製作依頼出すと幾らくらいかかるかなー(現実逃避
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR