次元潜航艇ガルマンウルフ他

タイトル通り、「宇宙戦艦ヤマトⅢ」に登場する次元潜航艇ガルマンウルフ(ディーラーは岡山のプラ板使い様、1/1000スケール)の完成品をヤフオクでゲットしました。

この次元潜航艇、恐らく宇宙戦艦ヤマトシリーズを通して唯一対艦戦闘で「ヤマトに勝利した上捕獲」する事に成功した艦(艦隊)です。
所属はガルマンウルフの名が示すとおりガルマン・ガミラス帝国、次元潜航艇艦隊を率いるは艦隊旗艦であるガルマンウルフの名を異名として持つ勇将フラーケン大佐(登場した時は少佐、艦長>司令への設定変更から階級が上がったと思われます)。
……フラーケン大佐、ヤマトに勝った上最後まで生き残った、というのはシリーズ中唯一ではないでしょうか?

亜空間断層発振装置によって自艦周辺に亜空間断層を形成、その断層に潜む事によって現実の潜水艦とほぼ同じ戦いをする事が可能な特殊艦です。
この特性から亜空間断層内部より通常空間を偵察する為には潜望鏡を使用します。
兵装は艦首両舷に亜空間魚雷発射管各3基(計6基)、艦首付近の上部両舷にVLS、艦橋部分に格納式砲塔。
亜空間断層からの攻撃の為に基本兵装は実弾となっており、断層内から発射した亜空間魚雷は敵艦付近で通常空間に出現、回避する余裕が殆どありません。
反面、攻撃力に若干欠ける部分があるようで(毎度の耐久力を見せ付けた)ヤマトを追い込む事には成功したものの撃破するには至りませんでした。

そんなガルマンウルフの画像はこちら、でも画像が暗かったので後日撮り直ししますorz
次元潜航艇ガルマンウルフ
艦首上部両舷のVLSハッチ(正確にはVLSそのもののハッチではなくカバー部分と言うべきか)が開放状態となっています。

次元潜航艇ガルマンウルフ
艦橋が最後部に設置されている事を除けば、現代の潜水艦に近いスタイルを持っています。
現代の潜水艦ですと艦首或いは艦中央よりの左右両舷に魚雷発射管を持っている事が多いので、艦首下部両舷に配置された魚雷発射管はどちらかと言うと第二次大戦中の潜水艦をモデルにしているようです。

次元潜航艇ガルマンウルフ
後部から。
艦橋や機関部が全て最後部に集中配置されているのが判ります。
個人的に艦首の赤い部分が亜空間断層発生装置、その後方が兵装区画、居住区、機関区となっていると判断。

ヤマトⅢに登場したメカニックではアリゾナとガルマンウルフが個人的ベストメカだったりします。
艦の性能と戦術をフルに活用して戦った、というのが特に好きな部分。
デザインはどちらかと言うと地味で、アリゾナのような華を感じる部分も殆どありません。
しかし戦闘の演出に加え指揮官であるフラーケン大佐の味方艦を囮にするという、効果的でありながら冷徹な命令を下し、終始ヤマトに対しイニシアティブを握り続けた姿が極めて強い印象を残しました。
私的には古代とフラーケン、二人の指揮官としての姿勢、その対比だったのではないかと思っています。
良い悪いではなく、与えられた命令を完遂するという点で味方の犠牲を必要として割り切れるかどうかが勝敗を分けたのではないか、と。



で、お遊び?
次元「潜航艇」と次元「航行艦」を並べてみる。
次元潜航艇&次元航行艦
次元潜航艇&次元航行艦
次元潜航艇&次元航行艦
全長、全幅ともに次元航行艦「アースラ」の方が上なのですが、艦体形状から見ると内部容積はガルマンウルフの方が大きいかも……?
とりあえず暫定版なので、次回は手持ち1/1000キットと並べて色々撮影してみようと思います。
ご意見ご感想などありましたら是非コメント欄にお願いしますヽ(´ー`)ノ



11月10日追記

MJ様よりシュルツ艦との撮影がリクエストされていましたので、撮影してみました。
本来ならば並ぶ事のなかった両者ですが、スケールを揃えて並べられるのは模型ならではの楽しみだと思います。

シュルツ艦とガルマンウルフ
シュルツ艦とガルマンウルフ
シュルツ艦とガルマンウルフ
シュルツ艦とガルマンウルフ
シュルツ艦とガルマンウルフ
やはり戦艦だけあってシュルツ艦の大きさが際立ちます。
こうして見ると次元潜航艇ガルマンウルフは高さはシュルツ艦に匹敵するほどありますが幅はかなり狭く、元デザインは艦橋の位置を除くと旧ドイツ海軍のUボート21型(水中高速潜)でしょうか。
というか21型Uボートの艦橋を最後部に持ってきた形?
艦橋に砲塔(21型は機銃)を持つ所も似ています。
新作2199で数年前倒しして登場するガルマンウルフのデザイン元はどう見てもⅦC型Uボートですから、2199の「今後」があるとしたらⅢ登場の次元潜航艇は新世代艦に該当するのではないか……という妄想が果てしなくw

で、相変わらずヤフオクをちらちら覗いていて落札したものをちょろっと。
主力戦艦とアンドロメダ
主力戦艦とアンドロメダ
北九州市漫画ミュージアム(別名松本零士記念館)で限定販売されているアンドロメダをリペイントしたもので、1/1000というスケールに釣られて落札しちゃいました。
やはり同スケールで主力戦艦とアンドロメダを並べるのはヤマトスキーなら夢だと思うのです、はい。
にしても、主砲サイズが一回り小さかったりするのは致し方ないとして波動砲発射口はやはり主力戦艦の方が一回り大きいんですよねぇ……。
とはいえチャージ時間の差や門数の多さからくる効果範囲の違いなど、アンドロメダの拡散波動砲が総合力において優れているとは思うのですが。

で、もう一隻アリゾナと並べてみる。
アリゾナとアンドロメダ
こうして見るとやはりアリゾナの艦後半部分はアンドロメダのラインが元になっているのが良く判ります。
……アリゾナは公式サイズが発表されていないのですが、こうしてみると300m級の大型戦艦と言っても差し支えなさそうです。

そしておき場所がどんどん無くなっていく罠、どうすんべorz
スポンサーサイト

次元航行艦アースラ

なんか立て続けの更新ですが、今回はヤマトとは打って変わって「魔法少女リリカルなのは」に登場の次元航行艦「アースラ」です。

キットデータは、
ディーラー:MRD様
スケール:ノンスケール
製作依頼:G-CUBE様(HPはこちら
アニメ調の色で仕上げ&キットに対する改造点などは特になしで製作して頂きました。

早速画像をば。
全体像。
L級巡航艦アースラ

艦首方向正面上方より。
L級巡航艦アースラ

正面から。
L級巡航艦アースラ

後方から。
L級巡航艦アースラ


艦の中心ブロック。
L級巡航艦アースラ
L級巡航艦アースラ
L級巡航艦アースラ
L級巡航艦アースラ

艦首部分。
L級巡航艦アースラ

最近はヤマト関係の艦艇ばかりだったので、水上戦闘艦のスタイルを持たないフネは妙に新鮮に感じますねw
作中ではリンディ艦長の元、無印~stsまで活躍した歴戦艦でした。
艦首ブロックが鋭角的なラインで非常に攻撃的な印象を与えるのに対し、艦の中枢ブロックは曲面主体の柔らかなラインを持っています。
兵装もヤマトのようないかにもな「主砲」という感じではなく、一歩間違えたらアンテナ群と見紛いかねない形状。
元々役割としては純粋な戦闘艦艇と言うよりは巡視船に近い(決戦兵器は搭載してましたが)為、必要以上に攻撃的な印象を与えないようなデザインとされているのかな……と思ったり。
白と黒のシンプルな塗装、曲線と直線のバランス、どちらも非常に好みなスタイルでお気に入りです。
キットサイズは過去紹介した完結編主力戦艦と同じ位(約30センチ)。
アースラの公式サイズ設定ってありましたっけ……?

比較画像などご希望がありましたら可能な限り対応しますので、ご意見等有りましたら是非書き込みをお願い致しますヽ(´ー`)ノ

2012年度海上自衛隊観艦式 ※16日画像大量(?)追加

に行ってきました。
生憎の曇り空、さらに出港後2時間で雨が降ると言うなんともアレなコンディションになってしまいましたが……。
とりあえず参加記念で何枚か写真を。
曇り空&小雨と言う事で画質はアレですがorz

今年3月に竣工したばかりの最新鋭護衛艦「あきづき」
護衛艦あきづき

あきづき型の一つ前、たかなみ型1番艦「たかなみ」
護衛艦たかなみ

はやぶさ型ミサイル艇「くまたか」
ミサイル艇くまたか

おおすみ型輸送艦「くにさき」
輸送艦くにさき

ひらしま型掃海艇「ひらしま」
掃海艇ひらしま


で、今回の観艦式ではあまり日本では見かけない2隻の艦が参加しておりました。
それがこちら。

シンガポール海軍エンデュアランス級ドック型揚陸艦「パーシスタンス」
エンデュアランス級ドック型輸送揚陸艦パーシスタンス
背景は左側がイージス艦「あたご」、右側が護衛艦「あきづき」。
上空を飛ぶ3機編隊のヘリはMCH-101掃海・輸送ヘリコプター。

オーストラリア海軍アデレード級ミサイルフリゲイト「シドニー」
アデレード級ミサイルフリゲイト シドニー
原型はアメリカ海軍の「オリヴァー・ハザード・ペリー」級ミサイルフリゲイトなので、艦影そのものは比較的馴染み深い艦です。
原型のペリー級との相違点として、艦首に設置されたMk41VLS(8セル・ESSM用)があり、写真でも僅かにVLS構造物が見えます。

この他アメリカ海軍のイージス巡洋艦「シャイロー」も参加していたのですが、位置関係もあってろくな写真が撮れず……。
悪天候という状況下でしたが、充実した1日でしたヽ(´ー`)ノ


※16日画像追加分
今回乗艦した掃海母艦「ぶんご」
掃海母艦ぶんご

観艦式には参加しなかった海洋観測艦
海洋観測艦しょうなん(手前)&にちなん(奥)
手前側が「しょうなん」、奥が「にちなん」。
にちなんは艦番号が読み取れませんでしたが、クレーンの配置と大きさから特定。

「ぶんご」の後ろに接岸していた「はたかぜ」と「あさゆき」(朝)。
護衛艦はたかぜ&あさゆき
朝はこのように出船状態で接岸していたのですが、帰港時は逆向きになっていました。↓
護衛艦はたかぜ&あさゆき(帰港時)

午前8時の自衛艦旗掲揚(ぶんご)。
自衛艦旗掲揚
自衛艦旗掲揚
自衛艦旗掲揚
艦尾旗竿に自衛艦旗(軍艦旗)、艦首旗竿に国旗を掲揚します。
なお艦首旗竿に掲揚した国旗は出港後に降下し、航海中は艦尾旗竿の自衛艦旗のみの掲揚となります。

舫い綱を解いた「はたかぜ」がタグボートに曳かれ離岸、出港していきます。
はたかぜ出港
はたかぜ中央部
はたかぜ艦橋構造物正横

「ぶんご」が船越港を出港してすぐに護衛艦「いせ」が吉倉港から出港、「ぶんご」の後ろに。
護衛艦いせ
護衛艦いせ
護衛艦いせ
護衛艦いせ
浦賀水道を抜けた後、「ぶんご」の右舷を追い抜いて行きました。

「いせ」の前を行く護衛艦「あさゆき」
護衛艦あさゆき

護衛艦「しらね」
護衛艦しらね

護衛艦「はたかぜ」
護衛艦はたかぜ

訓練支援艦「てんりゅう」
訓練支援艦てんりゅう

洋上給油のデモンストレーションを行う「ましゅう」&「はるゆき」
洋上給油を行う補給艦ましゅう&護衛艦はるゆき
洋上給油を行う補給艦ましゅう&護衛艦はるゆき

護衛艦の艦列。
写真1枚の中に10隻以上の艦艇が写っていますが、演習でもこのような光景はまず見られません。
観艦式ならではの光景です。
護衛艦の艦列

P-3CによるIRフレア散布。
P-3CによるIRフレア射出

2012年海上自衛隊観艦式画像でしたー。

あと、

二日で宇宙戦艦ヤマト2199第三章。
宇都宮初日0910からの上映を確保しました。
当日は7時に家を出て8時過ぎには映画館へ到着予定、恐らく1時間程度は外で待つ事になるけれど致し方なし。
しかし今度の土日は平日会社出勤より厳しい……。
土曜にヤマトを鑑賞したら夜最終の新幹線で東京>翌日曜は海上自衛隊船越基地から掃海母艦「ぶんご」に乗艦して観艦式の見学予定です。
……帰宅はたぶん夜9時以降、けっこうしんどいorz
艦そのものは慣れてるから船酔い等の心配はないけれど、混雑する電車が一番堪えそうです……。
高校ン時は宇都宮まで毎日往復でも平気だったのになぁ(´・ω・`)


10/12 0115追記
で、観艦式用にデジカメを購入。
一枚だけですがアリゾナを撮ってみました。↓
護衛戦艦アリゾナ
今までのものより綺麗……なのかなぁ?
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR