航空母艦「赤城」

今回は緒戦期における日本海軍の栄光を担った南雲機動部隊旗艦「赤城」でございます。
なお、ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

「赤城」は元々八八艦隊計画における巡洋戦艦第一陣、「天城」型の2番艦として建造されており、軍縮条約の制限から空母へと改装されました。
当初は三段式飛行甲板を持っていましたが、後に大改装で一段式飛行甲板を持つ大型空母へと生まれ変わりました。
赤城全体(左舷艦首方向)赤城全体(右舷艦首方向)
赤城全体(右舷艦尾方向)赤城全体(左舷艦尾方向)
大改装後は上の画像のように長大な飛行甲板を持ち、30ノット強の速力を持つ空母となりました(速度に関しては加賀と同程度の28~29ノットに落ちていたという説もあり)。
昭和9年頃の構想では赤城は加賀や隼鷹、飛鷹と共に決戦夜戦部隊へ所属、米戦艦への攻撃を第一の任務として艦上攻撃機を多数搭載、雷撃による打撃力を重視した搭載機を持つこととされていました。
艦これでは加賀と共に3スロット目の搭載数が大きくなっており、これは実際の搭載計画で艦攻の搭載数と同じ数字になっています。

空母としては下の画像の通り飛行甲板の位置がかなり高くなっている事、艦橋が左舷中央部に設置されているのが外見的な特徴となっています。
赤城全体(右舷正横)赤城全体(左舷正横)
艦首部分クローズアップ。飛行甲板を支える支柱の高さが良く判ると思います。
赤城艦首赤城全体(左舷艦首低位置)

特に艦橋を左舷に置いたのは世界的に見ても「赤城」と「飛龍」のみであり、識別点として極めて判り易いものとなっています。
赤城中央部俯瞰赤城艦橋
とはいえ結果として艦上の気流を乱す原因となり、成功したとは言い難いものとなってしまいました。
また赤城固有の特徴として艦橋付近を頂点とし、飛行甲板が艦首側に0.5度、艦尾側に1.5度の傾斜角を持つ事が挙げられます。
本来ならば先に改装された「加賀」のように平面とする事が望まれたようですが、改装費用の抑制等予算面の問題から旧来の飛行甲板を可能な限り利用した結果このような形になったようです。
特に艦尾甲板は下のように旧飛行甲板の上に新たな甲板を張り足すような形となっており、欠陥が多かったがゆえに徹底的な改装を施された加賀と違って赤城の改装は些か不徹底なものとなってしまっています。
赤城右舷艦尾

この改装予算の抑制は対空砲火、事に高角砲にも大きな影響を与えており、加賀では10年式12cm高角砲を全て89式12.7cm高角砲へ換装しましたが、赤城では旧来の高角砲をそのまま継続使用する事となりました。
赤城右舷煙突後方部赤城右舷中央部
赤城右舷に装備された煙突及びその後方に設置された10年式12cm連装高角砲。高角砲には排煙除けのシールドが装備されています。

飛行甲板俯瞰。
赤城全体(飛行甲板俯瞰)赤城艦尾(識別符号)
艦尾には識別符号である「ア」が大きく描かれています(加賀は「カ」)。

開戦劈頭の真珠湾攻撃、インド洋作戦と日本海軍快進撃の原動力となった南雲機動部隊旗艦「赤城」でしたが、第一航空戦隊&第二航空戦隊による最初で最後の空母戦となったミッドウェー海戦において米急降下爆撃機の奇襲により被爆、沈没しました。

次回は同じ改装空母ながら日本機動部隊の斜陽期に改装され最後の機動部隊を編成した一艦である「千歳」を予定しております。
スポンサーサイト

所持艦を晒してみる。

艦これはたぶんもう圧倒的少数派の事前予約組提督。
なんだかんだで3年目を迎えようとしております。
で、現在の所持艦&レベル&装備をちょこっと晒してみる。
所持艦管理表
開始後1年を過ぎた辺りから「装備とか付け替えるのめんどくさくね?」と思い、とりあえず誰がどの装備をしているのかを判るように作ったのが始まり。
……結局「いちいち付け替える手間をかけるなら必要分作った方が良くね?」という結論に至り、上の画像で記入してある装備は全て固定装備(イベントでは最適化するけど)となっております。

苦労したのは艦載機と電探(艦載機はほぼ揃っているけど電探は完全には需要を満たし切れていない)で、どちらもボーキサイトを大量消費する上、上位機種(電探)を揃えるのには1年以上掛かりました。
主砲は46cm三連装砲を苦労して集め切ったものの、フィット補正の導入から一気に10個以上が倉庫の肥やしになるという状況に……。
駆逐艦は一部を除き基本遠征要員で、可能な限り同型艦4隻+軽巡洋艦2隻で遠征に回す事で均等に育成。
なので戦闘要員以外の駆逐艦は北方鼠輸送に備えてドラム缶を最低1個、睦月型はウィークリー任務の東京急行系任務専属とする為2個積みとしています(燃費も良いし)。
……にしても自分の育成方針すげぇ偏ってる、今後は重巡と駆逐艦の底上げが必須orz

所持模型もちょっとずつ増えております。
下記で何か撮影&紹介希望がありましたら是非コメント欄に一言下さいませー。
WLシリーズ
戦艦:長門(長門型)
    陸奥(長門型)
    金剛(金剛型)
    フッド(ケース外装固定の為撮影は若干困難)
空母:瑞鳳(祥鳳型)
    鳳翔
    赤城 NEW!
    千歳(1944) NEW!
重巡:愛宕(高雄型)前回紹介済
    高雄(高雄型)
    摩耶(対空兵装強化改装後:高雄型)
    鈴谷(改最上(鈴谷)型)
軽巡:川内(川内型)
    神通(川内型)
    那珂(川内型)
    夕張
    鹿島(香取型)
駆逐:雪風(陽炎型)
    萩(松型)
    漣(特型)
    島風 NEW!
水母:千歳(千歳型)
    日進
    瑞穂
その他:間宮
     大鯨
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR