睦月型駆逐艦「睦月」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回は特型以前に建造された駆逐艦、睦月型一番艦「睦月」です。
睦月型はイギリス式設計から脱却し純日本式設計となった峯風型系列の最終シリーズで、強化されつつある米戦艦の水中防御を食い破る為に日本駆逐艦としては初の61cm魚雷を搭載、53.3cm連装魚雷発射管3基だったそれ以前の駆逐艦から大幅に雷撃力が強化されています。
また艦首形状にダブルカーブド・バウを採用した初の日本駆逐艦でもあり、地味ながら特色の多いクラスとなっています。
「睦月」は八八艦隊計画を改定した大正12年度計画によって建造され、大正15年3月25日に竣工しました。
模型は昭和16年のダズル迷彩塗装の試験時を再現したものとなっています。

「睦月」全体。
睦月全体1睦月全体2
今まで紹介した駆逐艦と比べると艦橋前が凹んでいるのが判ります。
この部分を「ウェル・デッキ」と呼称し、艦首側からの波をここに落とし込む事で艦橋に対する波浪の影響を軽減する目的で設けられています。
艦首甲板には12cm砲、ウェル・デッキに61cm三連装魚雷発射管を装備。

睦月全体3
横から見ると特型以降の駆逐艦が船首楼上に艦橋を装備していたのに対し、上甲板に艦橋がある「睦月」は艦橋の高さがかなり抑えられているのが判ります。


「睦月」艦首。
睦月艦首
艦首付近はかなり大きめのフレア(上に行くに従い広がる形状のこと)が設けられており、凌波性を考慮した形状である事が見てとれます。
睦月艦首正横
真横から見ると艦橋の低さがより解りやすくなります。
真艦首方向への砲撃というのは通常殆どあり得ないのですが、前方向への射撃に際しては砲の操作にはかなり不便をきたしたのではないかと思わせるほどに主砲後ろ側の甲板が狭くなっています。
なお竣工時には魚雷発射管の波除シールドは装備されておらず、後日装備となっています。

「睦月」中央部。
睦月中央部
第一・第二煙突の間に2番砲が装備されています。
第二煙突の両脇にある白い箱状のものは予備魚雷格納庫。

「睦月」艦尾。
睦月艦尾睦月艦尾正横
3、4番砲が後部上構にマストを挟んで背中合わせに装備されています。

「睦月」を後方斜め上より。
睦月俯瞰図
甲板には迷彩が施されておらず、大戦末期の空母のような対空迷彩は意図されていない事が解ります。
「睦月」の迷彩塗装はあくまでも試験的なものであり、試験終了後は通常の軍艦色へと戻されました。
この時の実験結果は後に北方警備任務にあたる軽巡洋艦「木曾」「多摩」の迷彩塗装に活かされたとも言われています。

睦月型は就役直後に駆逐艦史に残る特型駆逐艦が完成した為、残念ながら影の薄い地味な艦となってしまいました。
「睦月」もまた華々しい艦隊戦闘ではなく護衛や輸送といった任務を主として行い、最後はソロモンを巡る戦いの中、B-17による爆撃を受けて撃沈されました。

次回は少し間をあけて航空母艦「千代田」、もしくは水上機母艦「瑞穂」を更新する予定です。
スポンサーサイト

朝潮型駆逐艦「霞」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

久しぶりの連続更新、本日は朝潮型駆逐艦の9番艦である「霞」です。
特型駆逐艦を建造後、軍縮条約による制限で艦の排水量が制限され、初春型、有明型、白露型と中型駆逐艦を整備してきた日本海軍でしたが、「霞」が所属する朝潮型においてようやく排水量制限がなくなり、2000トンの艦隊型駆逐艦として計画・建造されました。
主砲として三年式50口径12.7cm連装砲3基、92式61cm四連装魚雷発射管2基に次発装填装置を備え、排水量の拡大に伴い日本海軍が理想とする兵装を実現する事が出来ました。
その反面最大速度は34.85ノットと要求である35ノットに僅かに及ばず、航続距離も18ノットで4000海里と若干不足気味となってしまい、これらの解決は続く陽炎型でなされる事となります。
今回の「霞」は後述の礼号作戦に参加した際の姿となっています。

「霞」全体図。
霞全体1
駆逐艦らしいシャープな姿で、主砲は前部に1基、後部に2基装備、魚雷発射管は第一・第二煙突間に1基、第二煙突と後部構造物の間に各1基装備しており、初春型以降の日本駆逐艦の基本的な兵装配置を踏襲しています。

「霞」艦首。
霞艦首
日本海軍が戦前に建造した駆逐艦に共通するダブルカーブド・バウとなっています。
霞艦橋
艦橋前には機銃台が設置されて96式25mm連装機銃1基を装備、前部マスト中段には22号対水上電探を装備。

「霞」中央部。
霞中央部
1番魚雷発射管から後部構造物までの間に「1番魚雷発射管>2番煙突両脇に1番発射管用次発装填装置>2番魚雷発射管>構造物左舷に2番発射管用次発装填装置」と60m近くに渡って隙間なく魚雷が並ぶという配置になっています(下写真参照)。
霞魚雷兵装配置
流石にこれは誘爆の際に危険過ぎると言う事で、次の陽炎型では1番発射管用次発装填装置は1番煙突の両脇へ装備位置が変更されています。

「霞」艦尾。
霞艦尾
激化する航空攻撃への対処の為に後部構造物上の2番主砲を撤去、96式25mm三連装機銃が2基増備されています。
霞後部構造物
また見づらいですが後部マストには13号対空電探を装備。艦尾は爆雷兵装に加え25mm単装機銃が増備されており、大戦後半の対空戦闘がいかに熾烈なものであったかを物語っています。

「霞」俯瞰図。
霞俯瞰図
全体の兵装配置が良く判ります。

艦これでは提督に悪態をつく艦娘となっており、人により好悪がはっきり分かれるのではないかと思います。
「霞」の態度は1942年6月にキスカ島沖で濃霧のために仮泊中のところを米潜水艦「グロウラー」により雷撃され、「霞」「不知火」は大破、「霰」が轟沈するなど一瞬にして第十八駆逐隊が壊滅、「十八駆は油断していたのではないか」と「霞」に座乗していた第十八駆逐隊司令が上層部から非難され責任を取る形で割腹自殺を遂げた事による上層部不信が影響しているのではないかと思われます。
しかし「霞」は上記のような陰惨なエピソードだけではなく、1944年12月に行われたミンドロ島サンホセへ入港した米艦隊への攻撃を行う「礼号作戦」に参加、帝国海軍最後の艦隊戦闘において司令官である木村昌福提督の旗艦として勝利を飾った艦でもありました。
この作戦には他に重巡洋艦「足柄」、軽巡洋艦「大淀」、さらに新鋭駆逐艦である夕雲型の「清霜」「朝霜」も参加していたのですが、木村少将は乗艦経験があり艦の将兵をよく知っている事から旗艦を「霞」に定めたと言われています。
キスカ島から奇跡の撤退作戦を成功させた木村少将に率いられた「霞」を旗艦とする第二水雷戦隊は1944年12月24日に仏領インドシナのカムラン湾を出撃。
「霞」以下駆逐艦「朝霜」「清霜」「榧」「杉」「樫」、軽巡洋艦「大淀」、重巡洋艦「足柄」の8隻はフィリピンのミンドロ島サンホセへ向かいます。
往路で駆逐艦「清霜」が爆撃により炎上停止して落伍、この際木村少将は「位置を入れておけ、帰りに拾う」として進撃を続行。
そしてサンホセのあるマンガリン湾へ突入、湾内の輸送船団へ攻撃をかけ輸送船「ジェームス・A・ブリーステット」を撃破の後、地上の物資集積所へ艦砲射撃を行いこれを炎上させ帰路につきます。
「清霜」が落伍した場所には既にその姿はなく、漂流中の「清霜」乗員を救助する為に木村少将は「これより「清霜」の救助に旗艦があたる。各艦は合同して避退せよ」との命令を発し、「霞」は機関を停止して生存者の救助に当たりました。
途中から「朝霜」も救助に参加、最終的に「清霜」乗員342名中258名を救助しカムラン湾へ帰投する事となります。
そののち「霞」は昭和20年4月の天一号作戦に参加、大和と共に出撃するも空襲を受け大破、航行不能となり駆逐艦「冬月」が乗員を救助の上砲撃により自沈処分とされました。


以上、朝潮型駆逐艦「霞」でした。
どうもキャラ付けとしてはキスカ島での被雷による駆逐隊司令自決に伴う上層部不信という面が強く出過ぎている気がします。
最後に書いた通り日本海軍水上艦部隊最後の組織的戦闘による勝利、その艦隊旗艦という栄誉を担っているのですからこちらの部分も強調して欲しかったなぁ、というのが個人的意見。

次回は睦月型駆逐艦「睦月(北方迷彩仕様)」の予定です。

長良型軽巡洋艦「阿武隈」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新は艦これ2015年夏イベントにおいて最終海域で雷巡が使用出来ない事もあって、「先制雷撃が可能な軽巡洋艦」として一気に脚光を浴びる事となった「阿武隈」です。
「阿武隈」は5500トン型と呼ばれる日本海軍の軽巡洋艦の第二陣、長良型の6番艦(最終艦)として計画、浦賀船渠で建造されました。
しかし建造中に関東大震災による造船所の被害の為に建造工程に遅れが生じ、当初予定より1年以上経過した大正14年5月26日に就役しました。
模型は第一水雷戦隊旗艦として開戦を迎えた際のもので、南雲機動部隊に随伴し真珠湾攻撃に参加した頃のものとなります。
阿武隈全体1阿武隈全体2
高速性を追求した極めて細長い形状の艦体を持つ事が明瞭に判ります。
阿武隈全体3
正横から見た「阿武隈」。

昭和5年に軽巡洋艦「北上」と衝突事故を起こし艦首を損傷、この復旧工事の際に艦首がそれまでのスプーン・バウからより凌波性に優れたダブルカーブド・バウへと変更されました。
この艦首形状の変更は長良型では「阿武隈」のみが実施しており、同型艦の中で「阿武隈」を識別する外観上の大きなポイントとなっています。
阿武隈艦首2
真横から見た「阿武隈」の艦首。ダブルカーブド・バウの形状が判ります。

阿武隈艦首部分。
阿武隈艦首1
艦首には14cm単装砲を4基装備、艦橋前に背中合わせに1、2番砲、艦橋の後部両舷に3、4番砲が配置されています。
艦橋と第一煙突の間に比較的大きなスペースがありますが、ここには元来ウェル・デッキとなっており61cm連装魚雷発射管を左右両舷に1基ずつ装備していました。
1938年の改装において長良型の中で一番新しい「阿武隈」は水雷戦隊旗艦として使用する為に酸素魚雷の運用能力を付与する事が決定、前部の魚雷発射管を撤去して後部の発射管を連装から92式61cm四連装発射管へ換装、前部発射管があった場所は画像のように閉塞されて兵員室になりました。
阿武隈魚雷発射管
カタパルト先端真下の開口部に見えるのが換装された92式61cm四連装発射管です。

阿武隈中央部分。
阿武隈煙突1阿武隈煙突2
直立した3本煙突がクラシカルな印象を与える艦中央部分。
両舷にカッターや内火艇が搭載されています。

阿武隈艦尾付近。
阿武隈艦尾
艦首側から5番砲>カタパルト>6番砲>後部マスト>7番砲の順番で各種装備が配置されています。

阿武隈カタパルト。
阿武隈カタパルト1
カタパルトの上に搭載されている複葉の水上機は94式2号水上偵察機、昭和9年に採用された旧式機ながら実用性に優れた名機で500機以上が生産されました。
戦争末期にはこんな旧式機までもが特攻機としても使用されています。

阿武隈艦尾の爆雷兵装。
阿武隈爆雷兵装
艦尾には九四式爆雷投射機を2基装備しています。


以上、長良型軽巡洋艦「阿武隈」でした。
艦これではおどおどした態度と幼げな声が特徴の「阿武隈」ですが、改二改装で出番も認知度も上がったと言えるのではないでしょうか。

次回は朝潮型駆逐艦「霞」を予定しております。



最後に今月22日に行ってきた総合火力演習で撮影した写真、21門の火砲を用いた曳火射撃による「富士山」です。
異なる口径・初速の砲を複数の場所から射撃、空中で富士山の形になるよう同時に炸裂させるという「各国陸軍の武官が正気を疑う」レベルの砲撃精度。
P1011093.jpg
午前中は雲で富士山が隠れている事が多いのですが、今回ようやく富士山と曳火射撃の富士山を重ねて撮影する事が出来ました。

瑞穂堀り記録。

遂に瑞穂をゲットしたので記録掲載。
……イベントごとに堀の記録を残しているけど、矢矧並みに酷かったorz

8/18堀始め。攻略時はボスS勝利合計8回でドロップせず。
1回目 祥鳳
2回目 妙高
3回目 谷風
4回目 熊野
5回目 鈴谷
6回目 愛宕
7回目 飛鷹
8回目 筑摩
9回目 衣笠
10回目 龍驤
※ボス到達分のみ

8/19
1回目までに雪風or島風大破による途中撤退×4、決戦支援から道中支援に切り替え、安定。
1回目 川内
2回目 浜風
3回目 霧島
4回目 霧島
5回目 翔鶴
6回目 夕雲
7回目 金剛
8回目 衣笠
9回目 金剛
10回目 ボス前雪風大破
11回目 瑞鳳
12回目 高雄
13回目 ボス前龍驤大破(第一艦隊旗艦)。援艦隊全艦キラ付で初戦ボス前共に支援来ず。
14回目 霧島
15回目 古鷹
16回目 長良
17回目 ボス前マス制空権確保状態からプリンツ一発大破。支援艦隊全艦キラ付で初戦ボス前共に支援来ず。
18回目 古鷹
19回目 利根
20回目 最上

8/20
1回目 夕雲
2回目 大井
3回目 筑摩
4回目 妙高
5回目 ボス前マスで北上大破、制空権確保の開幕航空戦&支援艦隊ダメージ0。
6回目 ボス前マスでビスマルク大破、制空権確保の開幕航空戦&支援艦隊ダメージ0。
7回目 比叡
8回目 愛宕
9回目 榛名
10回目 高雄
11回目 金剛
12回目 金剛
13回目 航空戦マスで制空権確保>飛龍大破、敵艦隊無傷 ※航空戦マスで開幕大破は今までのイベントを通じて初めて
14回目 霧島
15回目 榛名
金背景で金剛型はもう要りません、マジで。某所で「殺意が湧く」って書かれていたのが理解出来る。

8/21&22
総合火力演習見学の為掘れず。

8/23
1回目 利根
2回目 浜風
3回目 瑞鶴
4回目 川内
5回目 飛鷹
6回目 舞風
7回目 古鷹
8回目 最上
9回目 高雄
10回目 北上
遂に金背景すら皆無(ホロレアの瑞鶴は出たけど)。

8/24
前日の状況で心が折れかけて休憩。

8/25
1回目 霧島
2回目 瑞穂キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
……気分転換に第一艦隊旗艦を龍驤から鳳翔に切り替えた途端瑞穂ドロップ。
お艦ありがとう!

週末までに「阿武隈」の紹介をうpする予定でその後は「瑞穂」「千代田」「睦月」「霞」を順不同で掲載。
「睦月」は戦前の北方警備時に施されていた迷彩塗装を再現したものになります。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR