1/350PLAMAX KC-01 駆逐艦×艦娘 島風

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新はマックスファクトリーから発売された「1/350PLAMAX KC-01 駆逐艦×艦娘 島風」です。
新規参入にも関わらず同型艦のない「島風」というかなりリスクのある選択だったと思うのですが、接着剤を使うのが初めての初心者にも最後まで作れるようにという配慮が随所になされており、極めて完成度の高いものになっていると思います。
特に組み立て説明書は個人的な感想としては「艦船模型からガンプラ準拠になった」とでも言いましょうか、個々のパーツ組み立てを細かく丁寧に描写しているのが非常に驚きでした。
パーツもある程度色分けがなされており、組み立て説明書にはポイントとなる部分には注釈が入っていて、例えば砲身基部のキャンバス部分の白やカッター内部のウッドブラウンなど無塗装でもここだけ塗っておくとより見栄えが良くなるような場所がきちんと明示されています。
初心者にも作り易く、1/350というスケールで見栄えのする大きさのキットが発売された事は今後の艦艇模型世界に大きな影響を与えるのではないでしょうか?

史実の「島風」に関してはこちらに書いているので、写真中心で以下掲載。
なお今までのWLと違い、船体部分も再現されたフルハルモデルとなっております。

1/350島風全体。
島風350分の1全体1島風350分の1全体2
島風350分の1全体3
キットは竣工時の姿を再現しており、機銃増備がなされていない分全体としてかなりすっきりとした姿となっています。

1/350島風艦首。
島風350分の1艦首
艦首は夕雲型までの駆逐艦が採用した緩いS字型のダブルカーブド・バウから艦首上部が突き出したクリッパー・バウとなり最大速力40ノット強の高速駆逐艦に相応しいスマートな姿となっています。

1/350島風艦橋。
島風350分の1艦橋1
島風350分の1艦橋2島風350分の1艦橋3
スケールが大きいだけに艦橋回りも細かく再現されています。
特に艦橋窓下部に設置された遮風装置(エア・スクリーンを意図的に作り出す事で無風地帯を生み出す装置。艦橋上部見張り所まで無風地帯が得られた)まできちんと再現されているのが見どころとなっています。
艦橋内部の双眼鏡等も再現されています(殆ど見えませんが……)。

1/350島風中央部。
島風350分の1艦中央部
速力と並ぶ島風最大の特徴である零式五連装発射管×3の重雷装。
一度に発射可能な射線数を重視しており、予備魚雷と急速次発装填装置は装備していません。

1/350島風煙突。
島風350分の1煙突
1基あたり25000馬力分の出力を生み出すボイラーを3基搭載、前側が2基分の、後側が1基分の排煙を受け持ちます。
2番煙突の後側に96式25mm連装機銃を2基装備。

1/350島風艦尾。
島風350分の1艦尾島風350分の1艦尾兵装
島風350分の1スクリュー
今まで何度か紹介してきた日本海軍駆逐艦とほぼ同じ兵装配置です(「春雨」以外)。
フルハルモデルなので艦尾下部のスクリュープロペラまで再現されています。

最後に1/700島風との大きさ比較。
350分の1島風&700分の1島風
……1/700は単純に半分のサイズなのですが、実際に並べてみるとそれ以上の差を感じます。
日本で1/700が主流になったのは1/350では駆逐艦程度ならともかく戦艦や空母では置き場所の問題が大きいからと言われているのも納得出来てしまいます。
以上、1/350島風でした。

次回は給糧艦「伊良湖」、もしくは戦艦「大和」を予定しております。
スポンサーサイト

キューズQ「愛宕」

昨年12月発売予定だったのが延期を繰り返していたキューズQの「愛宕」がようやく届いたので開封。
画像の質はちょっとイマイチなので、もしかしたら後日撮り直すかも知れません。

全体四方向から。
キューズQ愛宕1キューズQ愛宕2キューズQ愛宕3キューズQ愛宕4
迫力のボディ&艤装がよく再現されています。
髪の毛が若干クリア気味になっていますが、これは結構好き嫌いが分かれそうな部分。

上半身UP。
キューズQ愛宕5キューズQ愛宕8
帽子はマグネット内蔵で取り外しが出来ます。
ダボ穴もなく帽子がなくても自然な状態なのは嬉しい所。

左側の艤装UP。
キューズQ愛宕6
高雄型重巡洋艦の艦橋を模した肩下げ(?)も再現。
……金属製だとしたら脇腹に当たった時に気にならないのかちょっと疑問。

下半身。
キューズQ愛宕7
太股部分に水上偵察機がマウントされていますちょっとそこ代われ

愛宕&愛宕。
キューズQ愛宕&愛宕1キューズQ愛宕&愛宕2
どの艤装が現実に存在した「愛宕」のそれと対応しているか確認するのもこういった模型&フィギュアを揃える楽しみの一つですねー。

以上、キューズQ「愛宕」でした。

陸上自衛隊広報センター展示物

3月8日にちょっと遠出をしてきました(200kmもないけど)。
車で1時間半ほどの距離に張る佐野の映画館でガールズ&パンツァー劇場版4DXを視聴、全体の3/2は座席が揺れてた気がする……。
その後朝霞の陸上自衛隊広報センターへ。

1年半ほど前にも同じ友人と来たのですが、その時は外に出るドア周辺を塗装していて屋外展示品を見る事が出来なかったのでそのリベンジでした。
てな訳で撮影してきた物を垂れ流し。

屋内展示の90式戦車。
試作車両の為量産車両とは違う部分もあります。
陸上自衛隊広報センター90式戦車(試作車両)

砲口部分のアップ。
陸上自衛隊広報センター90式戦車(試作車両)120ミリ滑腔砲砲口

砲塔上面。
陸上自衛隊広報センター90式戦車(試作車両)砲塔上部

使用弾薬。
陸上自衛隊広報センター90式戦車用戦車砲弾
撮影位置の関係から思うようなポジションが取れないのは已む無しか……。
2階廊下部分から見下ろす形で撮れば良かったと気付いたのは帰り道でしたorz

同じく屋内展示のAH-1戦闘ヘリ。
陸上自衛隊広報センターAH-1戦闘ヘリ機首
機首を正面から。恐ろしく幅が狭く、1mもありません。

機首三銃身ガトリング砲。
陸上自衛隊広報センターAH-1戦闘ヘリ20mm機銃

前部コクピット(ガンナーシート)。
陸上自衛隊広報センターAH-1戦闘ヘリコクピット(ガンナー)

右側から見たコクピット部分。
陸上自衛隊広報センターAH-1戦闘ヘリコクピット

右パイロンに装備された70ミリロケット弾ポッド(内側)とTOW対戦車ミサイル(外側)。
陸上自衛隊広報センターAH-1戦闘ヘリ右兵装パイロン

続いて屋外展示品。
遠隔操縦観測システム、いわゆる無人偵察機です。
陸上自衛隊広報センター遠隔操縦観測システム

中距離多目的誘導弾。汎用軽装甲車の後部に搭載されたシステム。
陸上自衛隊広報センター中距離多目的誘導弾

75式自走155ミリ榴弾砲。
陸上自衛隊広報センター75式自走155ミリ榴弾砲

74式自走105ミリ榴弾砲。
陸上自衛隊広報センター74式自走105ミリ榴弾砲
翌年に上の75式自走155ミリ榴弾砲が制式化されてしまったのでほんのわずかな生産で終わってしまいました。

94式水際地雷敷設装置。
陸上自衛隊広報センター94式水際地雷敷設装置
機雷敷設時は車体後方の敷設装置が変形(?)します。
どっかに動画があるかも……。

87式自走高射機関砲。
陸上自衛隊広報センター87式自走高射機関砲
陸上自衛隊広報センター87式自走高射機関砲砲塔後部
装甲部隊へ防空火力を付与する為の車両ですが、高コストで調達数量は少数。
本来は低空を飛ぶ敵の攻撃ヘリが主目標だったのですが、最近は対地目標にも投入される模様。

89式装甲戦闘車。
陸上自衛隊広報センター89式装甲戦闘車陸上自衛隊広報センター89式装甲戦闘車後部陸上自衛隊広報センター89式装甲戦闘車砲塔
戦車部隊に随伴する歩兵を乗せて行動する、諸外国で言う歩兵戦闘車。
日本では「歩兵」という言葉を使わないようにしているので「装甲」戦闘車。
こちらも74式戦車よりお高い調達価格が災いして配備は極めて限定されてしまいました。

74式戦車。
陸上自衛隊広報センター74式戦車
40年前に制式採用された古兵ですが、いかにも「戦車」という外見からファンも多い車両です。

10式戦車。
陸上自衛隊広報センター10式戦車
74式戦車の代替として量産継続中の陸自主力戦車。
総合火力演習で何度か見ていますが、スラローム走行しながら砲撃>命中とかマジ化け物。
90式もそうだけど、30~40kmで走っている状態から2秒以下で停止(通称殺人ブレーキ)とか中の人が心配になります。

74式&90式後方。
陸上自衛隊広報センター10式&74式戦車後部

以上、朝霞駐屯地隣接の陸上自衛隊広報センターの展示品でした。
入場無料な上自衛隊土産も多く、戦闘糧食Ⅱ型と同等品も売られていて好きな人にはお勧めの施設です。
特に屋外展示品は「上に乗るな」という注意書きはありますが「触るな」とは書いていないので手が届く範囲で触れることも出来ます。

重巡洋艦「愛宕」(フルディテールアップ版)

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

本日二度目の更新は高雄型重巡洋艦「愛宕」です。
以前も紹介したのですが、その後に「摩耶」、「鳥海」と徹底したディティールアップ版を製作して頂いたのでそれに合わせて「愛宕」も同じ方に再度製作依頼を出して作って頂きました。
現在「高雄」も製作依頼を出しており、5月末くらいに高雄型四姉妹が同じくらいの製作精度で並ぶ予定。

説明は上で書いた通り以前の更新にあるので画像中心で。

「愛宕」全体。
重巡洋艦愛宕全体1重巡洋艦愛宕全体2
重巡洋艦愛宕全体3重巡洋艦愛宕全体4

「愛宕」艦首。
重巡洋艦愛宕艦首

「愛宕」中央部及び艦橋。
重巡洋艦愛宕中央部重巡洋艦愛宕艦橋

「愛宕」後部マスト。
重巡洋艦愛宕後部マスト

「愛宕」艦尾。
重巡洋艦愛宕艦尾

以前製作して頂いた「愛宕」では省略されていた単装機銃や構造物に付属しているジャッキステー等、細かい部分の再現度を向上させたものとなっています。
かべ|ω・`)……以前の「愛宕」、どうしようか悩んでます。同志。

超重雷装艦北上改二

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新は超重雷装艦北上改二です。
……本当は「大和」の予定だったのですが、家人がケースを取り落として破損、現在修理依頼が可能かどうか確認中の為しばらく先になりそうですorz

さて艦これにおいて北上&大井は改二改装が実装され、史実を上回る雷装を持つ事になりました。
設定上は駆逐艦「島風」用に開発された零式五連装発射管10基を搭載、片舷雷撃力が20>25に強化され一時期は対ボス戦の切り札ともなって大活躍、結果北上&大井を入れるとボスを逸れるなど運営も扱いに困ったフシがありましたw
元々重雷装艦は若干古いものながら非公式コラボに定評のあるピットロードからキットが発売されていたのですが、需要があると見込んでか零式五連装発射管同梱の超重雷装艦仕様として発売と相成りました。
史実の重雷装艦に関しては以前更新した「北上」で書いているので細かい説明は無視して以下写真です。

全体。
超重雷装艦北上改二全体1超重雷装艦北上改二全体2
艦首部分。
超重雷装艦北上改二艦首
基本的な形状は同じです。
大きく違うのは艦中央部に装備された発射管。

こちらが本来の重雷装艦「北上」中央部。
北上中央部1

そしてこちらが超重雷装艦「北上」中央部。
超重雷装艦北上改二発射管
……シールド付の零式五連装発射管に換装され、より狂気度迫力が増しています。
なお前回の更新時に「機銃弾一発で誘爆しかねない」等の意見を某所で散見したのですが、日本海軍も誘爆による損害を懸念し炸薬の感度を鈍くするなどの対策を行っています。
結果として6インチ(15.2cm)砲弾直撃では不完全爆発、8インチ(20.3cm)砲弾の直撃で完爆となり、少なくとも駆逐艦や軽巡洋艦相手の砲戦、或いは戦闘機等の銃撃では容易に誘爆を起こさないとされました。

全体比較。
超重雷装艦北上改二北上改比較1超重雷装艦北上改二北上改比較2
超重雷装艦北上改二北上改比較3超重雷装艦北上改二北上改比較4
超重雷装艦北上改二北上改比較5

……公式コラボでもないのにピットロードはよくこれを発売する気になったと思います、ええw

次の更新候補は、
重巡洋艦「愛宕」(徹底ディティールアップ版)
給糧艦「伊良湖」
駆逐艦「島風」(1/350)
海賊戦艦「アルカディア号」(さよなら銀河鉄道999版)
61式戦車(機動戦士ガンダムMS IGLOO版)
さてどれにしよう……。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR