イタリア海軍戦艦「ローマ」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新はイタリア海軍の条約型戦艦(建前)、「リットリオ」級4番艦「ローマ」です。
日本では同級の呼称として「ヴィットリオ・ヴェネト」級と呼ばれる事が多いのですが、予算措置上の1番艦は「リットリオ」であり、イタリア海軍の公式HPでも同艦がネームシップとして扱われているので「リットリオ」級で統一させて頂きます。

イタリア海軍は第一次大戦終了後に大規模な海軍拡張計画を推進せず、1920年代末までは保有する4隻の旧式弩級戦艦のうち2隻が実働状態にあるのみでした。
しかし1930年代に入りドイツ海軍が装甲艦「ドイッチュランド(後に「リュッツオー」へ改名)」級を就役させ、フランス海軍が同級への対抗措置として中型戦艦「ダンケルク」級を起工、「ダンケルク」に対抗する為に今度はドイツ海軍が「シャルンホルスト」級の建造を計画、さらにフランス海軍がこれへの対抗措置として「ダンケルク」級2番艦「ストラスブール」の追加建造に走るなどイタリア
海軍を取り巻く環境は激変していました。
そしてイタリア海軍は短期的な対抗措置として保有する旧式戦艦4隻中2隻へ魔改造近代化改装を行い「ダンケルク」級に対抗可能な性能を持たせる事を計画(コンテ・ディ・カヴールとジュリオ・チェザーレの2隻)し、長期的な対応として建造の権利を保有していながら行使していなかった条約型戦艦2隻の建造を決定、この新規建造枠において建造されたのが今回紹介する「ローマ」を含む「リットリオ」級になります。

「リットリオ」級は条約型戦艦と呼ばれてはいるものの、条約限界である基準排水量35000トンでは攻防走を満足させる事が不可能と判断したイタリアは軍縮条約からの脱退を前提として「リットリオ」級を設計、基準排水量41000トンの大戦艦として完成する事になりました。
「ローマ」は欧州における建艦競争の激化に伴い追加建造が決定した「リットリオ」級の後期建造グループに含まれる4番艦で、3番艦「インペロ」が未成に終わった為事実上の3番艦と見做される事もあります。

「ローマ」全体。
ローマ全体1ローマ全体2
ローマ全体3ローマ全体4
主砲配置は三連装砲塔を前2後1の9門で条約型としてはスタンダードな配置となっています。
工業デザインの国であるイタリアらしく、戦艦でありながらどことなく巡洋艦的なスタイリングです。


「ローマ」艦首。
ローマ艦首
艦首部分の派手な紅白ストライプは上空からの味方識別用で、イタリア海軍大型水上戦闘艦にほぼデフォでこの塗装が施されています。


「ローマ」中央部。
ローマ中央部1ローマ中央部2ローマ中央部3
中央部には副砲と高角砲が密集して配置されています。
副砲は「152mm55口径砲モデル1936」で3連装砲塔を片舷2基ずつの4基12門。
高角砲は「90mm50口径砲モデル1939」で単装砲を片舷6基ずつで合計12基12門。
イタリア戦艦が両用砲を採用せず、比較的小口径の高角砲と中口径の副砲とで分割したのは仮想敵であるフランス海軍が2500トン以上かつ13.8cm主砲を装備する大型駆逐艦を多数保有しており、これらとの交戦を前提にしていた為です。
一般的にアメリカ海軍やイギリス海軍の戦艦が両用砲を採用している事から高角砲と副砲の別個搭載は時代遅れと言われる事もありますが、現実として味方軽快艦艇による防御スクリーンを突破してくる艦が多数に上る可能性を持つ海軍にとって副砲は非常に重要なものでした。
「ダンケルク」級において両用砲を採用したフランス海軍ですら、次に計画した「リシュリュー」級では副砲と高角砲の別個搭載に戻しています。
この辺りは各国海軍が置かれた状況に大きく左右される部分であり、両用砲を採用しているから近代的、という訳ではない事に注意が必要でしょう。


「ローマ」艦尾。
ローマ艦尾1ローマカタパルト
ローマ艦尾2
艦尾にはカタパルトが設置されており、Ro43水上観測機を最大3機搭載可能でした。
真横から見ると判り易いのですが、艦尾甲板が1段低くなっています。
これは船穀重量軽減の為&主砲による爆風の影響を軽減する為と言われています。


「ローマ」主砲。
ローマ前部主砲
主砲は50口径15インチ(381mm)で砲弾重量は885kg、初速は850m/sで最大射程はなんと「大和」型戦艦を上回る44000mに達します。
とはいえ遠距離砲戦における弾着散布界が大きく、砲身命数が少ないのが欠点とされています。
 ※ただし3万mを越える距離で砲撃を受けたイギリス海軍はその弾着精度の良さに驚き早々に撤退した事例がありますので、必ずしも遠距離砲戦に向いていないと言う訳でもなさそうです。
この15インチ(381mm)砲、並みの16インチ(406mm)砲をも上回るだけの性能を有しており高初速砲で弾道が低伸する事から特に近距離での対舷側打撃力は極めて強力なものとなっています。


「ローマ」艦橋。
ローマ艦橋
比較的小型の艦橋構造で、上部に二段階に設置された測距儀は主砲射撃用と司令部の態勢観測用です。
日本戦艦などに比べると若干華奢な印象があり、この辺も戦艦というより巡洋艦的な設計思想が見え隠れするところです。


「ローマ」と「大和」。
ローマと大和1ローマと大和2
日本海軍最強戦艦である「大和」と「ローマ」比較、……塗装だけで言うとすごく地味です、「大和」。
カタログデータだけで見ると「リットリオ」級戦艦は「アイオワ」級と並んで「大和」の舷側装甲を最も遠距離(とはいえ2万m以下に接近する必要があるのですが)からぶち抜く可能性を秘めています。
艦これ提督の一人であり「艦隊これくしょん -艦これ- 鶴翼の絆」の著者である内田弘樹氏が著作の一つ「戦艦大和欧州激闘録―鋼鉄の破壊神」の中で実際に「大和」を大破に追い込ませていますが、イタリア戦艦が「大和」型戦艦に勝利した作品は他にないでしょう。

史実における「ローマ」は完成が1942年6月となり、既にイタリア海軍の最盛期は過ぎ去っていました。
燃料不足も重なり殆ど出撃する事もなくイタリア降伏を迎え、連合軍へ投降する為に移動中ドイツ空軍の爆撃機による誘導爆弾の攻撃を受け2発が命中、主砲塔弾薬庫へ引火誘爆を起した結果サルデーニャ島の北方30キロ沖合、水深1000mの海底へその姿を消しました。

次回更新は月末到着予定の「あきつ丸」「速吸」のどちらかを予定しております。
スポンサーサイト

航空母艦「龍驤」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回は日本海軍2隻目の新造空母、独特なシルエットでしょ「龍驤」です。
「龍驤」はワシントン軍縮条約の制限下において、当時日本海軍に認められていた空母保有量8万トンに含まれない、条約制限外である1万トン未満の空母として計画されました。
本来の計画では計画公試排水量9800トン、搭載機数24機と大きさと搭載数のバランスを取った上である程度の数を揃えて戦力とする事を考慮した艦となっていました。
しかし建造途中に締結されたロンドン軍縮条約において1万トン未満の空母も条約制限に含める事が決定、「龍驤」の運命が大きく変わる事となります。
元々制限外の、当時としても小型空母であった「龍驤」は制限に含まれるのであれば可能な限り搭載機を増やす事が求められ、結果当初計画の24機から常用36機+補用12機の48機を搭載する空母として計画が変更されました。

結果として海軍が求める搭載数を満たす事には成功したものの、水線幅に比して異常な程はみ出た上部構造物、そして極めて低い艦首及び艦尾乾舷を持つ事となります。
さらに89式12.7cm連装高角砲を片舷3基、計6基12門を搭載するという重武装で建て増しされた上部構造物と合わせてトップヘビー著しい艦として1933年5月に竣工しました。
竣工後の1934年に水雷艇「友鶴」がトップヘビーによって転覆するという事故が発生、この事故による各種艦艇の性能改善工事は「龍驤」もその対象となり、高角砲2基の撤去やバラストの搭載等の工事を行い外観に多少の変化が出る事となります。

さらに翌年1935年には岩手県沖で台風による大規模海難事故「第四艦隊事件」によって艦橋前壁が大破、後部格納庫扉が波浪で破壊され格納庫への浸水を蒙る等の損害を受ける事となりました。
この事件による損傷復旧工事では艦橋前壁の形状変更や艦首甲板の嵩上げ(1層分の甲板追加)を行い、ようやく安定して使用出来る空母となります。
「龍驤」は小型ながら28~9ノットと空母として充分に使用し得る最大速度を持ち、新型機に対しても一定の運用能力を維持出来た事が後の活躍に繋がります。
模型はこの損傷復旧工事後の姿をベースに、「艦隊これくしょん」でのif改装である「改二」状態(艦尾近くに12cm28連装噴進砲を装備したもの)を再現したものとなっています。


まずは全体から。
龍驤全体1龍驤全体2龍驤全体3
龍驤全体4龍驤全体5
全長は180mながら飛行甲板は158mと日本海軍が建造した25隻の空母中最も短いものとなっています。
これは日本海軍最初の空母「鳳翔」が全長168mと12mも短かったのにも関わらず竣工時で168m、外洋行動能力を諦めて練習空母化された際には180mの飛行甲板を持っていた事を考えるといかに短かったかが判ると思います。
狭い飛行甲板ながら「龍驤」が第一線で使用出来たのは改装後でも28ノットを発揮出来た高速性能のおかげでした。


「龍驤」正面。
龍驤艦首正面
逆ハの字型になっているのが判ると思います。
水線下には浮力保持用のバルジが設けられているのでそのまま船体が窄まっている訳ではないのですが、いかにもバランスの悪そうな外観である事が判ります。
この正面から見た形状も「独特なシルエット」と呼ばれる原因と言えます。


「龍驤」艦首部分。
龍驤艦首
艦橋前壁部分で飛行甲板が断ち切られたような形状となっています。
日本海軍が完成させた後の改装空母「瑞鳳」「千歳」等は飛行甲板が艦橋を越えて設置されており、これが側面から見た場合の大きな違いとなっています。
世界的に見てもこのような形状を採用した空母は他になく、これもまた「独特なシルエット」の一つと呼べるでしょう。


「龍驤」中央部分(右舷)。
龍驤中央部
艦首側に89式12.7cm連装高角砲を片舷2基(合計4基)装備。
その後方に日本海軍の空母では標準的な下部屈曲型煙突(右舷のみ)が設置され、前側の高角砲の間には昇降機を装備してます。


「龍驤」艦尾。
龍驤艦尾
艦尾甲板が極めて低い位置にあるのが一目瞭然で、上部構造物の最後尾には格納庫に通じる扉があります。


「龍驤」艦尾飛行甲板。
龍驤艦尾甲板
画像右側の後部昇降機は前部昇降機と比べてかなり小さく、使用出来る艦載機が限られていた為に「龍驤」側からは能力の向上もしくは廃止するような上申があったとも言われています。
「龍驤」は昭和17年の第二次ソロモン海戦において戦没しており、「瑞鶴」などが装備した12cm28連装噴進砲を装備した事実はありません。
しかしこの「龍驤」はアオシマの艦これコラボモデルとしてゲーム中の「改二」改装再現用パーツとして同装備を取り付けた状態が再現できるようになっています。
中央付近に2基装備された箱型のものがこの12cm28連装噴進砲で、こういった「お遊び」が一般販売されるモデルで行えるようになった事に隔世の感を覚えます。


「龍驤」は昭和12年の日華事変に出動、「加賀」「鳳翔」などと共にAP通信によってその活動を世界に報道されています。
昭和14年には猛烈な夜間着艦訓練により毎月殉職者を出すといった状況で、「赤鬼青鬼も龍驤の名を聞けば後ずさる」とまで言われたほどの猛訓練で知られて&恐れられていました。
対米開戦劈頭にはフィリピン方面唯一の空母として活躍、続く蘭印攻略作戦でも獅子奮迅の活躍を見せ、同艦に座乗していた角田覚治少将の勇猛果敢な性格も手伝って「航空母艦な

のに敵哨戒艇を追いかけ搭載している高角砲で撃沈する」という空母らしからぬ記録まで残しています。
ミッドウェー海戦時には別動隊として航空母艦「隼鷹」と共にアリューシャン方面の攻撃を担当、ダッチハーバー空襲を成功させるものの主隊である南雲機動部隊が壊滅し撤退を余儀なくされました。
この戦いにおいて「龍驤」所属の零戦が敵地に不時着、この機体が後に米軍に鹵獲される事となります(アクタン・ゼロ)。

そして機動部隊が再編成され、「龍驤」は「隼鷹」「飛鷹」と共に新生第二航空戦隊を編成。
しかし「龍驤」は第二航空戦隊の一員として出撃する事はなく、第一航空戦隊に配属されていた「瑞鳳」の出撃準備が間に合わなかった為に同艦の代理としてソロモン海に出撃、第二次ソロモン海戦において米空母「サラトガ」からの攻撃隊により複数の爆弾、魚雷が命中。
小型空母の「龍驤」はこの打撃に耐え切れず、大破炎上して航行不能となり攻撃開始から4時間後にガダルカナル島北方で艦尾から沈没しました。

次回はイタリア戦艦「ローマ」の予定。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR