陸軍丙型特種船「あきつ丸」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回は前回と同じく明らかに「艦これ」の影響でキット化された「あきつ丸」です。
……軍事マニアの中でもマイナーどころの話じゃない船ですが、これが商業ベースでペイすると判断されてキット化されるんだから恐ろしいw
静岡模型三社が艦これ運営に感謝状を出したのもうなずけます。

日本陸軍は明治以降基本的に外征軍として発達・拡大してきました。
外征軍とは文字通り「外で戦う」軍隊であり、島国の日本から外に出る=船舶輸送を行う、という事になります。
第一次世界大戦の戦訓を研究した日本陸軍は1920年代から「上陸作戦専用船」を研究し始め、歩兵揚陸用の小型発動艇(小発)や戦車/車両揚陸用の大型発動艇(大発)の開発に成功、さらにそれらを搭載する母船の研究を始めました。
この研究によって建造されたのが世界初の強襲揚陸艦とも呼ばれる「神州丸」です。
そして今回紹介する「あきつ丸」はこの神州丸の成功を受けてその発展改良型として建造されました。

あきつ丸全体。
あきつ丸全体1あきつ丸全体2
あきつ丸全体3あきつ丸全体4
模型の「あきつ丸」は1944年に対潜哨戒機を運用出来るように改装された時代のものとなっています。
とはいえ就役当初より飛行甲板そのものは設けられており、改装前は車両搭載や航空機輸送用のスペースとして用いられていました。
あきつ丸全体5
外見だけを見ると小型のブリッジや煙突がある分、海軍が商船を改装した小型空母(大鷹型、神鷹、海鷹等)に比べより空母らしい姿となっています。
また船体の基本形は一般的な商船と同じであり、上部構造物の高さを減じる事で全通式飛行甲板を設置しています。
船体中央部は構造物が飛行甲板に繋がっていますが、前後は左右両舷に設けられた支持構造で支えられてるのが判ると思います。

あきつ丸船首。
あきつ丸船首
ピントが飛行甲板前端になっているのでぼやけてしまっていますが、船首には88式7.5センチ高射砲を左右両舷に各1基ずつ装備。
飛行甲板前端部分に載っている機体は萱場製作所製の「カ号観測機」、一見ヘリコプターに見えますがオートジャイロという別の機体で、当初は対潜警戒用に用いる予定でしたが後述の「三式連絡機」が搭載される事になります。
あきつ丸船首2

あきつ丸中央部。
あきつ丸中央部1あきつ丸中央部2あきつ丸飛行甲板2
左側はブリッジ付近を右舷正横から見たもので、かなり小型の船橋と煙突である事が判ります。
両者の間に設けられている構造物は搭乗員待機所。
真ん中と右は船橋付近を俯瞰したもので、「目」の字に見える部分は着船制動装置です。
甲板上に駐機しているのは「三式連絡機」で対潜哨戒用に爆雷を搭載出来るよう改造されていました。
左右両舷に25mm単装機銃を各3基装備しており、機銃座には着船指示灯が装備されています。

あきつ丸船尾。
あきつ丸船尾1あきつ丸船尾2あきつ丸船尾3
飛行甲板最後部にエレベーターを装備しており、ここで搭載機を昇降させます。
格納庫には最大13機の収容が可能と言われていますが、三式連絡機を収めるには斜めにする必要があり、行き違う事も出来なかった為に入れ替えは相当な苦労を伴ったとか……(運用期間は事実上テストのみでしたが)。
船尾の砲座に船首と同じく88式7.5センチ高射砲が両舷各1基、最後部には対潜攻撃用の12cm対潜迫撃砲を装備。
あきつ丸は元が神州丸と同じ揚陸作戦用の船であり、それを象徴する装備が船尾に設けられた扉です。
内部には大発や小発を搭載する格納庫があり、上陸作戦時には船内の格納庫に設けられた軌条の上を大発や小発が移動、船尾扉を開くとシーソー式の発進装置から順次海面へ滑り落として連続発進が可能となっていました。
なお、ウィキペディア等でこの格納庫を「ウェルドック」と表記の上神州丸やあきつ丸を「ドック型揚陸艦」としていますがこの格納庫はドックと違って注水可能なようには出来ておらず、ドック型揚陸艦とは呼べない構造となっています(注水可能なドックを持つ世界初のドック型揚陸艦は米アシュランド級)。

あきつ丸は1941年1月に完成、その後すぐに蘭印攻略作戦に従事。
蘭印攻略作戦終了後は大きな積載能力と揚陸能力を活かし、本土からの兵員/物資輸送任務に当たりました。
特にソロモン戦が激化し空襲も日常的となったラバウルへの輸送を3回も行い、同地に展開する陸軍航空隊への補給任務を成功させている事は特筆すべき戦果と言えるでしょう。
そして米潜水艦の脅威に対処する手段の一つとして上述の通りあきつ丸は対潜哨戒機を搭載し船団護衛を行う為の改装を受ける事となります。
1944年7月末に改装完了、三式連絡機を装備した独立飛行第一中隊を搭載の上輸送&対潜哨戒任務を行う事となり、当初は日本海航路(対馬海峡)を主とする護衛作戦を実施したものの、この時期は米潜水艦が同海域に出撃していなかった為対潜戦闘を行う事はありませんでした。
同年11月、フィリピン方面への緊急輸送任務があきつ丸に命じられ、門司~シンガポールの輸送任務に就く「ヒ81船団」に参加、途中まで同行する事になります。
この時あきつ丸にはフィリピンへの増援である歩兵連隊の便乗者約2500名とその装備に加えフィリピン防衛に必要な装備を満載、飛行甲板上には四式肉薄攻撃艇(通称「まるレ:○の中にレ」)を搭載、三式連絡機の運用は不可能となっていました。
そして集結地の伊万里湾を出撃したあきつ丸は出港翌日に長崎県五島列島沖にて米潜水艦「クィーンフィッシュ」の雷撃を受け弾薬庫が誘爆、船尾付近が吹き飛ばされ急速に浸水、撃沈されました。

あきつ丸は改装前の時点でも発進のみとはいえ航空機10機以上を搭載可能で、さらに多数の上陸用舟艇を出撃させられるという現代の強襲揚陸艦が持つ要素を備えた画期的な存在でした。
陸軍がこのような船舶を研究開発した事は第一次大戦における上陸作戦を真摯に研究した結果であり、その柔軟性は大きく評価されるべきだと思います。
さらに米潜水艦の脅威が拡大する中で対潜哨戒機の母船とする改装を決めた陸軍の判断は海軍のそれより現状認識という点において勝りこそすれ劣るものではありません。
以前紹介した三式潜航輸送艇の開発経緯もそうですが、戦争末期の海軍は「航路護衛」に対する危機感があまりにも薄かったように思えます。

次回更新予定は改装空母「隼鷹」。
スポンサーサイト

給油艦「速吸」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回は艦これブームのおかげで製品化が実現した特務艦(給油艦)「速吸」です。
……写真が1枚しか現存していない、それも雷撃を受け沈みつつある姿のみで事実上図面しか資料がない艦がよくぞキット化されたものと思います、割と本気で。
それだけ「艦これに登場した艦」というのは模型業界にとって大きな影響を持つ事になったと言えるのでしょうね。

「速吸」は書類上は「風早」型給油艦の2番艦となっていますが、船団参加時に対潜哨戒を自前で実施する為の水上機運用能力を求められ、「風早」とは大きく異なる艦容を持つ事になりました。
しかし設計中に発生したミッドウェー海戦における主力四空母の喪失に伴い、中・大型正規空母の攻撃能力を補う為に当時開発中であった十六試艦攻兼爆(後の「流星」)を搭載する事が決定、発進専用の補助空母として建造される事となります。

かなり特異な生い立ちを持つ「速吸」ですが、まずは全体から。
速吸全体1速吸全体2
速吸全体3速吸全体4
全体としては二島型(前後に離れて2つの上部構造を持つ型式)の一般的なタンカーと同じ姿を持っています。
著しく異なるのは艦橋を含めた前部上構と煙突を中心とした後部上構に挟まれた中央部で、艦橋直後の右舷に大重量の搭載基に対応した一式二号11型射出機1基を装備、その後方に水上機/流星を最大6機搭載出来る飛行作業甲板が設けられています。

その飛行作業甲板。
速吸飛行作業甲板
射出機の旋回圏に合わせて飛行作業甲板が半円を描く形で切り欠かれています。

飛行作業甲板を左舷ほぼ正横から。
速吸飛行作業甲板2
飛行作業甲板の下はそのままタンカーとしての甲板となっており、格納庫等はありません。
搭載しているのは零式水上偵察機で、画面中央に25mm三連装機銃の銃座が見えます。

「速吸」艦首。
速吸艦首1
速吸艦首2
艦首に八九式12.7cm連装高角砲1基を装備、また艦橋構造直前に門型ポストが配置されていて艦首方向からでは艦橋が良く見えない状態となっています(艦橋からの見通しは悪くないはず)。
左舷に見える「====」の構造は蛇管(給油ホース)を通す為のもので、縦引(補給艦の前後に受給艦を配置する洋上給油法)での補給作業に用います。

「速吸」艦橋。
速吸艦橋1
前方/斜め前方からでは艦橋がクレーン用の門型ポストの蔭になってしまうので右舷正横から。
門型ポストに装備されたクレーンは横引(補給艦の左右に受給艦を配置する洋上給油法)での補給作業時に舵管をぶら下げる為に使用します。
また艦橋前に置いてある防舷物(接触した際に衝撃を吸収させる為のもの)を移動させる場合にも用いられます。
艦橋横にも25mm三連装機銃が装備されています。

「速吸」艦尾。
速吸艦尾1速吸艦尾3速吸艦尾2
艦尾にも八九式12.7cm連装高角砲を1基装備、煙突後部には25mm連装機銃、前方左右両舷に25mm三連装機銃を各1基装備しており、25mm機銃は戦訓に伴い建造中に当初予定より増備されたものとなっています。

後部クレーン。
速吸クレーン
水上機収容用のクレーン。
零式水上偵察機は発進後に帰投・収容を行う事が出来ますが、流星は発進させたらそれっきりで近場の飛行場や味方空母への帰投、或いは着水させて搭乗員のみ収容という前提となっています。
また左舷のクレーン基部の下には恐らく泊地での運用を考慮したと思われる陸軍の大型発動艇(大発、海軍名称は十四米特型運貨船)を1隻搭載。

マリアナ沖海戦において事実上第一補給部隊旗艦として行動、給油艦としての任務を果たすものの同海戦において艦橋直後の甲板に爆弾の直撃を受け損傷、しかし「戦闘航海ニ支障ナシ」の報告をしつつ戦闘行動を継続、士気の高さを示しました。
同海戦後に呉海軍工廠において損傷個所の修理を実施、1944年8月には艦隊へ復帰して「速吸船団(ヒ71船団)」を編成、石油輸送の為に南方へ向かう事となります。
この船団はフィリピン防衛の為に陸軍将兵を満載した輸送船や「速吸」と同じく石油輸送を目的としたタンカー、さらに給糧艦「伊良湖」、護衛艦艇等合計20隻で構成された大規模なものでした(大西洋では100隻以上の船団も普通でしたが……)。
しかし「速吸船団」はバシー海峡を航行中に米潜水艦の攻撃を受けタンカー「永洋丸」が大破落伍(駆逐艦「夕凪」の護衛の元台湾高雄へ退避)、さらにフィリピンルソン島北部ラオアグ沖で護衛空母「大鷹」が米潜水艦の雷撃によって撃沈されてしまいました。
護衛部隊の要とも言える護衛空母「大鷹」の喪失によって船団各船は単独かつ全速力で各自退避行動を開始。
そして「速吸」は退避中に米潜水艦「ブルーフィッシュ」の雷撃により魚雷2本が命中、行動能力を喪失した所にさらにトドメとなる魚雷3本が命中しフィリピン北部西岸のビガン沖にて撃沈されました。
この攻撃の際に米潜水艦「ブルーフィッシュ」から撮影された沈みゆく「速吸」が上述の通り彼女の姿を記録する唯一の映像となってしまったのです。
艦隊型給油艦兼補助空母として特色ある艦容を持つ「速吸」でしたが、その生涯において攻撃機の運用を行う事はついにありませんでした。

次回更新は陸軍特殊船丙型「あきつ丸」もしくは25日以降の更新だと航空母艦「隼鷹」のどちらかになる予定。

重巡洋艦「高雄」(フルディテールアップ版)&艦娘「高雄」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

予定を変更して今回は重巡洋艦「高雄(1944)」です。
以前紹介した「愛宕」の姉妹艦かつ高雄型重巡洋艦1番艦となります。
「高雄」と「愛宕」は近代化改装を受け3番艦「摩耶」、4番艦「鳥海」とはかなり異なる艦容となっています。
模型は1944年10月の姿で、レイテ沖海戦の状況を再現したものとなっています。

まずは全体から。
重巡高雄全体1重巡高雄全体2
重巡高雄全体3重巡高雄全体4
全体としては以前紹介した「愛宕」とほぼ同じで、目立って違うのは無線用空中線の張り方でしょうか。

ピラミッド式に配置された艦首主砲群と1番主砲周囲に配置された25mm単装機銃。
重巡高雄艦首主砲

機銃を増備して後方からの航空攻撃に備えた艦尾。
重巡高雄艦尾

開戦時より大幅に機銃が増備された艦中央部。
重巡高雄中央1重巡高雄中央2
重巡高雄中央3重巡高雄中央4

現代の「こんごう」型護衛艦にも通じる形状をした艦橋構造。
重巡高雄艦橋1重巡高雄艦橋2
「こんごう」型が就役した際に諸外国の艦船ファンから「タカオ・クラスの再来」と言われたのも理解出来ますw

「高雄」は開戦時第二艦隊第四戦隊に所属して近藤信竹中将の指揮の下南方作戦に従事、1942年初頭にはジャワ海で蘭印作戦に参加、この間に米駆逐艦「ピルスバリィ」撃沈などの戦果を挙げています。
1942年6月には僚艦「摩耶」と共に第四戦隊第二小隊を編成、「隼鷹」「龍驤」らと共にミッドウェー作戦の支作戦となるアリューシャン攻撃に参加、同年中に第二次ソロモン海戦、南太平洋海戦、第三次ソロモン海戦に参加するも大きな戦果はなく、昭和18年を迎える事となります。
昭和18年11月、ラバウルに停泊して重油補給中に米機動部隊による空襲に遭遇。
この空襲で1、2番主砲の間に爆弾が命中したまたま開いていた1番主砲の後部扉より爆風が浸入、主砲用装薬の引火誘爆により戦死者23名を出して内地回航を命ぜられ、横須賀で修理を行いました。
この修理の際に対空機銃を増備、マリアナ沖海戦に参加するも日本海軍は正規空母2隻と商船改装の中型空母1隻を失い惨敗、「高雄」はさらなる機銃増備と共に次の戦いに備える事となります。
そして1944年10月、レイテ沖海戦に栗田艦隊に所属してブルネイを出撃。
しかし出撃翌日の10月23日、フィリピンのパラワン島沖において0634に米潜水艦「ダーター」による雷撃を受け2本が命中、第3、第4缶室がこの雷撃によって使用不能となり外部推進軸のスクリューも喪失、「高雄」は洋上に停止してしまいます。
それでも必死の復旧作業によって2144にはかろうじて11ノットの速度で避退を開始、夕雲型駆逐艦「長波」「朝霜」、水雷艇「鵯」に護衛され10月25日にブルネイへ帰投する事に成功しました。
パラワン島沖では「高雄」の他に姉妹艦である「愛宕」「摩耶」が共に米潜水艦の雷撃を受け撃沈されており、開戦以来第4戦隊を編成し第2艦隊の中核として行動してきた「高雄」型にとって最悪の厄日となってしまったのです。
さらに「高雄」がブルネイに帰投した25日には「鳥海」がサマール沖海戦で沈没しており、僅か三日の間に高雄型は長女である「高雄」以外の全てが戦没してしまった事になります。
唯一残った「高雄」は11月に入って駆逐艦「清霜」の護衛を受けシンガポールに移動、本土回航の為の修理を行う予定でしたが同地の防衛用として使われる事が決定、損傷した艦尾を切断の上迷彩塗装が施される事となりました。
その後は高角砲や機銃を陸揚げし、主砲による対空戦闘を任務としつつ終戦を迎え、「高雄」は英軍に接収され一時期はホテルシップとして使われましたが1946年に同じく艦尾を損傷してシンガポールに残されていた「妙高」と共に自沈処分が決定。
同年7月8日にマラッカ海峡にて「妙高」の処分が行われ、10月29日に「高雄」の処分が実施されました。
この時艦尾に自沈用爆薬を設置、キングストン弁を開いて注水を開始した後に爆薬に点火、さらに英軽巡洋艦「ニューファンドランド」の砲撃を受けつつ「高雄」は艦尾からマラッカ海峡へ沈んでいきました。


続いてキューズQから発売された艦娘「高雄」です。
以前紹介したキューズQ「愛宕」に続く高雄型第二弾です。

まずは全体から。
キューズQ高雄1キューズQ高雄2キューズQ高雄3キューズQ高雄4
上半身は「愛宕」と殆ど同じですが、下半身が大きく違いミニスカートとなっています。
艤装はほぼ同じものを装備していますが、艦橋型の肩掛け鞄(?)が愛宕の左脇から右脇になっています。

上半身。
キューズQ高雄5キューズQ高雄6キューズQ高雄8
愛宕並みにボリュームのある胸部装甲が大きな存在感を放っていますw

頭部。
キューズQ高雄7
「愛宕」は帽子にマグネットが仕込んでありましたが、「高雄」は左手で帽子を抑えるポーズなのでマグネットはありません。

下半身。
キューズQ高雄9キューズQ高雄10
膝上ニーソとスカートの間に絶対領域、下半身にはガーターベルトに装備した水上偵察機と踵から伸びている部分以外に目立つ艤装はありません。

ぱんつは黒。
キューズQ高雄11

高雄と高雄。
艦娘高雄と重巡高雄1艦娘高雄と重巡高雄2

高雄と愛宕。
キューズQ高雄&愛宕キューズQ高雄&愛宕2キューズQ高雄&愛宕3キューズQ高雄&愛宕4
キューズQ高雄&愛宕5キューズQ高雄&愛宕6

キューズQ「高雄」でした。
「愛宕」に引き続き文句のつけようがない良い出来で一安心。
……1諭吉を越える価格なので、これくらいのクオリティを維持してくれないと買う側としては困るという部分はあるのですけれども。
艦これ関係のフィギュアは出来の差がかなり大きく、デコマスで安心していたら現物でがっくり、というパターンも相応に発生しています。
量の増加は質の低下、という事にならないようメーカーさんには頑張ってほしい所ですね。

次回は給油艦「速吸」か陸軍特殊船丙型「あきつ丸」のどちらかを予定。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR