朝潮型駆逐艦「霞」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

久しぶりの連続更新、本日は朝潮型駆逐艦の9番艦である「霞」です。
特型駆逐艦を建造後、軍縮条約による制限で艦の排水量が制限され、初春型、有明型、白露型と中型駆逐艦を整備してきた日本海軍でしたが、「霞」が所属する朝潮型においてようやく排水量制限がなくなり、2000トンの艦隊型駆逐艦として計画・建造されました。
主砲として三年式50口径12.7cm連装砲3基、92式61cm四連装魚雷発射管2基に次発装填装置を備え、排水量の拡大に伴い日本海軍が理想とする兵装を実現する事が出来ました。
その反面最大速度は34.85ノットと要求である35ノットに僅かに及ばず、航続距離も18ノットで4000海里と若干不足気味となってしまい、これらの解決は続く陽炎型でなされる事となります。
今回の「霞」は後述の礼号作戦に参加した際の姿となっています。

「霞」全体図。
霞全体1
駆逐艦らしいシャープな姿で、主砲は前部に1基、後部に2基装備、魚雷発射管は第一・第二煙突間に1基、第二煙突と後部構造物の間に各1基装備しており、初春型以降の日本駆逐艦の基本的な兵装配置を踏襲しています。

「霞」艦首。
霞艦首
日本海軍が戦前に建造した駆逐艦に共通するダブルカーブド・バウとなっています。
霞艦橋
艦橋前には機銃台が設置されて96式25mm連装機銃1基を装備、前部マスト中段には22号対水上電探を装備。

「霞」中央部。
霞中央部
1番魚雷発射管から後部構造物までの間に「1番魚雷発射管>2番煙突両脇に1番発射管用次発装填装置>2番魚雷発射管>構造物左舷に2番発射管用次発装填装置」と60m近くに渡って隙間なく魚雷が並ぶという配置になっています(下写真参照)。
霞魚雷兵装配置
流石にこれは誘爆の際に危険過ぎると言う事で、次の陽炎型では1番発射管用次発装填装置は1番煙突の両脇へ装備位置が変更されています。

「霞」艦尾。
霞艦尾
激化する航空攻撃への対処の為に後部構造物上の2番主砲を撤去、96式25mm三連装機銃が2基増備されています。
霞後部構造物
また見づらいですが後部マストには13号対空電探を装備。艦尾は爆雷兵装に加え25mm単装機銃が増備されており、大戦後半の対空戦闘がいかに熾烈なものであったかを物語っています。

「霞」俯瞰図。
霞俯瞰図
全体の兵装配置が良く判ります。

艦これでは提督に悪態をつく艦娘となっており、人により好悪がはっきり分かれるのではないかと思います。
「霞」の態度は1942年6月にキスカ島沖で濃霧のために仮泊中のところを米潜水艦「グロウラー」により雷撃され、「霞」「不知火」は大破、「霰」が轟沈するなど一瞬にして第十八駆逐隊が壊滅、「十八駆は油断していたのではないか」と「霞」に座乗していた第十八駆逐隊司令が上層部から非難され責任を取る形で割腹自殺を遂げた事による上層部不信が影響しているのではないかと思われます。
しかし「霞」は上記のような陰惨なエピソードだけではなく、1944年12月に行われたミンドロ島サンホセへ入港した米艦隊への攻撃を行う「礼号作戦」に参加、帝国海軍最後の艦隊戦闘において司令官である木村昌福提督の旗艦として勝利を飾った艦でもありました。
この作戦には他に重巡洋艦「足柄」、軽巡洋艦「大淀」、さらに新鋭駆逐艦である夕雲型の「清霜」「朝霜」も参加していたのですが、木村少将は乗艦経験があり艦の将兵をよく知っている事から旗艦を「霞」に定めたと言われています。
キスカ島から奇跡の撤退作戦を成功させた木村少将に率いられた「霞」を旗艦とする第二水雷戦隊は1944年12月24日に仏領インドシナのカムラン湾を出撃。
「霞」以下駆逐艦「朝霜」「清霜」「榧」「杉」「樫」、軽巡洋艦「大淀」、重巡洋艦「足柄」の8隻はフィリピンのミンドロ島サンホセへ向かいます。
往路で駆逐艦「清霜」が爆撃により炎上停止して落伍、この際木村少将は「位置を入れておけ、帰りに拾う」として進撃を続行。
そしてサンホセのあるマンガリン湾へ突入、湾内の輸送船団へ攻撃をかけ輸送船「ジェームス・A・ブリーステット」を撃破の後、地上の物資集積所へ艦砲射撃を行いこれを炎上させ帰路につきます。
「清霜」が落伍した場所には既にその姿はなく、漂流中の「清霜」乗員を救助する為に木村少将は「これより「清霜」の救助に旗艦があたる。各艦は合同して避退せよ」との命令を発し、「霞」は機関を停止して生存者の救助に当たりました。
途中から「朝霜」も救助に参加、最終的に「清霜」乗員342名中258名を救助しカムラン湾へ帰投する事となります。
そののち「霞」は昭和20年4月の天一号作戦に参加、大和と共に出撃するも空襲を受け大破、航行不能となり駆逐艦「冬月」が乗員を救助の上砲撃により自沈処分とされました。


以上、朝潮型駆逐艦「霞」でした。
どうもキャラ付けとしてはキスカ島での被雷による駆逐隊司令自決に伴う上層部不信という面が強く出過ぎている気がします。
最後に書いた通り日本海軍水上艦部隊最後の組織的戦闘による勝利、その艦隊旗艦という栄誉を担っているのですからこちらの部分も強調して欲しかったなぁ、というのが個人的意見。

次回は睦月型駆逐艦「睦月(北方迷彩仕様)」の予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR