特型駆逐艦「吹雪」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新は駆逐艦史上において極めて大きなエポックメーキングとなった特型駆逐艦1番艦艦これの地味な主人公こと「吹雪」です。
特型駆逐艦はワシントン軍縮条約の締結により主力艦である戦艦や空母、大型の補助艦である巡洋艦等の制約を受けた日本海軍が計画した大型駆逐艦です。
大型の一等駆逐艦と中型の二等駆逐艦を並行整備していた日本海軍でしたが、軍縮条約の締結に伴い駆逐艦の建造を大型の一等駆逐艦のみとする方向へ方針を転換、その第一弾として峯風型最終系列である「睦月」型を計画・建造しました。
そして「睦月」型と同時に計画されたのが今回紹介する特型駆逐艦で、今回のキットはヤマシタホビー初のフルキットとして発売された「吹雪」を使用しています。

まずは全体から。
吹雪全体1吹雪全体2吹雪全体4吹雪全体3
船体については「睦月」型からの大きな違いとして船首楼が延長され、艦橋が船首楼後端に設置されている事が挙げられます。
この為「睦月」型に比べ全体としてのシルエットが高くなっています。

「吹雪」艦首。
吹雪艦首
「吹雪」の主砲は「睦月」型までの45口径三年式12cm砲から50口径三年式12.7cm連装砲に変更されました。
特Ⅰ型に装備された砲塔はA型と呼ばれるもので、軽量化の為に左右の砲身が同一の砲架に固定されており個別俯仰が出来ないタイプです。
砲室を囲む外板の厚さは3.2mmで装甲防御能力はなく、砲員を波浪から守る為のものとなっています。


「吹雪」中央部その1。
吹雪中央部1
1番煙突と2番煙突の間に1番61cm三連装魚雷発射管を装備。
この魚雷発射管は「睦月」のキットでは再現されていなかった中央発射管の位置が左右より高くなっている部分もきちんと再現されています。
対空兵装としては2番煙突の前には機銃台が設置され、九三式13mm連装機銃を2基装備しています。


「吹雪」中央部その2。
吹雪中央部2
2番煙突と後部上構の間に2、3番発射管、後部上構の上に2番砲塔を装備しています。
左舷2か所に見える木材は応急処置に使用する為のもの。


「吹雪」艦尾。
吹雪艦尾1吹雪艦尾2
2、3番主砲は後部に背負い式に配置されており、これは全体の重量配分もよくバランスのとれた配置となりました。
アメリカ海軍では「アレン・M・サムナー」級と「ギアリング」級で日本海軍と同じく連装砲3基を装備しましたが、この両級は艦首に連装砲2基を背負い式に装備した為に重量バランスが悪く、戦後に計画された「フォレスト・シャーマン」級では54口径5インチ単装速射砲を日本海軍と同じく艦首に1基、艦尾に背負い式で2基装備するように改められています。
もしかしたら「フォレスト・シャーマン」級の設計には日本海軍の駆逐艦が参考にされたのかもしれません。
さらに対潜兵装として九四式爆雷投射機を1基装備しており、爆雷搭載数は平時定数18発。


「吹雪」艦橋。
吹雪艦橋
全周をクローズした構造となっており、荒天下でも操艦に影響が出ないようになっています(「睦月」型は就役時天蓋がキャンバス張り)。
艦橋右舷の緑色の塗装は航海灯で、左舷側は赤色になっています。
航海灯は夜間航行時に方向を示すもので、艦首と艦尾には白灯を装備し色の見え方で進行方向を確認する事が出来ます。
各航海灯の視認範囲は、
前部灯>船体中心線から左右にそれぞれ112.5度
右舷灯>船体中心線から右に112.5度
左舷灯>船体中心線から左に112.5度
後部灯>船体中心線から船尾方向にそれぞれ67.5度
となっています。
これにより「白・緑・白」で灯火が見えていればその船は向かって右に進んでいる事になり、「緑・白・赤」で灯火が見えていればこちらに向かってきている事が解ります。
この航海灯は国際ルールに定められているもので、現代でもそのまま使用されています。


「吹雪」吸気口。
吹雪中央部3吹雪中央部4
1番煙突の後部左右と2番煙突の後ろ側にある金網のついたキセル状の構造物は缶室への吸気口です。
この構造は特Ⅰ型のみに採用された型式で、特Ⅱ型以降は煙突基部にお椀を逆さまにした形状へ変更(参考:特Ⅱ型「漣」)されています。

「特型」駆逐艦はカタログスペックだけを見た場合、「睦月」型の12cm単装砲4基>12.7cm連装砲3基、61cm三連装発射管2基>同3基と一気に1.5倍もの火力・雷撃力を得た事が一番の違いとなります。
しかし「特型」駆逐艦の本領は強化された兵装ではなく、当時の軽巡洋艦に匹敵する(一部上回る)外洋行動能力です。
当時の駆逐艦は荒れる外洋ではカタログ上の戦闘能力を発揮する事が出来ず数量=戦力とは言い難い状況で、日本海軍は他国の駆逐艦が戦闘出来ないような状況でも戦力として計上出来る外洋行動能力の高い駆逐艦を求めた末に生まれたのが特型駆逐艦でした。
特に主砲を砲室に収めた事は荒れる海でも砲員が安全に主砲の操作を出来る事を意味し、カタログスペック以上の有効性を特型に与える事に成功、加えて連装砲の採用により全体重量の軽減が可能となり、これが連装3基という砲数の実現に繋がりました(当初計画では12cm連装2基とされていました)。
しかしながら排水量を抑える為の軽量構造が災いし第四艦隊事件で強度不足を露呈したものの、太平洋戦争開戦までには諸問題を全て解決。
日本海軍駆逐艦戦力の一翼を担う有力艦として23隻の同型艦と共に苛烈な戦場へ投入され、特Ⅱ型の「潮」、特Ⅲ型の「響」を除く21隻全てが戦没しました(3番艦「深雪」は戦前衝突事故により沈没)。
「吹雪」もまたガダルカナル攻防戦の最中にサボ島沖海戦において米艦隊と交戦、混乱した状況下で敵味方識別の為に不明艦へ接近した相手が米重巡「サンフランシスコ」だった為に同艦から探照灯照射を受け米艦隊の砲撃が集中、弾薬庫爆発により撃沈されました。
艦長以下220名が戦死、生存者はガダルカナル島へ漂着した8名のみでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR