1/350PLAMAX KC-01 駆逐艦×艦娘 島風

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新はマックスファクトリーから発売された「1/350PLAMAX KC-01 駆逐艦×艦娘 島風」です。
新規参入にも関わらず同型艦のない「島風」というかなりリスクのある選択だったと思うのですが、接着剤を使うのが初めての初心者にも最後まで作れるようにという配慮が随所になされており、極めて完成度の高いものになっていると思います。
特に組み立て説明書は個人的な感想としては「艦船模型からガンプラ準拠になった」とでも言いましょうか、個々のパーツ組み立てを細かく丁寧に描写しているのが非常に驚きでした。
パーツもある程度色分けがなされており、組み立て説明書にはポイントとなる部分には注釈が入っていて、例えば砲身基部のキャンバス部分の白やカッター内部のウッドブラウンなど無塗装でもここだけ塗っておくとより見栄えが良くなるような場所がきちんと明示されています。
初心者にも作り易く、1/350というスケールで見栄えのする大きさのキットが発売された事は今後の艦艇模型世界に大きな影響を与えるのではないでしょうか?

史実の「島風」に関してはこちらに書いているので、写真中心で以下掲載。
なお今までのWLと違い、船体部分も再現されたフルハルモデルとなっております。

1/350島風全体。
島風350分の1全体1島風350分の1全体2
島風350分の1全体3
キットは竣工時の姿を再現しており、機銃増備がなされていない分全体としてかなりすっきりとした姿となっています。

1/350島風艦首。
島風350分の1艦首
艦首は夕雲型までの駆逐艦が採用した緩いS字型のダブルカーブド・バウから艦首上部が突き出したクリッパー・バウとなり最大速力40ノット強の高速駆逐艦に相応しいスマートな姿となっています。

1/350島風艦橋。
島風350分の1艦橋1
島風350分の1艦橋2島風350分の1艦橋3
スケールが大きいだけに艦橋回りも細かく再現されています。
特に艦橋窓下部に設置された遮風装置(エア・スクリーンを意図的に作り出す事で無風地帯を生み出す装置。艦橋上部見張り所まで無風地帯が得られた)まできちんと再現されているのが見どころとなっています。
艦橋内部の双眼鏡等も再現されています(殆ど見えませんが……)。

1/350島風中央部。
島風350分の1艦中央部
速力と並ぶ島風最大の特徴である零式五連装発射管×3の重雷装。
一度に発射可能な射線数を重視しており、予備魚雷と急速次発装填装置は装備していません。

1/350島風煙突。
島風350分の1煙突
1基あたり25000馬力分の出力を生み出すボイラーを3基搭載、前側が2基分の、後側が1基分の排煙を受け持ちます。
2番煙突の後側に96式25mm連装機銃を2基装備。

1/350島風艦尾。
島風350分の1艦尾島風350分の1艦尾兵装
島風350分の1スクリュー
今まで何度か紹介してきた日本海軍駆逐艦とほぼ同じ兵装配置です(「春雨」以外)。
フルハルモデルなので艦尾下部のスクリュープロペラまで再現されています。

最後に1/700島風との大きさ比較。
350分の1島風&700分の1島風
……1/700は単純に半分のサイズなのですが、実際に並べてみるとそれ以上の差を感じます。
日本で1/700が主流になったのは1/350では駆逐艦程度ならともかく戦艦や空母では置き場所の問題が大きいからと言われているのも納得出来てしまいます。
以上、1/350島風でした。

次回は給糧艦「伊良湖」、もしくは戦艦「大和」を予定しております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR