給糧艦「伊良湖」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新は給糧艦「伊良湖」です。
キットはピットロードのもので、「間宮」がある程度売れた事と艦これにおいて「伊良湖」が実装された事から開発が決定したものと思われます。
……本気で5年前では考えられないレベルで補助艦やリニューアル艦の充実度が洒落にならないレベルに達しつつあります>艦艇模型世界

「伊良湖」は昭和13年度のマル3計画追加分の予算で建造された給糧艦で、「間宮」に続く海軍の正規給糧艦としては2隻目となります。
前艦である「間宮」は大正13年に竣工しましたが、その酷使ぶりは海軍が危惧を抱くほどで「伊良湖」の予算請求時にはいかに「間宮」が酷使されているかを訴えるものとなっていた程でした飲食業界は当時から超絶ブラックだったのですね
何しろ「間宮」は定期点検のドック入り期間を除くとほぼ休みなく動き回っている状態が普通で、本来の給糧艦としての任務に加え無線監査艦としての役割も果たしていたのですからある意味当然の状況ではありました。
これらの状況から海軍は必死になって予算を通す事に尽力、「伊良湖」の建造予算を通す事に成功したのです。
「伊良湖」の能力は25000人分3週間分の糧食を搭載可能とされ、「間宮」と同じく菓子類や清涼飲料を始めとした嗜好品の生産設備も充実したものとなっており、加えて「間宮」と同じく無線監査艦としての役割を果たす事が求められ、その為の無線機を30機積んでいますやっぱり超絶ブラック確定なんですね
そして「伊良湖」は文字通り戦争が始まる寸前、1941年12月5日に竣工しました。


「伊良湖」全体。
給糧艦伊良湖全体1給糧艦伊良湖全体2
給糧艦伊良湖全体3給糧艦伊良湖全体4
「間宮」に比べ建造時期に20年近い差がある為、船体形状がより近代的なものとなりました。。


「伊良湖」艦首。
給糧艦伊良湖艦首1
給糧艦伊良湖艦首2給糧艦伊良湖艦首高角砲座
艦首には10年式12cm連装高角砲を装備しており、艦首楼と中央構造物の間に物資搭載用のデリックやジブクレーンが配置されています。


「伊良湖」中央部。
給糧艦伊良湖艦中央部1
給糧艦伊良湖艦中央部2
「間宮」に比べ太くなった煙突が目を引きます。
ブリッジも「間宮」に比べ洗練された形状となっており、上構後部に25mm連装機銃を片舷各1基装備しています。


「伊良湖」艦尾。
給糧艦伊良湖艦尾
後部構造物の上に艦首と同じく10年式12cm連装高角砲を装備。
デリックは前部が1基だったのに対し門型ポストの基部に各1基、ジブクレーンは4基で同じです。


「伊良湖」と「間宮」艦型比較。
伊良湖&間宮比較1伊良湖&間宮比較2
伊良湖&間宮比較3
伊良湖&間宮比較4伊良湖&間宮比較5

大正期に建造された「間宮」と昭和期に建造された「伊良湖」では基本的なアウトラインそのものはあまり変わらないのですが、艦首や艦尾の形状、艦橋の構造が大きく変化しています。

「伊良湖」は完成後に主として南方トラック諸島方面への糧食輸送任務に就き、1944年には米潜水艦「シードラゴン」による雷撃を受け損傷、重巡洋艦「鳥海」、駆逐艦「潮」の救援を受け沈没を免れました。
内地での修理後、米機動部隊の空襲により実質的に無力化されたしまったトラック方面への輸送任務を解かれ、1944年7月に南西方面艦隊へ配属されて8月にフィリピンのマニラへ向うも9月21日のマニラ空襲に遭遇、コロン湾へ退避する事となります。
コロン湾へ移動した9月24日、「伊良湖」は同行していた飛行艇母艦「秋津洲」と共にアメリカ機動部隊の空襲を受け大破炎上の後着底してしまいました。
10月1日の調査報告では「中甲板以上ほとんど完全に焼失、外板及び甲板は波状に湾曲。下甲板以下は燃焼中にて立ち入り不能。缶、主機使用可能。左に傾斜5度、暫時増加の兆しあり。大修理を施さねば再使用不能」という状態となっており、「伊良湖」は復旧を断念し11月30日に除籍されました。
現在の「伊良湖」は近くに沈んでいる「秋津洲」と共にダイビングスポットとなっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんというか

全体のフォルムが丸い感じなので軍艦というよりは客船やタンカーといった印象です。
次回の更新も期待しています!

No title

給糧艦は任務の関係上、軍艦構造ではなく商船構造で建造しているので中身も外見もまんま商船と同じだったりしますw
海軍が独自に建造したタンカーも基本的に同じなので、「艦」とついてるのはほぼ便宜的なものですねー。
次回は「大和」「アルカディア号(さよなら銀河鉄道999バージョン)」「61式戦車(ガンダム)」のどれかで更新予定です。

教えて下さい。

大隅さんこんばんは
艦船好きの(ヒラ)と申します。伊良湖のコロン湾での状況について、潜水動画などを集めて調べ物をしております(URLをご確認下さい)。
そこで、質問なのですが、「中甲板以上ほとんど完全に焼失・・」の記述の出典を教えて頂けないでしょうか。実は水中の伊良湖の動画を見ていてどうも部品が色々足りないように感じており、大破後から放棄までの間に、武装やクレーンなどを回収・転用する時間があったかを知りたいのです。

No title

(ヒラ)様
この記述の出典は学研「帝国海軍真実の艦艇史2」収録「日本海軍艦艇、それぞれの最後」にある米軍撮影の伊良湖に付いている説明によりました。
「艦艇被害記録」(第二復員局)に10月1日現在の状況として記載との事です。

No title

その本に載ってたんですね(持ってました)。米軍が撮影した写真と実際の水中の姿がかなり違うので要検証ですが、良い手掛かりになりました。有り難う御座います。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR