さよなら銀河鉄道999ラストシーン

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

小規模更新。
題名の通り映画「さよなら銀河鉄道999」のラストシーンを再現したものとなります。
キットはハセガワの「松本零士×ハセガワ 1/1500アルカディア号」で、登場作品は「銀河鉄道999(劇場版)」になっています。
銀河鉄道999の劇場版において新たに描き起こされたデザインのアルカディア号で、抹香鯨のような艦首とその先端に配されたドクロマークが強いインパクトを与えており、本来の「宇宙海賊キャプテンハーロック」に搭乗したスマートな艦首形状を持つアルカディア号よりその後の登場回数はかなり多めです(どちらのデザインが好みかはかなり意見が分かれると思いますが……)。
アルカディア号全体1アルカディア号全体3アルカディア号主砲
「さよなら銀河鉄道999」のラスト2分ちょっと、アルカディア号を999が追い越していくシーンを再現して貰う為、取り込み画像で高さとアルカディア号からの距離を可能な限りイメージに近づけて製作して頂きました。

左舷側から999号を見る。ピントが合わせづらくて999号がぼけちゃってますがorz
アルカディア号中央部

アルカディア号の右主翼上を駆け抜けていく999号。
アルカディア号全体4アルカディア号全体2アルカディア号艦橋&艦尾

松本作品に登場する宇宙船はケレン味の強い極めて趣味的なデザインが多く、その中でもこの艦首に髑髏を配したアルカディア号は一頭地を抜いた存在だと個人的に思っています。
……それにしても松本作品の影響を受け、水上船舶のデザインをした宇宙船が飛び列車が宇宙を走るという事に違和感を全く感じなくなっている人が多いのではないでしょうか?
海上自衛官だった頃、在日米海軍の水兵さんに銀河鉄道999を見せたら「クレイジー!」と言われて戸惑った事を思い出します。
中学時代からの友人も「言われるまで全く違和感を感じてなかった」とのこと、30~40代にはそういう人が結構多そうですね。

次回更新は給油艦「速吸」か陸軍特殊母船丙型「あきつ丸」のどちらかを予定しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR