戦艦「長門」1927年時(屈曲煙突)

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

本日2回目の更新。
日本海軍で最も国民に親しまれた長門型戦艦一番艦「長門」、1927年時の姿です。
大改装後の「長門」は1941年時の姿や1944年時の姿でキット化されていましたが、相変わらずの艦これ効果かアオシマより1927年時の姿かつ艦これモデルとして発売されました。
……公式でも「ヤング長門」と呼ばれていますw

まずは全体から。
長門1927全体1長門1927全体2
長門1927全体3長門1927全体4
長門1927全体5
高角砲や機銃といった対空兵装が増備される前の姿なので、全体として木甲板の比率が高くなっています。
上部構造物もシンプルなもので、大改装後のような城郭をイメージさせる重厚さはそれほど強くありません。
この時期の特徴として極めて長大な後部マストが挙げられます。
P9200487.jpg
こちらの1941年時の「長門」と比較すると1.5倍程はあるでしょうか?

長門1927艦首。
長門1927艦首長門1927艦首2
独特な艦首形状は「スプーン・バウ」と呼ばれるもので、機雷を数珠繋ぎにして敵艦隊の針路上にばら撒く事を目的とした秘密兵器である「一号連係機雷」のワイヤーを乗り切る為のものとなっています。
この一号連携機雷は通常の艦首形状ではワイヤーが艦首に引っ掛かると同時に機雷が引き寄せられて舷側にぶつかり爆発するようになっていました。
八八艦隊計画時に建造された巡洋艦以上の大型艦は殆どの艦がこの「スプーン・バウ」を採用しています。
もっとも一号連携機雷は実戦で使用される事もなく用途廃止になってしまい、凌波性に劣るスプーン・バウは大改装等の機会に応じてダブルカーブド・バウに改装されました(未改装の艦もあります)。

長門1927艦橋。
長門1927艦橋
長門1927艦橋2長門1927飛行機発進装置
長門の艦橋は中央に太めの柱を配置し、その周囲に6本の支柱を配して測距儀等の重量物を支える構造になっており、大改装前の姿なので6本の支柱が良く判ります。
航海艦橋の天蓋はまだキャンバス張りで、ブルワーク(側壁)もキャンバス張りの部分が殆どです(白い帯状のもの)。
2番主砲天蓋に装備されているのは射出機ではなく滑走台で、その上に載せられているのは14式水上偵察機。
……この当時の飛行機は合成風力込みと言う事を考えても僅か20m足らずの距離で発進出来たんですね。
なおこの滑走台は試験的に装備されたものらしく、この姿を写した写真は殆ど現存していないようです。

長門1927中央部。
長門1927右舷中央部1長門1927右舷中央部2
この時期最大の特徴である屈曲煙突が判ります。
当初は一番煙突も直立していたのですが、全速航行時に艦橋と煙突の間の気圧が低下、排煙が逆流するという現象が発生。
これを解決する為に当初は平賀譲造船官の発案で一番煙突の前側に排煙除けのフードを付けたのですが殆ど効果がありませんでした。
そこで藤本喜久雄造船官が煙突を後方に曲げる事で解決しようとしましたが平賀造船官がこれに「艦の威容を損なう」と猛反発、一旦はお流れになりましたが、平賀造船官は藤本造船官が出したこのアイディアを無断で借用・改装させてしまった為、後に二人の対立要因になったと言われています。
経緯はともあれこの屈曲煙突化は大成功を収め、いかにも早そうなスタイルと共に長く国民に親しまれる事となりました。
一番煙突の周囲には甲板上に40口径8cm(実口径7.62cm=3インチ)高角砲を装備、さらに副砲である50口径14cm単装砲が上甲板及び中甲板へ砲郭式に装備されています。
ただこの40口径8cm高角砲、妙に大きいんですがこれサイズ間違えてませんかアオシマさん……。

長門1927後部マスト。
長門1927後部マスト1
長門1927後部マスト2
上述した通り、大改装後に比べ極めて高いマストとなっています。
真横からの画像でも判るように同時期の「天龍」が装備している後部マストと比べてもかなり複雑な構造となっています。

長門1927主砲。
長門1927前部主砲長門1927後部主砲
世界初の16インチ級主砲となった三年式41cm連装砲を4基8門装備。
16インチ「級」と書いたのは長門型戦艦の主砲は正41cmの為で、日本海軍は後に軍縮条約に抵触している事を隠す為もあって主砲口径を40cmと表記するようになり、この為に近年まで長門型の主砲は正40cmと考えられていました。

長門1927艦尾。
長門1927艦尾スターンウォーク
日本の旧式戦艦群は大改装によって艦尾を延長していますが、延長前はこのように極めてシンプルな形状となっています。
艦尾部分にある空間は「スターン・ウォーク」と呼ばれるもので、司令官や艦長用に設けられた回廊状の設備です。
横須賀に現存する戦艦「三笠」の艦尾にも設けられていますが、長門のものは三笠のような艦の外側に設けられたものとは違い内装式と呼ばれるものとなっています。

以上、長門1927年時でした。
次回更新は未定、一応9月末には「ビスマルク」を予定しています。
それより前に何かネタに出来そうなものが入手出来たら更新すると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR