金剛型戦艦「金剛(1942)」フルディティールアップ版

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新は戦艦「金剛」、1942年時の姿です。
1944年の対空兵装強化時の姿&建造経緯に関してはこちらをご覧ください。

まずは全体から。
金剛1942全体1金剛1942全体2
金剛1942全体3金剛1942全体4
1944年時と比べ対空兵装の増備が行われていない為、全体として見た場合兵装配置の密度がかなり薄い事が判ります。

艦首。
金剛1942艦首2金剛1942艦首1
1番主砲後部の真下に凹みがるのは旧副砲装備位置で、近代化改装の際に代償重量として撤去されました。

前部主砲。
金剛1942前部主砲1
14インチ主砲のシールドは「比叡」と同じく角型となっており、丸型の「榛名」「霧島」との識別点になっています。

艦橋。
金剛1942艦橋1金剛1942艦橋3
金剛1942艦橋2
建造当初の小型艦橋から鐘楼型の大型艦橋となっています。
前檣楼最上部の主砲射撃指揮所と測距儀が白く塗られているのは連合艦隊所属艦を示す塗装で、開戦後しばらくは残されていましたが防諜の為もあって程なく廃止となりました。
1944年時と比べ上部の見張所(防空指揮所)が狭い事が判ります。

中央部。
金剛1942中央部1金剛1942中央部2
高角砲は1944年時は片舷3基6門ですが、1942年時点では片舷2基4門となっています。
機銃も25mm連装機銃で、25mm三連装機銃へ換装の上大量増備した1944年時とは比べ物になりません。

飛行機作業甲板。
金剛1942飛行機作業甲板金剛1942後部
3、4番主砲の間が搭載飛行機関係のスペースとされ、九五式水上偵察機2機を搭載。
九五式水上偵察機は複葉の万能機で、九六式艦上戦闘機に匹敵すると言われた運動性能を持ち、戦闘・偵察・哨戒・弾着観測と幅広く使用された傑作機です。

艦尾。
金剛1942艦尾1金剛1942艦尾2
機銃が増備されていないので全体的にすっきりとした印象です。

「金剛」は開戦当初は南方作戦に従事、そののち真珠湾攻撃から帰投した機動部隊に合流、インド洋作戦に出撃。
このインド洋作戦は「金剛」型4隻が全て参加した唯一の作戦行動となりました。
インド洋作戦終了後、ミッドウェー海戦に第三戦隊第二小隊として「比叡」と共に攻略部隊の一員として出撃。
しかしミッドウェー海戦の敗北により敵影を見ることなく撤退しました。
ソロモン諸島を巡る戦いでは「比叡」「霧島」が分離して新規に第11戦隊を編成、「金剛」は「榛名」と共に第三戦隊を編成、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場に対する艦砲射撃を実施、米軍をして「飛行場を維持出来るか自信が持てない」と言わしめる大損害を与える事に成功します。
しかしこの後に第11戦隊を投入した砲撃作戦を巡って生起した第三次ソロモン海戦で「比叡」「霧島」を立て続けに喪失、妹艦のうち2隻を失う事になります。
1943年以降は機動部隊の直衛艦としてマリアナ沖海戦に参加、その後は機動部隊から離れ第一遊撃部隊第二部隊旗艦としてレイテ沖海戦に参加しました。
レイテ沖海戦ではサマール沖の追撃戦で米艦隊に対し命中弾を与え、護衛空母「ガンビア・ベイ」、駆逐艦「ホエール」、護衛駆逐艦「サミュエル・B・ロバーツ」の撃沈に貢献しました。
……しかしこの戦いにおいて「金剛」は重巡洋艦「鳥海」を誤射・行動不能に陥らせたと言われており、結果として「鳥海」を撃沈してしまった可能性があります(こちらを参照)。
レイテ沖海戦における一連の戦闘において「金剛」は至近弾を受けバルジ等が損傷、浸水被害が発生していました。
それでも生き残った「金剛」は他艦と共に本土への帰還を目指しましたが、台湾沖北方において米潜水艦「シーライオン」の雷撃を受け2発が命中、さらに護衛の駆逐艦「浦風」も雷撃を受け轟沈。
「金剛」は流石に戦艦だけあって2発の命中魚雷にも関わらず耐えていましたがレイテ沖での損傷もあって浸水が止まらず、魚雷命中より約2時間半後に転覆・沈没しました。

以上、「金剛(1942)」でした。
次回はマックスファクトリーの「愛宕」フィギュアを予定。
今月末は「サラトガ」が届く予定なので月末か来月頭にそちらを更新予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR