一式陸攻

今回の更新はエフトイズ 食玩 1/144 大型機コレクションから「一式陸攻」です。
艦これにも基地航空隊の使用機として実装されており、日本海軍基地航空隊を代表する機体として知られています。
一式陸攻正面一式陸攻上面2一式陸攻上面1
双発機としては非常にスマートかつ洗練された姿を持ちます。
胴体は下のように「葉巻型」と呼ばれる形状を持ち、機首から尾部まで太い真円形となっています。
一式陸攻右側一式陸攻左側
胴体後部に描かれた日の丸の中央がハッチとなっており、搭乗する乗員は「日の丸の中央を潜る」という搭乗方法に密かな誇りを持っていたとも言われています。
一式陸攻尾部


さて一式陸攻の「陸攻」ですが、正式には「陸上攻撃機」となり略称として「陸攻」。
日本海軍における「攻撃機」とは魚雷を搭載可能な機体を表し、艦載機ではなく陸上基地から運用する為に「陸上攻撃機」となります。
一式陸攻は陸攻としては最初の成功作となった九六式陸攻の後継機として計画・開発された機体で、配備早々にマレー沖海戦において九六式陸攻と共に英戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」および巡洋戦艦「リパルス」撃沈をいう戦果を挙げた事で知られています。
しかし一般的には「一撃で火を噴く」と言われ「ワンショットライター」という有り難くない渾名を持つ事でも有名です。

実際の「一式陸攻」とはどういう機体だったのか?
まず「陸攻」という機体そのものは昭和9年かそれ以前に着想されており、戦艦戦力の不利を航空戦力で補う為の手段として計画されています。
大本は九三式双発艦攻で、空母から発進する双発の大型艦攻として計画された機体が事実上空母運用適正を得られず、陸上配備になった事からスタートしました。
昭和9年の時点で双発の九試陸上攻撃機(中型攻撃機、略称中攻:後の九六式陸攻)の開発が始まり、同時に四発の大型陸上攻撃機(大攻)の開発も行われていました。
しかし四発の大型陸上攻撃機(九五式陸攻)の開発は事実上失敗、陸上攻撃機は中型双発の九六式陸攻がその主力となります。
当初は「戦闘機無用論」すら引き起こした程の高性能を持つ「九六式陸攻」でしたが、台湾から中国本土への爆撃作戦、所謂「渡洋爆撃」と呼ばれた作戦において防弾装備が皆無な事から大きな損害を被りそれまでの優秀機という評価が一転して「欠陥機」とまで呼ばれるようになってしまいました。
この「九六式陸攻」の大損害を受け、防御の改善を目的として計画されたののが一二試陸攻、後の一式陸攻となります。

最初に書いた通り、防御力が低く一撃で火を噴くワンショットライターとまで呼ばれた機体が「九六式陸攻の防御改善」を目的として開発された、という事実は些か違和感があると思います。
これは用兵側が防弾装備を強く主張したのに対し、海軍の技術者が現状の発動機では防御を重視すると性能が落ちるので空力的な洗練を加え速度を向上させる方向を主張しました。
この時用兵側の代表は大西瀧治郎大佐(当時、後海軍中将)で、大西大佐は1937年8月21日に九六式陸攻6機からなる夜間爆撃作戦に同乗、4機が中国空軍の戦闘機によって撃墜されるのをその目で見ていたが故に防御強化を強く主張したのです。
しかし技術者は「技術的に不可能」と回答するばかりで最終的に速度を以て防御力とする方針が決定、三菱への試作発注がなされる事となりました。

三菱では本庄技師を中心として設計を進め、途中でそれまでの「金星」発動機からより強力な「火星」発動機を使用する事となり、発動機出力の余裕を用いて燃料タンクの前後壁へ防弾ゴムが付される事となります。
しかし長大な航続距離の要求から後付けの防御力強化が難しいインテグラルタンク(構造部材そのものを水密構造とし、その部分を燃料タンクとして利用する方式)が採用され、被弾面積の大きな上下面が無防御となった事が後々まで一式陸攻の防御改善に影を落とす事となりました。
完成した一式陸攻は最高速度こそ440km強と九六式陸攻二一型の373kmより向上しましたが、それでも既に500kmを超えるのが当たり前となっていた戦闘機に対する優位性は望むべくもありませんでした。
それでも開戦劈頭のマレー沖海戦ではイギリス艦隊に護衛戦闘機が居なかった事もあり戦史に残る活躍を見せます。
しかし昭和17年2月にラバウル沖へ現れた米空母「レキシントン」への攻撃では全滅に近い損害を受けてしまいました(17機出撃、13機撃墜、不時着2機)。

これは低空を低速で飛ばざるを得ない雷撃においては護衛戦闘機の反復攻撃を避けられず、味方の戦闘機も皆無であった事が最大の理由ですが、それでもマレー沖海戦から僅か3カ月後でその威力が大きく殺がれてしまったのです。
しかし一式陸攻は発動機の全開高度が高く、8000mでの巡航が可能であった事もあってガダルカナル島を巡る爆撃任務では大きな損害を出していません。
実際にガダルカナル島を爆撃しに来た一式陸攻に対し、当時の米陸海軍の戦闘機は高高度性能の不足もあって満足な迎撃態勢を取る事が出来ず、迎撃に成功しても反復攻撃が難しい事から一式陸攻の撃墜は極めて困難でした。
上記の事から一式陸攻という機体は本来求められた雷撃任務時の被弾・撃墜率が極めて高く、高高度からの爆撃任務ではその高高度性能を活かし十分な生還率を確保出来たと言えます。
そんな一式陸攻の改良はそのほぼ全てが防弾防火対策との戦いと言っていいものでした。

しかし設計主務者の本庄技師は徹頭徹尾防御力強化に反対の立場を取っており、「防弾装備を施しても最初の一撃を防げる(=燃えない)だけで連射されれば結局燃えてしまう」と言い放ち、戦後になっても一式陸攻の防御強化に否定的な発言を繰り返しました。
防御が殆どない事から「日本軍の人命軽視の象徴」とまで呼ばれる事がある一式陸攻ですが、実際には用兵側が防御力の強化を主張し、官民共に技術者がそれを否定すると言う皮肉な構図が最後まで続いたのです。
一式陸攻煽り


なんか尻切れトンボだけど一式陸攻でした。
次回更新は来週末くらいに「秋津洲」もしくは「神威」の予定。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前回はご返信に困るコメントをしてしまい申し訳ありませんでした…

陸攻の防弾軽視説が果たしてどこまで本当かというのはよく言われていましたが、
開発側が官民こぞって性能ないしやっても無駄と切り捨てていたとは、やりきれませんね。
確か22号電探もマグネトロン、スーパーヘテロダイン適用を空技廠電気部が諦めたのが祟ったとか。

陸軍が戦車、重砲開発の限界故に航空機と無線、電探にリソースを集中したのと比較すると、
今の状況では無理という判断は同じでも、随分と裏目に出てしまっているなあと…
大戦末期、速度だけでなく防弾も改善した銀河がフランクリンを大破させてるあたり、尚更。

それとグレートメカニックで2202監督のインタビューをみてきました。
意訳ですが結論は「2199は宇宙戦艦ヤマトらしくないから切り捨て昭和路線に戻す」でした。
第一章の段階でクレームが来たけど変えないとも言ってまして、もう駄目かもしれませんね…

No title

七猫様

コメントありがとうございます。
一式陸攻に関しては防御軽視による被害のみが過度に取り沙汰され、その大本の理由まで踏み込んだ話は殆どないんですよね。
なので本文中にも書いた通り日本軍の攻撃重視防御軽視の代表例のように扱われる事もしばしばです。
陸軍はノモンハンで空中勤務者(海軍で言う搭乗員)を大量に失い、大規模航空戦を戦うためには防弾装備が必要不可欠であるとして九七式重爆二型から相応の防弾装備を取り入れた事を考えると、防弾装備に対する陸海軍の対応の差が如実に表れています(戦闘機も一式戦で最初から防弾装備を要求)。

>グレートメカニック
……第二章で今後も劇場へ足を運ぶか決めるつもりでしたが、これはもう行かなくてもいいかしらorz
2199が何故支持されたのかの根幹を理解できてないとしか思えません。
昭和回帰と言うなら何故どことも繋がらない(繋がってるのは「未来」かつ「別の世界線」の復活編)コスモタイガーⅠなんぞを出したのか。
2202へ僅かに残っていた今後の期待が砕けましたよ、ええ……。

No title

ご返信有難うございます、恐縮です。

九七式重爆や一式戦の防弾は知っていましたが、逆に同世代の欧米戦闘機。
アイアンワークスで有名なグラマンでさえF4Fに初期段階では防弾装備がなく、
パイロットの戦死率が高い。いざ装甲を施すと重いと「パイロットが外す」。

実戦経験の有無、発動機出力の大小で悩んだのは日本だけではなかったのだと、
最近になって少し調べて知ることで驚いたものでした…
初期の防弾皆無スピットなどはパイロットの大半が頭蓋貫通で戦死してるそうで。

2199で「新しい人にもヤマトを知ってほしい」という温故知新路線を、
少なくとも今のスタッフは理解していない、あるいは故意に理解を放棄したようです。
メインスタッフだけでなく海幕広報や鹿児島大教授など、プロの助言すら排除していますし。
…何でこんなことになっちまったんでしょうねえ。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR