飛行艇母艦「秋津洲」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新は可愛さ特化で戦力としては役立たずの飛行艇母艦「秋津洲」です。
艦これにおいては水上機母艦に分類されていますがフロートを持つ水上機の運用能力はなく、双発以上の大型飛行艇に対する整備補給能力を持ち、基地機能がない前線での飛行艇支援を目的として建造されました。
昭和14年度計画により川崎重工によって建造、昭和17年4月29日竣工。

まずは全体から。
飛行艇母艦秋津洲全体1飛行艇母艦秋津洲全体2
飛行艇母艦秋津洲全体3飛行艇母艦秋津洲全体4
飛行艇母艦秋津洲全体5飛行艇母艦秋津洲全体6
「秋津洲」は竣工直後から写真にあるような迷彩塗装を備えていました。
これは竣工時の艦長である.黛治夫大佐の考案によるもので、迷彩塗装を指して「厚化粧」と言われた同大佐は「攻撃力がないから、昆虫のように保護色にしたんですよ」と返したという話が残っています。

「秋津洲」艦首。
飛行艇母艦秋津洲艦首1飛行艇母艦秋津洲艦首2飛行艇母艦秋津洲艦首3
艦首には89式12.7センチ連装高角砲を装備。
箱型の艦橋構造はシンプルで、メインマストも電探などの装備はなくすっきりとした形状となっています。

「秋津洲」中央部。
飛行艇母艦秋津洲中央部1飛行艇母艦秋津洲中央部2
艦橋構造と煙突に間に89式12.7センチ連装高角砲を装備。
煙突を境にして艦前部に高角砲、機銃と言った兵装を装備しており、煙突より後部が飛行艇整備用のスペースとなっています。
……個人的には艦橋構造と煙突の間に配置された高角砲は射界制限も大きく、実用的ではなかったんじゃないかと思えます。

「秋津洲」艦尾。
飛行艇母艦秋津洲艦尾1飛行艇母艦秋津洲艦尾2飛行艇母艦秋津洲艦尾3
なんといっても「秋津洲」の形状として最大の特徴が艦尾に備えられた力量35トンの大型クレーンでしょう。
これは重量30トンを超える二式飛行艇を釣り上げる為のもので、模型でも二式飛行艇が甲板に鎮座しています。
「秋津洲」は前線において模型のように飛行艇を後部甲板に載せて整備補給を行う艦として計画され、この状態での航行は考慮されていません。
この為模型も停泊状態を再現しており、二式飛行艇の主翼下にはカッターや内火艇を繋留する為の「繋船桁」と呼ばれる張り出しが展開されており、煙突横には士官乗艦用の舷梯も降ろされた状態となっています。

「秋津洲」艦橋。
飛行艇母艦秋津洲艦橋
艦橋の両舷に96式25mm連装機銃を装備。
高射装置を装備するなど対空兵装に関しては相応の配慮が為されている事が判ります。

二式飛行艇。
飛行艇母艦秋津洲二式飛行艇
川西航空が開発した四発の大型飛行艇で、魚雷2本もしくは大型爆弾2発を搭載しての対艦攻撃任務をも想定、機体設計の優秀さもあって海軍が望んだ性能をほぼ完全に満たした高性能機として完成しました。
最大速度は時速460km以上、航続距離は偵察過荷重で7000km以上という世界水準を遥かに超えた性能を誇り、ソロモンを巡る戦いではアメリカのB-17爆撃機などとも空戦を行い、これを撃退した記録も残っています。
現在同機は鹿児島県鹿屋の海上自衛隊鹿屋基地に世界で唯一現存する機体が保管展示されています。
※参考:他国の四発飛行艇
アメリカ:コンソリデーテッド社PB2Y「コロネード」 最大速度360km、航続距離3700km
イギリス:ショート社「サンダーランド」 最大速度336km、航続距離4600km

「秋津洲」は竣工からしばらくの間は南方において計画通りの飛行艇母艦任務に就きました。
戦局の悪化に伴い航空基地の移動に伴う輸送任務や魚雷艇輸送などにあたり、昭和19年夏には臨時工作艦としての改装を受けました。
しかし工作艦任務に就いてから僅か数か月でフィリピンのコロン湾にてアメリカ機動部隊による空襲を受け爆弾が直撃、爆発沈没しました。
現在でもコロン湾の海底に「秋津洲」は眠っており、「伊良湖」と共に沈船ダイビングスポットとしてその姿を見る事が可能となっています。

以上、飛行艇母艦「秋津洲」でした。
次回更新は水雷艇「鵲」を予定しています(これ、読める人どれだけいるんだろうか……?)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR