鴻型水雷艇「鵲」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新は鴻型水雷艇「鵲」です。
艦これには未だ未登場の艦種ですが実質的な二等駆逐艦と呼ぶべき艦で、ロンドン軍縮条約下で保有量を制限された駆逐艦の補助戦力として整備されたのが水雷艇です。
第一陣が「千鳥」型水雷艇で、535トンの排水量で12.7センチ砲3門(連装・単装各1基)、53センチ連装魚雷発射管2基4門を搭載する重武装艦として計画されました。
 ※ロンドン軍縮条約では600トン未満の艦艇は条約制限外
が、小型軽量の船体に過度な武装によりトップヘビーを引き起こし、竣工直後の「友鶴」が転覆(「友鶴」事件)するという事故が発生、この「千鳥」型の問題点を解決して8隻が建造されたのが今回紹介する「鵲」を含む「鴻」型水雷艇です。
「千鳥」型の反省から基準排水量は840トンに増大し、主砲は11年式45口径12センチ単装砲(M型)3基、53センチ3連装魚雷発射管1基、毘式40mm単装機銃1基、爆雷投下台6基、94式爆雷投射機1基、爆雷16個を搭載。
30ノットの最大速力と14ノットで4000海里という航続距離を持ち、その戦力は大正期に整備された二等駆逐艦(「樅」型及び「若竹」型)にも劣らないものでした。

まずは全体から。
水雷艇「鵲」全体1水雷艇「鵲」全体3
水雷艇「鵲」全体2水雷艇「鵲」全体4
水雷艇「鵲」全体5水雷艇「鵲」全体6
水雷艇「鵲」全体7
外見は当時の大型駆逐艦をそのまま小型化したような感じで、船体は船首楼型となっています。

「鵲」艦首。
水雷艇「鵲」艦首1水雷艇「鵲」艦首2水雷艇「鵲」艦首3
主砲の防楯が丸みを帯びているのが外見上の特徴となっています。
また「鴻」型水雷艇が搭載したM型砲は最大仰角を55度に高められており、中国戦線において揚子江等の大河を遡上、陸軍や陸戦隊の作戦に協力する際に山なりの弾道で砲撃可能なようになっています。
艦橋は2層構造で重心低下を意識してかなり小型化されています。

「鵲」中央部。
水雷艇「鵲」中央部1水雷艇「鵲」中央部2水雷艇「鵲」中央部3
「吹雪」型以降の艦隊型駆逐艦と異なり、煙突は1本となっています。
煙突の後ろに探照灯と毘式40mm単装機銃を装備、さらにその後ろの甲板上に53センチ3連装魚雷発射管1基を装備。

「鵲」艦尾。
水雷艇「鵲」艦尾1水雷艇「鵲」艦尾2
後部甲板には後部上構を挟んで主砲が2基配置されています。
艦尾両舷に備えられたT字型のものは掃海用具であるパラベーンで、その後方に両舷各3基の爆雷投下台を装備。
3番主砲の後方に94式爆雷投射機と爆雷装填台を装備しています。

「鴻」型水雷艇は当初16隻の建造が見込まれていましたが、軍縮条約の脱退が確定的となり制限外艦艇による戦力の補強を行う必要がなくなった事から8隻の建造に留まりました。
沿岸海域防備用としては極めて優れた性能を持ち、戦時量産駆逐艦のベースとしても有望であった水雷艇(実質二等駆逐艦)の系譜は「千鳥」型4隻と「鴻」型8隻で途絶え、これ以降日本海軍は艦隊型の大型駆逐艦を量産していく事となります。
「鵲」は完成後に上海海軍特別陸戦隊の支援や揚子江河川警備に従事。
太平洋戦争開戦後は香港攻略戦に参加、さらに各地への船団護衛任務に従事しました。
しかし船団護衛任務中の昭和18年9月27日、ニューブリテン島北西にて米潜水艦「ブルーフィッシュ」の雷撃を受け撃沈され昭和18年12月1日除籍となりました。

鴻型水雷艇「鵲」でした。
次回更新は今のところ未定、7月末に独未成空母「グラーフ・ツェッペリン」が到着予定ですが、それまではネタが出来次第更新するかも?といったところ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここのところ毎日のようなコメントで恐縮です。

鴻型水雷艇、見事なモデリングを拝見いたしました…本当に小型駆逐艦といった感じですね。
後の松型、橘型駆逐艦が本艇の主機を流用したというのもある意味で納得です。
英海軍のハント級駆逐艦とほぼ同出力の主機ならば、まさに戦時急造艦に最適です。

そしてこれは秋津洲と二式大艇にも言えるのですが、日本海軍はやはりアンバランスだったなと。
哨戒艇、海防艦は駆逐艦と明確に峻別して建造すべきでしたし、
艦長たちの太平洋戦争で、軽巡球磨艦長が漁船徴用監視船など馬鹿げていると強く批判されていました。

大艇と秋津洲も零戦・陸攻による長距離攻撃能力を持つ基地航空隊をいち早く創設しながら、
それに設営隊の機械化が追いつかないがゆえに、水上機とその支援艦が発達したのではないかとも。
補助艦対米七割で大騒ぎし堀悌吉大将を予備役に放り出した結果がこれかと思うとやるせないものです。


2202に関してですが…最悪の可能性としてスタッフに自覚がない、善意と努力に満ちてああしている可能性が。
過労でぼろぼろになりながらも入稿したむらかわみちお氏の作品に圧力をかけたのも、
2199路線をスポイルしたのも、彼らなりの善意に満ちたファンサービスなんじゃないかと。

もちろんその「ファン」は昭和作品世代が対象でしょうが、悪意を感じないだけに始末に負えない。
そんな印象を覚えました…実際、作ってる当人たちは至って楽しそうですしね。

後は全く恥ずかしながら、2199路線で主力戦艦を作ったらどうなるか。
故佐藤大輔氏最後の新作を参考にしつつ駄文を記してみました。お時間のある時にご笑覧いただければ幸いです…

ttps://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8342596

No title

七猫様

コメントありがとうございます。
水雷艇と言う名の実質二等駆逐艦なので、スタイルが駆逐艦に似通うのはまあ当たり前といえば当たり前の結果ではありますね。

>>哨戒艇
これは元々二等駆逐艦の樅型など旧式駆逐艦の転用がメインですし、海防艦も最初から戦時量産艦のタイプシップとしての性格を持たされていますので明確に区分けされているかと。

>>陸攻
これ、誤解が多分にあると思いますが日本海軍が本来欲しかったのは九六式陸攻や一式陸攻のような「中攻」ではないんです。
十三試の大攻(後の深山)や飛行艇(二式)が本来欲しかった攻撃戦力で、双発の中攻が主力になったのは本来の主力である大攻開発失敗(九六式の時は九五式大攻)による結果論なんです。
日本海軍の構想では800kg強の91式航空魚雷ではなく、1.5トンの重量を持つ大威力航空魚雷を2本装備可能(或いは1.5トン爆弾2発)な大型陸上攻撃機こそが本命で、双発の中攻は「全てを四発の大攻で揃える事は予算面で不可能」という現実の前に妥協した結果なんです(陸上攻撃機のうち大攻は1/3を整備する予定だった)。
昭和13年の性能標準において、大型飛行艇は大型陸上攻撃機と全く同じ目的・用途を設定されていますし、飛行場整備に限界があるからこそ飛行艇母艦を整備して飛行艇を攻撃任務に充当出来るよう考えたんです(神威が昭和14年に飛行艇母艦へ改装されているのはこの為)。

>>2202
なんというか、昭和のヤマトを神格化してそれ以外は認めないという風にしか思えませんでした>グレートメカニックのインタビュー
加えて同誌の記事も友人共々「提灯記事で2202を持ち上げ過ぎて気色悪い」という感想。
正直、新規プラモ以外に何も希望を持てなくなってます……。

No title

色々とご教授有難う御座います。

言われてみれば確かに水雷艇、海防艦はきちんと区分けされ生産性も考慮されてました。
それでも批判の対象となる漁船改造監視艇が増えてしまったのは、
もはや単純に頭数が足りなかったというべきなんでしょうかねえ…

陸攻と大艇に関してはまさに目からウロコでした。
それほどまでに日本海軍は基地航空を重視し、四発機による漸減攻撃さえ真剣に考えていたのかと。
なればこそ二式大艇とその専門支援艦秋津洲だったんですね。

連山が発動機出力の割にコンパクトに纏まっているのも、あれは戦略爆撃機ではなく、
あくまで敵艦への攻撃を前提とした陸攻だからなんだなあ…と。
2202に関しては私も二章視聴者からの感想を耳にして、目を覆っています。

後は某スレの大和さん近代化案(回りくどいコメントで失礼しました)。
他の方々のそれを見ていてつい記してしまいました(pass:a140f6
お目汚しですがご笑覧いただければと…

No title

七猫様

日本海軍の航空戦備に関しては昔から「大艦巨砲主義」のイメージ先行でかなり歪められていると思います。
未だ複葉機が主力の時代に航空攻撃による漸減を真面目に検討し、九三式双発艦攻という大型魚雷を前提とする機体を開発(結果的に失敗作)している事も正しく評価されているとは思えませんし(この機体が陸攻構想の大元)。

2202に関しては正直「関知しない事が一番」かな、と(==

PASSは確認しましたが、アドレスはどこになりますでしょうか?

No title

二度手間で失礼いたしました、アドレスはこちらでございます。
http://fast-uploader.com/file/7054471985471/

私も大和型三番艦を早々に建造中止にしているあたり、
列強海軍の中で一番戦艦を見切り航空機重視なのは日本では…とは思っていました。

しかし大隅さんに教えていただいた事項から、まだまだ勉強不足だったなあと。
1.5トン魚雷複数を抱えた大型攻撃機さえ真面目に考慮していたとは。
一式陸攻の本庄技師が四発案を最初出したのも、こういった土壌故ですかね。

いつも丁寧なご返信、そして貴重なご教授有難う御座います。
今後とも何卒よろしくお願い致します…
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR