FC2ブログ

橋立型砲艦「宇治」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回の更新は橋立型砲艦「宇治」です。
砲艦とは砲艦外交(gunboat diplomacy)の語源となった艦種で、近代においては主に中国揚子江方面で活動した諸外国の砲艦が有名で、日本海軍も明治時代から浅喫水の河用砲艦を建造していました。
今回の「宇治」は1937年のマル3計画において建造された橋立型航洋型砲艦の2番艦です。
河用砲艦が200~350トン程度の排水量で8cm高角砲1~2門、機銃数丁で外洋行動能力が殆どなかったのに対し、基準排水量999トンで12cm単装&連装高角砲各1基(3門)と25mm連装機銃2基という強力な兵装を有し外洋行動能力を持つ事が大きな特徴となっています。

「宇治」全体。
砲艦宇治全体1砲艦宇治全体2
砲艦宇治全体3砲艦宇治全体4
砲艦宇治全体5砲艦宇治全体6
砲艦は1944年の基準改定により軍艦籍から除かれ菊の御紋章が撤去されますが、この模型はその直前辺りの時期を再現したものとなっています。
外見は魚雷発射管がない事を除けば小型駆逐艦といったところでしょうか。
最大速度は19.5ノット、航続力は14ノットで2500海里となっています。
艦首側に10年式12cm連装高角砲1基、艦尾側に同単装高角砲1基を装備しており、25mm連装機銃はシールド付きのものが艦橋前と後部構造物の上に1基ずつ装備。
就役当初に比べると25mm単装機銃が増備され後檣に13号対空電探を装備、前檣トップには∞型をした逆探も設置されています。

艦首&艦橋。
砲艦宇治艦首
砲艦宇治艦橋1砲艦宇治艦橋2
艦橋は角張った形状で量産性に配慮されている事が判ります。
実際に「橋立」型砲艦は戦時の近距離護衛に当てる量産艦のプロトタイプとして設計されている節があり、同じマル3計画における「占守」型海防艦が長距離護衛用量産艦のプロトタイプとしての性格を持っていた事を考えると対になる存在と言えるでしょう。
しかし兵装面で見ると就役当初は対潜兵装を持たなかった「橋立」型(模型では対潜兵装強化後の姿なので爆雷投下軌条を装備しています)は主砲を高角砲とするなど対空火力に関しては「占守」型を大きく上回っており、「護衛艦」という艦種そのものに対する思考錯誤の段階であった事が伺われます。

中央部。
砲艦宇治中央部1砲艦宇治中央部2
中央部に25mm単装機銃を装備、周囲には搭載艇4隻、ホ号艦本式缶2基と艦本式タービン2基で出力は4600馬力。

艦尾。
砲艦宇治艦尾1砲艦宇治艦尾2砲艦宇治艦尾3
当初爆雷兵装の搭載がなかった事もあり、後部の12cm単装高角砲がかなり艦尾寄りに設置されていて対潜兵装を搭載するスペースがあまりなかった事が判ります。
三式爆雷投射機を片舷1基ずつ、爆雷投下軌条(防弾板付)が2基装備していますが配置に余裕がありません。

「宇治」は1941年4月30日に竣工、揚子江方面へ回航され揚子江部隊旗艦として主として船団護衛に活躍しました。
1944年8月には二等駆逐艦「蓮」と共に沖縄からの疎開船団護衛(ナモ103船団)に当たりますが同船団は米潜水艦「ボーフィン」の攻撃を受け学童疎開船の「対馬丸」を撃沈されてしまいます。
この時期米潜水艦は3隻のチームで連携して攻撃をかける事が多く、新たな攻撃を警戒した「宇治」と「蓮」は対馬丸乗員の救助を断念、この為対馬丸に乗船していた疎開学童に大きな被害を出す事となりました(対馬丸事件)。
このナモ103船団の護衛における対馬丸喪失は「宇治」にとって最大の痛恨事となりました。

後に上海方面に移動した「宇治」は現地で終戦を迎え、国府軍に接収されました。
その後は国府軍の艦として行動していましたが1949年の上海陥落に伴い共産軍に鹵獲されてしまいます。
直後に国府軍の爆撃により撃沈されたものの同年末に浮揚の上修理され1950年4月に「南昌」と改名(それまでは「八一」)、新編の第6艦隊旗艦となりました。
「南昌」となった「宇治」はその後も長く中国海軍の1艦として活動、最終的に除籍されたのはなんと1979年(昭和54年)の事でした。

以上、砲艦「宇治」でした。
地味な活動履歴の中で一番目立つものがナモ103船団護衛における対馬丸事件という辺り、なんともやりきれないものがあります。
しかし近海航路護衛を考慮した短航続距離の量産型護衛艦としてのコンセプトは日本海軍が予め想定されていた「確保すべき通商路」の護衛に関しては戦前より意を払っていた事の証明であり、巷間言われる程「航路護衛」を軽視していた訳ではない事が読みとれます。
最大の問題は開戦直前に突然「確保すべき通商路」が最大でも台湾~本土、樺太~本土程度であったところをシンガポールやインドネシア方面に拡大してしまった事でしょう。

次回更新は「白露改水着ver」と「村雨改水着ver」を一緒にやる予定。
艦艇模型関係では月末に「大井(高速輸送艦時)」が届く予定なのでそちらになると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR