サイズ比較

前回うpしたアルカディア号とほぼ同スケールと思われる艦、明確に1/1000とされている艦でサイズを比較してみる。

まずは「相模」「アルカディア号」。
本来ならば絶対に同じ画面に登場することのない両者ですが、こういうお遊びが出来るのが模型の良い所ですね~。
てな訳で早速。
アルカディア号と相模
アルカディア号と相模
流石に設定全長400m級のアルカディア号と240m級の主力戦艦では大きさに違いがあります。
特に主砲は一回りアルカディア号の方が大振りとなっており、並べてみると大きさの違いが主として艦首の長さと艦尾の大きさにある事が判ります。
艦橋構造には共通性が見て取れますが、これはアルカディア号のデザインクリンナップをスタジオぬえが行った事が関係しているのでしょうか。

続いてはアルカディア号と復活編主力戦艦。
アルカディア号と復活編主力戦艦
同じ主力戦艦でも一回り以上艦体が大型化しており、相模ほどの差はありません。
特に艦体そのものの太さは直線主体の復活編主力戦艦の方がアルカディア号と同等かそれ以上に見えます。

お次はアルカディア号、アリゾナ、相模。
アルカディア号、アリゾナ、相模
アリゾナは艦橋構造物が他艦に比べて小さい為、若干アンバランスに見えます。
とはいえ艦体そのものは細身ながらかなり長めとなっており、アルカディア号の艦首髑髏マークのようなけれん味こそないものの、両舷に配置された主砲が存在感を放っていると思います。

新旧主力戦艦。
新旧主力戦艦
同アングルで並べてみると、艦首付近のデザインラインはほぼ同等なのが良く判ります。
とはいえ、復活編主力戦艦の艦首波動砲発射口はキット発売元のMRD様によると「旧主力戦艦に近づけた」との事ですので、そのせいもありますが……。
目立つ所では復活編の主力戦艦は艦橋の高さが低く纏められている点でしょうか。

主力戦艦とガミラス艦。
ガミラス艦はメカコレクションのものでスケール指定はないのですが、イメージ的にはこれくらいかな、と。
相模とガミラス艦
メカコレクションの台座だと相当上向きになってしまうので、敢えて直置きで。
古代艦より一回り大きく、沖田艦より少し小さいイメージがあります>ガミラス艦
こうして見るとさらば/2で地球艦隊がどれだけ強化されたかが良く判ります。
おまけでガミラス艦単体(潜宙艦付き)。
ガミラス艦
ヤフオクで落札したメカコレクション完成品ですが、徹底したディティールアップが施されているので相模と並べてもまったく遜色ありません。
プロポーションも全く問題なく、今の目で見てもポイントを的確に捉えた優良キットだと思います。

ファインモールドの艦隊旗艦とガミラス艦。
沖田艦とガミラス艦
ガミラス艦が100m級、沖田艦が150m級だとすれば丁度これくらいの差でしょうか。
主砲口径などは沖田艦の方が上ですが恐らく出力と収束率で負けていたのでしょう、第一話では沖田艦の砲撃がガミラス艦の装甲に弾かれ、拡散する様子が描かれていました。

最後は前回紹介し忘れた、アルカディア号拘りの改修ポイント。
アルカディア号艦橋
元キットは下部艦橋の天井部分に殆どスペースがなく、劇中で施されていた髑髏マークを描くスペースがありませんでした。
その部分を改修し、設定通りに髑髏マークが描かれています。
また、艦橋両脇の構造物に船舶であれば必須の「左舷灯&右舷灯」を追加して頂きました。
右舷側の緑灯は殆ど見えませんが、左舷側の赤灯がはっきり見えると思います。
この辺は元々海上自衛隊で2000トン級の輸送艦に乗艦していた主の趣味が反映されています。

……手持ちネタが枯渇してしまったのでしばらくは更新出来ないかも?
一応未開封の1/3000某SDF艦や超合金魂なアンドロメダはあるのですが、一度開封すると置き場所ががが。
複数希望があれば必死こいて撮影にはいるかもしれません。
もしご希望がありましたらコメント欄に是非~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回のサイズ比較の中では、一番最初のアルカディアと相模の並びが最も興味深かったですね。
当然といえば当然なのですが、とても親和性の高いデザインで、原作の小説の中でも
この取り合わせが実現してくれないだろうかと思ってしまいますw
夢オチでも外伝でもいいので、別時空からひょっこり紛れ込んできてくれないかなぁ、アルカディア・・・。
ちなみに。。。アルカディアとマルスの比較が、、、いえいえ、なんでもありません(笑)

No title

しまった。。。一つ書き忘れてました。
大隈さん、2000トン級輸送艦に乗艦してたって。。。元自の方だったのですか!?
かなりビックリしてしまいました(^^;)

No title

……むしろアルカディア号は次元世界に突然現れた方が面白そうだな、と言ってみるw
ハーロックの性格は管理局とは相容れないものですし、まして彼に喧嘩を売ろうものならどうなることか?

松本零士氏の世界観では、
・宇宙戦艦ヤマト
・時空戦艦まほろば
・海賊戦艦アルカディア号
・海賊戦艦クィーン・エメラルダス号
が四強で、このうちクィーン・エメラルダス号を除く3隻が同程度の戦闘能力を持つ「宇宙最強」らしいですから。
……どれか一隻でも管理局艦隊が勝てる相手に思えNEEEEEE。

元自とはいえ一任期3年の奉職をしただけですが。
まあその3年間で普通では有り得ないような経験を多々しているのも事実なんですけどね……。

No title

次元世界に現れたら面白いでしょうねぇw
あっちの世界の人たちは地球防衛艦隊にも驚いてたくらいですから
『個人で宇宙戦艦(それも最強級)持ってます』なんて言ったら
どんな反応を示してくれるものやら(笑)
単艦でディンギル艦隊を叩き潰すアルカディア号とか見たいなぁ。
ついでに、ハーロックが冴子艦長に遭遇したら、どんな顔するんだろうw

普通ではありえない経験……聞きたいような、聞いたらいけないような(^^;)
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR