FC2ブログ

銀河英雄伝説 第13艦隊分艦隊旗艦

今回の更新はアルバクリエイツより発売されている(いた?)銀河英雄伝説フリートファイルコレクション(以下フリコレ)からイゼルローン要塞に配備された第13艦隊(ヤン艦隊)所属の分艦隊旗艦「アガートラム」「トリグラフ」「マウリア」の3隻です。
このフリコレ、1/12000スケールでVol1~10までが発売されており、サイズが手頃で出来が良い事から銀河英雄伝説に登場する艦艇のコレクション用としては最適だと思います。
……現在は入手方法がヤフオクでの単品やプレミア価格付きの通常セット品くらいしかないので、全部揃えようとしたら茨の道でしょうけどorz
※このシリーズの解説はフリコレに付属する解説書を出典としております。

第13艦隊は旧式旗艦級戦艦である「ヒューべリオン」を旗艦としていますが、同艦は1個艦隊が数千隻という比較的小規模な構成だった頃に建造された艦で、本編の時代では既に1万隻を超える艦隊を指揮出来る能力はありませんでした。
このため中間指揮能力の高い分艦隊旗艦として旗艦級戦艦3隻が配備され、「アガートラム」はフィッシャー、「トリグラフ」はアッテンボロー、「マウリア」はグエンの旗艦となりました。

まずは第13艦隊の艦隊運用を司ったフィッシャー提督の旗艦「アガートラム」から。
全体。
アガートラム全体1アガートラム全体2
アガートラム全体3アガートラム全体4
アガートラム全体5
基本的にストレートな形状が多い同盟軍旗艦級戦艦の中では下部に突出した異様な形状を持っています。
艦首主砲ブロックの後部から突き出たセンサーブロック、下部に突出した追加分の主砲ブロックとそこから繋がるエンジンブロックで構成された艦体は一般的な同盟艦艇からはかなり外れたものと言えるでしょう。

センサーブロック。
アガートラム後方
センサーブロックの配置は周囲の空間に余計なものを置かない事でノイズ軽減を図ったものとなっています。

艦首主砲部分。
アガートラム艦首主砲
艦首主砲と下部艦体に装備された主砲は合計64門でアイアース級標準の40門の1.6倍と火力の増強が図られていますが、これを支える動力部はアイアース級そのままの為に連続射撃に制約があり、全門斉射6回でエネルギー切れを起こすとされています。

「アガートラム」は特異な艦体形状が災いして操艦が難しく、次期旗艦級戦艦の候補として建造されたものの実質的な失敗作となってしまいました。
しかしアムリッツァの敗北によって使えるものは何でも使わざるを得ない状況に陥った同盟軍は解体予定を変更して第13艦隊に配備します。
以後、フィッシャー提督の旗艦として第13艦隊の艦隊運用を支えましたがバーラトの和約により除籍解体処分とされました。


続いてアッテンボローの旗艦「トリグラフ」。
全体。
トリグラフ全体1トリグラフ全体2
トリグラフ全体3トリグラフ全体4
トリグラフ全体5
「トリグラフ」はアイアース級戦艦の限界から完全な新規設計の旗艦級戦艦として計画され、動力炉にラザルス級宇宙母艦(スパルタニアン空母)のものを転用、チューンナップの上で搭載しています。
完全新規設計の為にアイアース級の最大幅72mの制約がなくなったことで実現した高出力エンジンにより艦首の3群合計80門もの主砲を撃ってもエネルギー切れの心配は殆どないという大火力を誇る艦となりました。

艦首部分。
トリグラフ艦首トリグラフ艦首主砲
艦名の由来となったスラヴ神話の三面を持つ神を彷彿とさせる艦首が良くわかると思います。

艦上部。
トリグラフ後方
旗艦級戦艦としては初めて後方攻撃用の主砲を配置しています。
「トリグラフ」も「アガートラム」と同じく第13艦隊に配備され、アッテンボロー提督の旗艦として活躍しました。
しかし本艦もバーラトの和約により廃艦処分となり、のちに解体されたものと思われます。


最後は第13艦隊の突撃担当、グエン提督の旗艦「マウリア」。
全体。
マウリア全体1マウリア全体2
マウリア全体3マウリア全体4
マウリア全体5
一目で判る黄黒の虎縞模様が最大の特徴となっています。
アイアース級戦艦の一つで分艦隊用に建造され、建艦計画の段階でグエン提督の旗艦となる事が決定しており彼の意見を大幅に取り入れた艦として完成しました。

艦首主砲ブロック。
マウリア艦首
この部分はアイアース級標準とあまり変わりません。

増設副砲ブロック。
マウリア副砲マウリア中央部
大きな違いがあるのは副砲で、全ての副砲を艦の中央上部に集中配置しています。
これはグエン提督が遠距離砲撃をあまり好まず、近距離戦闘を好んだ事から過去に「艦首主砲の最低射程を割り込む」距離まで踏み込んだ経験から近接戦闘を主眼として選択されたものとなっています。
……ドーリア星域会戦は正しくこの用兵思想を実現した戦いだったと言えるでしょう。
第13艦隊の突撃担当として活躍したグエン提督でしたが、回廊の戦いにおいて敵艦隊を深追いした結果逆撃を受け「マウリア」は撃沈、グエン提督も戦死しました。

イゼルローン駐留艦隊分艦隊旗艦
以上、第13艦隊分艦隊旗艦3種でした。

次回はSPMフィギュア「サラトガ」の予定。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR