FC2ブログ

AMAKUNI「大淀」

今回の更新はAMAKUNI「大淀」です。
……とはいえ実質「任務娘」としての立体化という気もします。

まずは全体から。
AMAKUNI大淀全体1AMAKUNI大淀全体2AMAKUNI大淀全体3AMAKUNI大淀全体4
見ての通り、主砲や高角砲、艦橋や格納庫といった「大淀」らしさを示す艤装は全くありません。
ゲームで言うと任務画面に遷移するときに出てくる「大淀」をベースにしているようで、艤装らしい艤装はほぼ足元のみとなっています。

頭部。
AMAKUNI大淀頭1AMAKUNI大淀頭2
AMAKUNI大淀後ろ髪
メガネと羽根ペンは別パーツで開封後に取り付ける必要があります。
どちらも造形は問題なし、メガネは予備パーツがない事もあって取り付けには相応の慎重さが要求されます。
顔の造形は悪くないのですが、口の形状が独特で方向によっては違和感を感じる場合があります。

上半身&顔。
AMAKUNI大淀上半身1AMAKUNI大淀上半身2AMAKUNI大淀上半身3
AMAKUNI大淀上半身4AMAKUNI大淀上半身5AMAKUNI大淀上半身6
AMAKUNI大淀上半身7AMAKUNI大淀上半身9AMAKUNI大淀上半身8
AMAKUNI大淀背中
角度によっては顔が妙にふっくらしているように見える場合があります、全体としては良好。
上半身の造形は肩に着けられた肩章と袖口から先を除くとほぼセーラー服準拠となっています。
左下の画像でも判ると思いますが、背中はかなり反った姿勢となっており、そのせいで胸が突き出された形で大きめに見えるようになっているのかもしれません。

右手。
AMAKUNI大淀右手1AMAKUNI大淀右手2
右手には小さめのバインダーとハードカバーの本(?)を持っています。

下半身。
AMAKUNI大淀下半身1AMAKUNI大淀下半身2AMAKUNI大淀下半身3
ニーソとスカートの間の領域が眩しい太腿部分。
スカートの再度スリットから何か見えてますが詳細は後述、後方斜め下側から見ると僅かにぱんつが覗いています。

脚。
AMAKUNI大淀脚1AMAKUNI大淀脚2AMAKUNI大淀脚3
AMAKUNI大淀脚4
このフィギュアで一番面倒だった部分がこの脚の踵部分でした。
4組のスクリュー&舵パーツが全て別パーツとなっており、特に舵は小さい&片方取り付けるとクリアランスがギリギリではめ込むのに苦労します。
どちらも予備パーツとして2セット分入っているのですが、万が一接続軸が折れた場合は余程工作慣れしていないとリカバリは面倒な事になる可能性があります。
スクリューの取り付けは本来ならきちんと方向を揃えるべきなのですが、軸破損が怖く軽く押し込む程度に留めています。


AMAKUNIのフィギュアはスカートが別パーツの場合色移りを避ける為にビニールによるスペーサーが入っています。
当然それを取るためには上半身と下半身を分離の上スカートを一度取り外すことになり、結果としてスカートのみキャストオフとすすることが出来ます。
AMAKUNI大淀キャストオフ全体1AMAKUNI大淀キャストオフ全体2AMAKUNI大淀キャストオフ全体3AMAKUNI大淀キャストオフ全体4
全体。

キャストオフ下半身アップ。
AMAKUNI大淀キャストオフ下半身1AMAKUNI大淀キャストオフ下半身2AMAKUNI大淀キャストオフ下半身3
スカートのサイドスリットから見えていたのはパンツの紐部分。
後ろから見た時のしわの寄り方といい、前側から見た時の股間中央部分のスリットといい「本来見えない場所」にやたら拘って作っていませんかね、AMAKUNIさん……。

全体としての造形は悪くありませんが、口元が角度によって若干違和感を感じる場合があること、同様に顔が妙にふっくらしているように見える角度がある点は若干マイナスポイントでしょうか。
また「艦娘」であるにも関わらずほぼ艤装皆無で1万円を超えるお値段なのは少々疑問なしとはしません。
格納庫の造形が難しかったのかもしれませんが、それならそれで以前の「大淀改 礼号作戦」のようにワンポイントで兵装を付けても良かったのではないかと思います(実質任務娘と最初に書いたのはこのせい)。
とはいえ比較的立体化される機会が少ない方の大淀が出た事それ自体を喜ぶべきなのだとは思います。

次回更新予定はガールズ&パンツァーより「ダージリン ココス制服ver」を予定。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR