アルカディア号としゅんらん

希望があったので、なんとか撮影してみる……。
どちらも大きくて背景用の用紙からはみ出さないようにファインダーに収めるのが大変だったり。


恒例斜め前方から。
アルカディア号としゅんらん
スマートさ、という点ではアルカディア号。
重厚さ、という点でしゅんらんと言ったところでしょうか。
特にしゅんらんは艦体の幅に加え艦橋の高さが低めで幅広な為、低重心でどっしりと構えた風情を漂わせているように思えます。

正横から。
アルカディア号としゅんらん
艦体はしゅんらんの方が一回り大きいのが良く判ります。

前方から。
アルカディア号としゅんらん
艦体の幅そのものはしゅんらんの方が太く、どっしりした印象を与えます。
しかし全幅で見るとアルカディア号の主翼の方が上回り、前々回のスペースウルフと共通したシルエットを持つ事が見て取れます。
正面から見ると両艦の艦橋構造物の幅の違いが一目瞭然です。

最後に艦尾方向より。
アルカディア号としゅんらん
波動エンジン2基+補助エンジン4基のしゅんらん、メインエンジン2基のアルカディア号。
さらにアルカディア号は艦尾付近に兵装らしい兵装がない上に船尾楼となっている為、後方から見ると角度によっては戦闘艦というイメージすら見て取る事が出来ません。

とはいえ、艦尾旗竿に翻る海賊旗は見る人に強烈なイメージを焼き付けるコトは間違いなし。
……こんな艦が突然次元世界に現れたら大混乱だろうなぁ、と思う次第w
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

去っていく艦尾にへんぽんと翻る海賊旗・・・・・・次元世界の人は呆然というより唖然(あんぐり)でしょうねw

アルカディアとしゅんらん、リクに応えていただきましてありがとうございますm(__)m
これまた他では絶対に見れない貴重・強力タッグで眼福でっす♪ヽ(^◇^*)/
並べていただいたことで、機動性に秀でるアルカディアと、火力と打たれ強さ、艦隊指揮能力に優れる
しゅんらんの特徴がよく表れてて楽しいです(^_^)
シルエットも、優美なアルカディアに対して、武骨なしゅんらんの差が対照的ですねw

いやぁ。。。このネタをすればするほどアルカディア号登場して欲しくなります、ホンとw

No title

MJ様

コメントありがとうございます。

「わが青春のアルカディア」では「俺の旗の翻る場所に二度と近寄るな!」とまで言い切ってますし、次元世界とアルカディア号(ハーロック)が遭遇して戦闘になったらどうなることかw
……にしても松本世界観からは何が来ても管理局は対応に苦慮するんでしょうねぇ。
同じ管理局と名乗っていても銀河鉄道管理局は必要とあれば星を丸ごと吹き飛ばすくらいですし。
しかもあれで国家ですらない、株式会社なんだから……。
管理局vs管理局とか古きよき東映ネタな遭遇とかも面白いかも?
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR