完結編駆逐艦(14日写真追加)

遂に完成&到着しました、宇宙戦艦ヤマト完結編駆逐艦。
これで完結編における地球防衛艦隊の戦艦、巡洋艦、駆逐艦が1/1000で統一されて勢揃い!
ディーラー:岡山のプラ板使い様
名称:宇宙戦艦ヤマト完結編 駆逐艦
スケール:1/1000
製作:G-CUBE様
主な変更点:主砲砲身を金属製パーツに変更
      主砲の旋回及び砲身の可動化
主砲砲身はDO楽DOさんの1/500アリゾナ副砲用の物を転用しています。
てな訳で早速画像です。

完結編駆逐艦
作中では史実の天一号作戦をモチーフにしたヤマト最後の出撃に随伴、ハイパー放射ミサイルの攻撃からヤマトを守る盾となって轟沈したシーンが強烈なイメージを残しています。
ある意味、さらば/2の地球防衛艦隊に次ぐ活躍を見せた艦と言えるかもしれません。
全体的にすっきりとした形状で、さらば/2の駆逐艦に比べると大きさはほぼ倍近いものの兵装はかなり簡略化されています。
主砲は連装1基、6連装ミサイルランチャー(多目的ランチャー?)1基、艦首と艦尾両舷に2基ずつの魚雷発射管、外見から判別出来る兵装はこれだけです。
さらば/2の駆逐艦が対艦兵装を主体とした日本海軍の艦隊型駆逐艦とすれば、この完結編駆逐艦は海上自衛隊が建造した「やまぐも」型護衛艦のような位置付けなのかもしれません。

なお完結編では各艦にハルナンバーが割り振られていましたが、製作は特定の艦とせず、艦首のハルナンバーは省略して頂きました。
で、このキットはディーラーさんの遊び心によって本来の設定にないパーツ、艦尾艦載機(艦載艇?)格納庫部分に搭載する主砲が付属していたりします。
今回の製作にあたり、この艦尾部分を交換可能なようにお願いさせて頂きました。
その結果が下記画像となります。
完結編駆逐艦
完結編駆逐艦
完結編駆逐艦
完結編駆逐艦
完結編駆逐艦
完結編駆逐艦
それぞれ上が本来の格納庫型、下が主砲型になります。
この主砲と格納庫、ネオジム磁石内臓で交換の際も気持ち良いほどかっちり嵌り、無駄に交換して遊びたくなる優れものw
弄くりながら交換仕様でお願いして良かったと改めて思ったり。

続いて恒例の1/1000地球防衛艦隊並べ。
まずは完結編地球防衛艦隊。
完結編地球防衛艦隊
小型艦が手前にあるので大きさの差があまりないように見えますが、実際巡洋艦と駆逐艦は殆ど大きさに差がありません。
駆逐艦のほうが小型なのは間違いないのですが、一回り……とも言えないようなサイズ差です。
この地球防衛艦隊、ディーラーさんが全て「岡山のプラ板使い」様なので実際にあまり差がないと考えて良さそうです。
とはいえ戦艦は流石に大きく、ボリュームで言えば巡洋艦の1.5倍くらいはありそうです。
並び順を変えてもう一枚。
完結編地球防衛艦隊
こうして見ると戦艦主砲と駆逐艦主砲の差があまりない事に驚かされます。
両者とも砲身を金属製に変えているのですが、元パーツとの大きさがあまり出ないように選別(&戦艦は製作時に長さ加工して頂いております)したものを使用しております。
……完結編の戦艦、巡洋艦、駆逐艦はもしかしたら主砲の規格が統一されていて、搭載数と艦の大きさでクラス分けしているのかしら、と思ったり思わなかったり。

そして最後は我が家の1/1000地球防衛艦隊所属艦(MJ様ごめんなさい!)。
1/1000地球防衛艦隊
1/1000地球防衛艦隊
互い違いに並べたり縦一列にしてみたりしたものの、撮影用に購入した折りたたみ式ブースではそろそろ限界(死
そして現在の予定では次の「護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ」で1/1000地球防衛艦隊の増加は止まる予定です。
……今後の増加があるとした場合、「宇宙戦艦ヤマト2199」の1/1000ヤマトとなります。
出来ればそこで止まらず2199版地球防衛艦隊&ガミラス艦隊で継続して行きたい所ですが、バンダイさんキット出してくれますよね?ね?
そんな感じで2199のプラモ化を激しく希望。
てな訳で完結編駆逐艦&地球防衛艦隊でした~。

下記14日写真追加分。
なんとなく気の向くままにパチパチと。
完結編主力戦艦&駆逐艦、若干UPで。
完結編主力戦艦&駆逐艦

完結編主力戦艦とシュルツ艦。
完結編主力戦艦&シュルツ艦
完結編主力戦艦&シュルツ艦
1/1000統一スケールだからこそ比較できるのですが、完結編主力戦艦とシュルツ艦ではシュルツ艦の方が若干全長で上回ります。
完結編主力戦艦は高さがありますが、シュルツ艦はかなり細めでスマートさで優ります。
2199ではかなり無骨なラインに修正されていますが、元のシュルツ艦が持つ流れるような艦体はヤマトシリーズでもトップレベルの優美さを誇っていると思います。
無砲身主砲と長砲身主砲の比較ですが、どちらを好むかは人次第かと……。
個人的には「砲」と付く場合は砲身が有る方が好みなんですが、シュルツ艦の主砲塔から砲身が出ている姿もちょっと想像しにくいものがあります。
……最終的にはデザインによりけり、ではあるのでしょうけれど。

完結編駆逐艦とシュルツ艦。
完結編駆逐艦&シュルツ艦
完結編駆逐艦&シュルツ艦
流石に大きさの違いが歴然と。
ヤマトシリーズではヤマトを除くと地球艦隊が他星系の艦隊と共同で戦闘を行った事が殆どありません。
復活編ではそれらしき場面があるにはありましたが、指揮系統が完全に別物で共同というより敵の敵は味方、といった感じでした。
模型ですとそういった「IF」が簡単に再現出来るのが強みですねー。

最後に今回撮影した3隻揃い踏み。
完結編主力戦艦&駆逐艦&シュルツ艦


現在建造待ちのヤマト系艦艇は下記の如し。
ディーラー:DO楽DO様
1/500宇宙戦艦ヤマト
1/500護衛戦艦アリゾナ
岡山のプラ板使い様
1/1000護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
1/1000ガルマンガミラス帝国三段空母
初代組様
1/1000白色彗星帝国高速中型空母ナスカ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウチの看板タイトルが!?、、、Σ(・ω・ノ)ノ!

まずは完結編艦艇のコンプリートおめでとうございますm(__)m
正直、ここまで巡洋艦と駆逐艦のサイズが近いとは思わなかったですね。
地球防衛艦隊が沿岸艦隊から外洋艦隊化していく中での必然だったとか、この辺りは色々と妄想のし甲斐もありそうです。
完結編の戦艦・巡洋艦・駆逐艦の主砲については、口径が統一されているという独自設定を展開されている同人誌を読んだことがあります。
規格統一によって、高コストの波動カートリッジ弾やコスモ三式弾のコストダウンや、遠隔地での補給効率を考えて・・・・・・とか、そんな設定を展開されていて、非常に面白かった記憶があります。

あと、この完結編の三隻を見ていて浮かんだ妄想ですが、完結編主力戦艦の後継艦が復活篇のスーパーアンドロメダ級で、巡洋艦の後継が復活篇の主力戦艦だった・・・・・・とか。
まぁ、その前提として、MRDさんが立体化されたくらい、Sアンドロと主力戦艦にサイズ差を生じさせる必要はありますが、我が家の艦隊では確実にそうなるので、その前提で話を続けます(ヲイ)
フネとしてはほぼ同規模の巡洋艦と駆逐艦が運用比較されて、10年ほどの間に駆逐艦の方が淘汰的に消えていったとかどうでしょう。
同じくらいの規模で、同じくらいの人員を要するのであれば、波動砲積んでる方が良いよな?みたいなw
まぁ、そこまで単純でないにせよ(笑)、できるだけ艦種を絞って量産性を向上させるという目的の下、完結編では三艦種だったものが、復活篇では更に絞られて二艦種になっていたとか・・・・・・。
といっても、二艦種にするのであれば、波動砲搭載艦と非搭載艦の二艦種の方が良いような気がしますが(^_^)

それにしても完結編駆逐艦、予想以上にカッコ良かったです!!
ウチにも同じキットがあるので、私もお願いしたくなってきましたw

No title

MJ様

タイトルお借りさせて頂きました~。
……ご不快に思われましたら申し訳ありませんm(_ _;)m

>コンプリート
ようやく日の目を見ない地球防衛艦隊が勢揃い。
本編で殆ど活躍できなかった彼女達も、少しは浮かばれると良いのですが。・゚・(つД`)・゚・。

>サイズ
駆逐艦の大型化は現実でも同じですからね。
……米海軍が建造中のズムウォルト級DDGは1万トンを超え、イージス巡洋艦であるタイコンデロガ級CGより大きくなってますし。
主砲の大きさについては、主力戦艦と駆逐艦は砲塔そのものを一回り大型化しているので巡洋艦の主砲とは差が出ています。
それを考慮に入れると砲身サイズは全艦ほぼ同じで、主砲規格は統一されていると見て間違いなさそうです。

>後継艦
巡洋艦と駆逐艦の境界があいまいになり、巡洋艦&駆逐艦で出来る事は戦艦で全て可能となった結果かもしれません。
地球の復興が進み、必要なだけの戦艦が充分に配備出来る様になった時点で低コスト量産艦としての巡洋艦、駆逐艦が自然と淘汰されたのかもしれませんね>復活編
まあ、そう考えてもなお復活編の主力戦艦&スーパーアンドロメダ級戦艦の並列建造の意味がさっぱり判らないのは変わらないんですが。
元設定だと全長が同じということになっていますし、旗艦として雪が乗艦していたコトを考えれば大型化&艦隊旗艦用として少数建造とした方がまだ説得力があります。
ブルーノア級が地球防衛艦隊総旗艦、スーパーアンドロメダ級が各艦隊旗艦、主力戦艦は艦隊構成の中核艦。
こんな感じで単純化した方が良かったんじゃなかろうか……と。
まあ、スーパーアンドロメダ級は艦体下部に航空関係の設備を持っていますから、宇宙空母の発展型という部分もあったのかもしれません。
その場合はその場合で準空母に波動砲2基なんか必要ないじゃん?という疑問が発生する訳ですが(死
なんにせよ復活編の地球防衛艦隊は各艦の位置付けがあまりにも曖昧(ブルーノア除く)なのがなんともかんとも。

>完結編駆逐艦
兵装は若干貧弱ながら、劇中の活躍(?)もあって完結編の艦艇ではかなり良いイメージがある艦だと思いますw
流石に艦首波動砲のコンパチは「駆逐艦に波動砲はどうよ?」と考えオミットしましたが、後部主砲の交換は「アタリ」だったと思います。
製作の際は本気でお勧めですよ~ヽ(´ー`)ノ
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR