護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ

そんな訳で遂に完成、到着致しました。
岡山のプラ板使い製ガレージキット、宇宙戦艦ヤマトⅢより1/1000護衛戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」でございます。

そんな訳で早速画像をば。
左舷艦首左上方向より。
護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ

左舷艦首左方向より。
護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ

左舷艦首下方向より。
護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ


両舷艦尾方向より。
護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ

艦首上方向より。
護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ


艦尾上方向より。
護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ


一件して判るのですが、戦艦というより全体的な印象はさらば/2の巡洋艦やパトロール艦に近いものがあります。
フィンの数が少ない事やエンジン周りの形状が巡洋艦に近い事、やや太めの艦体ながら余計な突起物が殆どなくスマートな印象を与える艦だと思います。
主砲も連装4基(前3基、後1基)で、基本的に全ての戦艦が三連装砲を採用している地球防衛艦隊ではかなり特異な艦だと言えるでしょう。
……個人的には戦艦というより巡洋戦艦、或いは超甲巡洋艦に近い高速性能を重視した機動戦艦なのではないか、と思ったり。
艦体規模も同じ護衛戦艦のアリゾナに比べると一回り小さくなっており、兵装の差も含めて考えるとやはり純粋な戦艦というよりは巡洋戦艦に近い性格を持っていると思わせる艦影です。
艦橋も同時代の戦艦に比べるとかなり小ぶりで、艦隊旗艦機能を持たないのではないでしょうか。
艦橋構造の形状は完結編の巡洋艦や戦艦、駆逐艦に通じるものがあり、地球防衛艦隊の艦艇の発達史を思わせるものとなっています。

アリゾナ&プリンス・オブ・ウェールズ。
原作であるヤマトⅢでは殆どワンカットのみの登場で、活躍する場面もありませんでしたがこの2隻がヤマトと共に戦闘するシーンが見てみたかったです。
アリゾナとプリンス・オブ・ウェールズ
アリゾナとプリンス・オブ・ウェールズ
アリゾナとプリンス・オブ・ウェールズ
アリゾナとプリンス・オブ・ウェールズ
アリゾナは3連装砲5基15門(前方火力12門)もの火力があるのに比べ、プリンス・オブ・ウェールズは連装4基8門(前方火力6門)とほぼ半数となっています。
プリンス・オブ・ウェールズは艦体そのものはアリゾナより一回り太く、もしかしたらヤマトのような航空戦力をその艦内に搭載しているのかもしれません。
アリゾナが砲撃力重視の純然たる「戦艦」とした場合、プリンス・オブ・ウェールズは高速性能と艦載機を重視した「高速航空(巡洋)戦艦」という見方も可能ではないでしょうか。

最後に1/1000地球防衛艦隊。
地球防衛艦隊
地球防衛艦隊
こうして見ると波動砲の装備位置が艦首下部というのがかなり特異な形状である事が判ります。
艦首形状もいかにも速度重視と言わんばかりの先鋭的なフォルム。
原作でこそ活躍しませんでしたが、地球防衛艦隊の中ではかなり異質な、それでいて地球防衛艦隊のラインからは外れていない微妙かつ絶妙なデザインだと思います。

他の艦との組み合わせなど、写真のご希望がありましたら是非コメント欄にお願い致しますヽ(´ー`)ノ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

POW竣工おめでとうございますm(__)m
立体物としてはアリゾナ以上に希少で、ここまで大きなサイズ且つ色んなアングルで拝見したのは初めてです(^_^)
原型師さんのお好みかもしれませんが、艦橋構造物は完結編の駆逐艦や巡洋艦にも似た雰囲気がありますね。
連装四基のショックカノンといい、アリゾナと比べれば非常にシンプルな艦容といい、かなり建造コストの低減を意識した艦にも思えます。
『最低限度の性能で最大多数』という艦艇建造の命題に対する、かつての世界最大・最強の海軍国の回答がこの艦だったと言われても納得できそうです。
この時代、あまり予算もなく、設計技術もない国で宇宙戦艦を調達するなら、アリゾナでもビスマルクでもなく(もちろんノーウィックでもなく)、この艦の設計図を買うか、イギリスに建造そのものを発注しそうです。
アリゾナは強力でも建造コストが無茶苦茶高そうだし、ビスは防御に偏りすぎて攻撃力弱そうだし、ノーウィックは設計思想が問題外に・・・・・・w

写真の希望ですが、個人的にはサイズが同じくらいのPOWと主力戦艦(さがみ)、完結編巡洋艦の取り合わせ画像が見たいですね。

POWの主砲は2連装式を5基置くことで、損傷しても砲撃能力のダウンを抑える意図もあるんでしょうね。

アリゾナがアンドロメダの影響が大きいのに対し、POWやビスマルクが全く異なる艦容なのは、設計が新しいのに加え、ヤマトとアリゾナに対するヨーロッパの回答という意味合いあるのでしょう。

追伸
再稼動しました。
色々変更点もあります。

『相模』は出ていませんが、ド級主力戦艦の最終バージョンで出す予定です。

No title

MJ様

>POW竣工
護衛戦艦2隻目、遂に配備されましたw
アリゾナがガレージキットとはいえ比較的立体化に恵まれているのに対し、大き目のスケールではたぶんこの1/1000が唯一ではないかというプリンス・オブ・ウェールズ、砲撃戦重視のアリゾナとは対照的な艦影です。
ビスマルクとノーウィックはあまり魅力を感じない(それ以前にキットもPOWよりさらに少ない)ので、今後ヤフオクで見かけた場合でも落札に走るかどうかは微妙……。
とはいえ、個人的に実はデザイン的にはノーウィックはそれほど悪くないと思っていたり。
ビスマルクは流石に戦艦らしい部分が殆どない(隠蔽式主砲&VLSミサイルでのっぺら?)のがなんともかんとも。

>POW&相模&完結編巡洋艦
写真の件、了解致しました。
近日中に撮影してみようと思います。



EF12様

>砲撃能力ダウン
連装砲4基8門と3連装3基9門で比較しますと、連装砲は3基やられても2門は残る計算です。
しかし艦体に占める砲塔占有面積は3連装より大きく、被弾率も上昇すると考えられます。
この辺りの損得を考えると、史実の戦艦がそうであったように3連装砲3~4基が一番バランスが取れているのではないかと。
1930年代に計画された現実の各国新造戦艦で連装砲を採用したのはビスマルクだけ(ヴァンガードは主砲流用が前提なので除外)ですし、重量効率を考えた場合多連装化は必須なのかもしれません。
……でもそう考えるとますますPOWの連装4基の理由が判らなくなる罠。
もしかして英国最後の戦艦ヴァンガードをモデルにしたから、とか???

>相模
改訂作では完結編巡洋艦の試作艦が嶋津艦長のフネになっているようですね。
……流石にガレージキットの入手は厳しいけれど、ザッカピーエー・ピー製の巡洋艦を改造して「白根」を作ってみるのも良いかな、と思っている罠(滅
何はともあれ、続きを楽しみにしております~。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR