護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズその弐

前回の更新に頂きましたMJ様のコメントに「主力戦艦や完結編巡洋艦と並べて欲しい」というリクエストがありましたので、撮影してみました。

まずは主力戦艦と。
主力戦艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
斜め上から見た図ですが、プリンス・オブ・ウェールズの艦橋が著しく小型化されていることが判ります。
さらば/2では艦橋からそのまま指揮を執っていたのに対し、プリンス・オブ・ウェールズは艦体内にCICを設置して指揮機能の生存性を高めているのかもしれません。
主砲そのものの口径は殆ど同じで、単純に連装化しただけの可能性も?

続いて正面上方から。
主力戦艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
艦体後部側面にインテークが配置されている事もあって、やはり戦艦と言うよりは巡洋艦に近い印象です。
ちょっと意外だったのは主力戦艦の方が若干太めの艦体を持つ事。
やはり全体的にスマートさが目立つ艦と言えるでしょうか。

斜め上後方より。
主力戦艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
艦首側がボケちゃってますが、艦尾付近の差は判りやすいと思います。
ノズルの形状といい、やはり巡洋艦的な艦型を持つ事が一目で判ります。

前方斜め前下方より。
主力戦艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
幅は負けてますが深さ(高さ)では負けていません。
主力戦艦は下部インテークなどで大きく見えますが、艦体そのもののボリュームはプリンス・オブ・ウェールズの方が上でしょう。


続いては完結編巡洋艦と。
斜め前方上方より。
完結編巡洋艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
……戦艦どころか巡洋艦より艦橋が小さいという結果に。
形状は両者に共通する部分が多く、実際にプリンス・オブ・ウェールズの設定画では完結編に登場した艦と同系統の艦橋が描かれています。
流石に全長で巡洋艦を上回りますが、艦体のボリュームは巡洋艦もかなりのものと言えるのではないかと。

正横上方より。
完結編巡洋艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
こうして並ぶと全長で上回っていてもあまりその差を感じなかったり……。
波動砲の装備位置の違いが艦首付近のデザインに大きく影響している事が一目瞭然ですね。

正面上方より。
完結編巡洋艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
幅そのものはあまり変わりませんが、プリンス・オブ・ウェールズが六角形に近い形をしているのに対し、完結編巡洋艦は1/3辺りまでほぼ垂直で下部が若干広がった形状です。
艦内容積という点ではプリンス・オブ・ウェールズがかなり優位と思われます。
……にしてもホント艦橋ちっさい……。

前方斜め前下方より。
完結編巡洋艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
波動砲の装備位置の違いが良く判ります。
現時点で波動砲を艦首下部に搭載した艦はプリンス・オブ・ウェールズだけ。
どんな理由から装備位置を決めたのか、気になるところです。


続いてはある意味恒例?のしゅんらんと。

まずは斜め前方上方より。
しゅんらん&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
……戦艦が並んでいるとは思えない状態。
まあ、しゅんらんの方は元が1/700アンドロメダを改造したものなので当然と言えば当然なのですが、ゲーム画面を見る限りコレでも充分通用する気はします。

艦首斜め前方より。
しゅんらん&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
しゅんらんが400m級と仮定した場合、ほぼこんな感じになりそうです。
戦艦同士というより戦艦と巡洋艦、それも小型の巡洋艦が並んでいるような感じ。
とはいえ、艦の大きさに比べれば主砲のサイズはそれほど差はなし。
砲門数ではプリンス・オブ・ウェールズが連装4基8門艦なのに対し、しゅんらんは4連装5基20門艦なので圧倒的な差になりますが。


最後はなんとなく思い立ってシュルツ艦と。
シュルツ艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
シュルツ艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
シュルツ艦&護衛戦艦プリンス・オブ・ウェールズ
意外やシュルツ艦の方が全長で上回っています。
元々シュルツ艦はかなりスマートな艦なので、こうして並ぶとプリンス・オブ・ウェールズが太った艦に見えます。
ヤマトⅢのガルマン・ガミラス帝国にはシュルツ艦(の同型艦)は出て来なかったので、有り得ないツーショットではありますが、立体物であればこそ可能だとも言えますね。
……それでもここまでマイナー艦での撮影は稀ではないかと思いますorz
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは(^_^)
早速のリクエストにお応えいただきましてありがとうございました。
眼福であると同時に、設定考察的にも大変興味深いツーショットをタップリと満喫させていただきました。

先日は『コストダウンを追及した戦艦?』という思いつきを書きましたが、画像を見ている内に、あれこれと思い浮かんできますね。
主力戦艦とのツーショットを見ていると、『もしかして、主力戦艦と競合して負けた主力戦艦の“別案”?』などと思いつきました。
ヤマトを参考に計画されたボロディノ級に対して、既存の巡洋艦/パト艦を戦艦クラスにまで拡大したのがPOWの原型だったりとか。
建造コストではボロディノ級より有利だったものの、直接戦闘力に劣る点から不採用となったものが、デザリアム戦役後の防衛艦隊再建計画時、イギリス独自の建造艦として再び日の目を見て・・・・・・とかw
ま、何の根拠も無い思いつきですが、妄想すると非常に楽しいです、POW。

No title

MJ様

アリゾナが主力戦艦>アンドロメダを経た結果とすれば、プリンス・オブ・ウェールズは巡洋艦の拡大型としての戦艦、史実に置き換えれば装甲巡洋艦>巡洋戦艦>高速戦艦(フッド)、のような系譜なのかもしれませんね。
なんだかんだでフッドはかなりの重装甲(初期長門型に近い!)ですし、イギリス人ならそういう方向で考えていたとしても然程不自然ではない、と個人的には思います。
いずれにしてもノーウィックを除けば地球防衛艦隊史上でもかなり珍しいタイプの艦である事に間違いはなさそうです。

そして次回更新予定、何故か完成品が1個増えた罠。
手持ちのヤマト系艦艇でスケールが1/1000と確定している中でははたぶん最大。
早ければ週末までに撮影を済ませておきたいところ……。

No title

こんちは(^_^)
入院中の手習いとして、『護衛戦艦』についての妄想設定を書くことを思い立ちました。
御迷惑でなければ、その設定用にアリゾナとPOWの画像何枚かを当方ブログに転載させていただけませんでしょうか?
尚、今回の妄想は艦そのものというより、各国が独自保有することになった『護衛戦艦』というカテゴリーについて総花的に書こうと思っています(^_^)
毎度勝手を申しまして恐れ入りますが、御検討宜しくお願いしますm(__)m

ところで、新たに入手した完成品って、もしやド・・・・・・(以下自粛)
でもアレって、未組立のキットお持ちじゃなかったでしたっけ・・・・・・?

No title

MJ様

>転載
出展さえ明記して頂ければ問題ありません。
若しくは画像直リンクでもOKです。
そんな訳で記事楽しみにしております~。

……さて、今から画像UPの準備しなきゃ(ぁ

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR