続・DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト

そんな訳で模造紙使った簡易撮影ブースを作成してみました。
なんとか撮影する事が出来ましたので、早速写真をぺちぺちと。
……相変わらず写りが良くないのは勘弁して下さいorz

まずは全体像。
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
やはりヤマトの艦体ラインは優雅な曲線だなぁと実感。
にしても波動砲発射口の自己主張が凄く、この発射口がなければヤマト足りえないと言えるだけの存在感。

艦橋付近。
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
前回の記事でも書いた通り、第二艦橋両舷に航海灯を追加して頂きました。
前後方向は通常の白、右舷緑、左舷赤で配置されていて、前部のマスト灯は前方225度の方向から、右左舷灯は正艦首方向から各112.5度、船尾灯は後方135度までの範囲で視認出来る様になっています。
これは夜間にフネの進行方向を判断する為のもので、「緑白赤」で見えれば的艦(船)がこちらに艦首を向けていて、「白赤白」の灯火が見えていれば左舷を見せている、という事になります。
1/700のウォーターラインシリーズなどでは小さすぎて再現し難いものですが、1/500ともなるとこういった装置の有無はリアリティに大きな影響を与えるのではないかと思います。
正面付近から望んだ場合、設置位置が良く判るのではないかと。↓
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
……いかがでしょう?

続いては艦尾付近。
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト
波動エンジンのノズルが迫力満点。
気になるのはカタパルト旋回と主砲旋回のクリアランスがかなりギリギリ、というか被っているだろうという点。
まあ、大元のデザインからそんな感じなので仕方ないのですが……。

で、最後に毎度のサイズ比較。
とはいえ手持ちの1/500キットはこのヤマト以外にはファインモールドの艦隊旗艦&ミサイル護衛艦しかないわけですが。
しかもこの2点、明らかにサイズちがくね?って感じの大きさだったりします。
大人の事情で「宇宙戦艦ヤマト」とは無関係というコトになってはいますが、実際には……(==;
と言うわけで両者をそれぞれヤマトの隣に置いてみました。
まずは艦隊旗艦(沖田艦)。
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト&ファインモールド艦隊旗艦(沖田艦)
……明らかに小さいです。
というか復活編の信濃よろしく、若しくは宇宙空母ブルーノアのシイラの如く艦首下部に埋め込まれていて切り離し可能です、と言われても違和感がない罠。
2199で大きさが制式に設定されるまで版権元の公式サイズがなかった艦ですから、仕方ないと言えば仕方ないのですが……。

気を取り直してミサイル護衛艦(突撃宇宙駆逐艦ゆきかぜ)。
DO楽DO1/500宇宙戦艦ヤマト&ファインモールドミサイル護衛艦(ゆきかぜ)
……こっちは違和感がない!w
というか、2199設定の80m級とした場合、ほぼピッタリのサイズです。
どう見ても艦隊旗艦の元サイズ設定がおかしかったってコトなんでしょうねぇ……。
艦隊旗艦とミサイル護衛艦の艦橋を見比べただけでもサイズのおかしさが判りますし。

駆け足でしたがDO楽DO様の1/500宇宙戦艦ヤマトでした!
……9月にはほぼ同サイズのアリゾナが届く訳ですが、ホント置き場所どうしよう……o......rzコロコロ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはー(^_^)

撮影お疲れ様です!!

> 「緑白赤」で見えれば的艦(船)がこちらに艦首を向けていて
> 「白赤白」の灯火が見えていれば左舷を見せている

いやー、これは初めて知りました。
やっぱり正しい知識に基いた改造は趣がありますね。

> カタパルト旋回と主砲旋回のクリアランスがかなりギリギリ

完結編主力戦艦の第三砲塔もそうですが、ヤマトの登場艦艇は多かれ少なかれそんなところがありますよね(^_^;)
殆ど息の抜ける部分がないというか、工業製品としてそれはどうよ・・・・・・みたいなw

> ホント置き場所どうしよう

この悩みは痛いっっっ~~~~~~ってほど分かります!!(^_^;)

No title

MJ様

>クリアランス

アンドロメダなんて、作中でも四番砲塔が補助エンジンに装備されたフィンに遮られ、ヤマトを指向出来ていなかったりしますからねぇ……。
あの辺りはもう少し小型化するとかしてきちんと射界を確保して欲しかったところです。
完結編の戦艦は元デザインだと斜め方向へは干渉するものの、真横へは干渉しないんですよね。
手持ち完成品のキットだと、艦尾が若干寸詰まりになっているので干渉の度合いが大きくなってしまっていますけれど……。

置き場所はなんとか確保していくつもり、ではありますがコレクションケースだと60センチ近いサイズのフネを飾れるものを探すのが大変です(==;
自室には既にフィギュアメインのコレクションケースが大型3つ小型2つ配備されているので、他の部屋に置き場所を求める事になりそうです。
家人からの文句が凄まじいコトになりそうですがorz
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR