地球防衛艦隊巡洋艦

今回はちょっと予定を変更して宇宙戦艦ヤマト(さらば/2)に登場した地球防衛艦隊の巡洋艦をご紹介。
キットはDO楽DOさんのガレージキットで、ヤフオクにて落札したもの。
このキット、現在は未組立のものを入手する事が極めて困難で完成品の出品を含めてもヤフオクで年1~2回見かければ御の字という所です。
スケールは1/500で、今のところDO楽DOさんの1/500はこの巡洋艦の他に「宇宙戦艦ヤマト」「護衛戦艦アリゾナ」を所有しております。
写真が上手く撮れなかったので5枚のみ。

全体2枚。
地球防衛艦隊巡洋艦全体1地球防衛艦隊巡洋艦全体2
艦首に波動砲を装備した、さらば/2の地球防衛艦隊のスタンダードな構造。
以前の記事ではバンダイ製の完成品を紹介しておりますので、比較するのとも一興かと思います。
DO楽DOさんのガレージキットはデザイン画と違う点として、前甲板の主砲が水平で段差が付く形で2基装備されており後ろの主砲が斜めの装備ではない事、艦首下部の宇宙魚雷発射管が4連装から3連装になっている事、艦橋周囲に隠蔽式対空砲が多数設置されている事などがあります。
また後部8連装重火器が5連装になっている事、補助エンジンと思しきノズルが後部に設置されている点も元デザインとの大きな違いでしょう。

艦体はさらば/2の時期に小~中型艦の基本ともいえる紡錘形をしており、艦橋構造も比較的小さめでスマートかつ高速性を感じさせるデザインだと思います。
巡洋艦は主砲が連装3基&3連装2基で合計12門を装備しているのですが、これに加え魚雷発射管12門(元デザインでは14門)が全て艦首方向に指向可能という極めて大きな前方火力を持っています。
この設計から見る限り、同じく前方火力を重視した駆逐艦を率いて敵艦隊に突撃する事を目的としていたと思われます。
……地球防衛艦隊の基本が拡散波動砲を用いた決戦主義になってしまったようで、その火力を活かす機会は僅かに土星空域での会戦のみでしたが。


地球防衛艦隊巡洋艦艦橋地球防衛艦隊巡洋艦兵装配置
艦橋付近。
舷側から突き出た隠蔽式対空砲がこのキット最大の特徴ではないでしょうか。
上4枚の写真はフラッシュを焚いたせいか青みが強く出てしまっています。
暗いとこんな感じ↓
地球防衛艦隊巡洋艦全体3
艦首波動砲口のアップ。
やはりこの艦首波動砲こそ地球防衛艦隊のキモだと思います。
……2199だとヤマトの波動砲すら封印されているし、もし続編が出る時はどうなるんだろう、という疑問が。
正直、一番売れ線であろうさらば/2の地球防衛艦隊をバンダイが出そうとしないとは思えないんですよねぇ。
続編の話はまだ全然聞こえてきませんが、可能ならば1/1000で新生地球防衛艦隊を出して頂くためにも製作して欲しい所です(本末転倒)。

次回こそ前回の予告通り「漣」と「島風」を……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR