予定変更。ハセガワ完全新規金型の軽巡洋艦「天龍」

前回の最後で「雪風」「天津風」の予告を出しましたが、予定変更で今回の更新はハセガワの完全新規金型による1/700フフ怖さん天龍です。
なお、ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

WLシリーズでは42年前に発売された「天龍」「龍田」が遂にリニューアル。
ぶっちゃけこの情報を聞いて我が耳を疑った艦艇モデラーも多いのではないでしょうか……。
数年前なら「妄想乙」で済まされてしまいそうなリニューアルですが、これも間違いなく艦これ効果による艦艇模型の需要増大が背景にあると思います。

「天龍」型は八八艦隊計画における水雷戦隊旗艦(嚮導艦)や艦隊のワークホースを目的として建造された基準排水量3230トンの日本海軍初の近代的軽巡洋艦です。
天龍右舷全体天龍左舷全体
天龍全体天龍俯瞰図
「天龍」全体図。

全体としては同時期に計画が進んでいた「磯風」型駆逐艦の拡大型と呼べるもので、兵装配置は同艦を元にしたものとなっており、機関も磯風型で採用されていたものを3セット3軸(磯風型は2セット2軸)で搭載、最大速力33ノットを得ました。
砲力は14センチ単装砲4基の砲力は当時としても強力とは呼べないもので、さらに艦これでは天龍の「世界水準軽く超えてるからな」という発言があり、軽巡洋艦の中では最も低い性能である事と合わせてネタ台詞と化した感があります。
しかし「天龍」型の真価はその雷撃力と速度にあり、軽巡洋艦として30ノットを超えた世界初の艦であること、魚雷斉射能力が片舷6射線という当時の平均的な駆逐艦と同等以上の雷撃力の点で正しく「世界水準を軽く超えていた」のです。

天龍左舷中央部天龍後部発射管
天龍に装備された53.3cm三連装発射管。当初はレールの上に発射管を装備し、雷撃時に舷側へ移動させる方式を採用していました。
しかし実用上の不備が大きかった事、魚雷の強度改善により高所からの発射が可能となった事で魚雷発射管の装備位置を高める事が可能となり、中心線装備で固定されました。
左右両舷に2基ずつ装備された25mm連装機銃と艦尾甲板に装備された8cm(実口径7.6cm)単装高角砲1門が対空兵装の全てとなります。

なお速度に関しては英大型軽巡フューリアス及びカレイジャス級が天龍型就役以前に30ノットを超えてはいますが、これらの艦は常備排水量で2万トン近い「大型軽巡洋艦」であり、一般的な「軽巡洋艦」とは全く異なる目的で建造されている為、例外となります。
魚雷兵装に関しては近代的軽巡洋艦の始祖と言われる英「アリシューザ」級で53.3cm連装2基であり、しかも両舷配置の為片舷では2門と天龍型の1/3でしかありません。
天龍より1年前に完成した5000トンの「ダナイー」級でようやく53.3cm3連装4基(片舷2基)となりますが、同艦の速力は29ノットと33ノットの天龍型には及びませんでした。
天龍型は本質的には高速力と雷撃力を兼ね備えた「魚雷戦巡洋艦」とでも呼ぶべき存在だと言えるでしょう。

天龍の艦橋。リニューアル前のハセガワ「天龍」は艦橋形状が全然違うとモデラーから酷評されていましたが、リニューアル「天龍」は「龍田」との差異も含め再現度は桁違いとなっています(「龍田」も製作依頼中)。
天龍艦橋天龍艦橋後方
艦橋内部も一部再現されています。

天龍艦首天龍
天龍艦首。艦橋がかなり前よりに設置されていて、正艦首方向への砲撃力が1門しか確保出来ていない事が判ります。
同時期のドイツ小型巡洋艦(軽巡洋艦のドイツ海軍呼称)では艦首甲板へ並列に砲を装備する事で正艦首方向への火力を増加させたりしていますが、天龍型は主砲と魚雷発射管を全て中心線配置としています。
また天龍型の特徴として艦橋の真後ろに2番主砲が配置されている事があげられます。

天龍艦尾天龍後部兵装配置
艦尾付近の兵装配置。3、4番主砲が背中合わせに装備されています。
艦尾から伸びる2本の軌条は爆雷用ではなく連携機雷と呼ばれた1号機雷用で、昭和に入って使用されなくなりましたが軌条は残されていました。

以上、完全新規金型で発売されたハセガワ「天龍」でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

完結して

安心してコメできるぜヒャッハー!
説明文読んでるとふふこわさんがすごい艦に思えてきた!不思議!
世界水準ってネタじゃなかったんですね。
次の艦も期待してます!

世界水準

いつもコメントありがとうございます。
天龍型は最大速度が30ノットを超えた世界初の軽巡洋艦である、という点は結構忘れられている事が多いです。
加えて駆逐艦と同等の雷撃能力を持つ魚雷戦用巡洋艦として見た場合、間違いなく当時の世界水準を超えた艦である、という点を強調したくてあのような文章となりました。
次回は当初予定の通り駆逐艦で「雪風」「不知火」「天津風」の3隻を同時に紹介するつもりです。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR