軽巡洋艦「夕張」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

連続更新4日目&最終日の本日は軽巡洋艦「夕張」です。
模型の夕張は対空兵装強化工事後、米潜水艦「ブルーギル」に撃沈されるまでの姿を再現したものです。
夕張全体1夕張全体2夕張艦橋
「夕張」は大正六年度の八四艦隊計画で建造予定だった5500トン型1隻の計画を途中で変更、5500トン型と同等の兵装をより小型の艦で実現するという目的の元建造された、実質的に実験艦と言うべき軽巡洋艦です。
主砲は5500トン型より1門減としつつ全主砲を中心線配置とした事で片舷砲力は同等、魚雷発射管も搭載数は連装2基と半減しているものの主砲と同じく中心線配置により片舷雷撃力は同等とされました。
また主砲は単装砲と連装砲各2基を軽巡洋艦としては初めて前後共に背負い式配置としている事も大きな特徴となっており、同時に基準排水量は2890トン(計画値)、5500トン型に比してほぼ3/5の排水量でこれらの兵装を搭載する事に成功しました。
夕張前部夕張艦尾
主砲配置は艦首・艦尾側に14cm単装砲、その後(前)に14cm連装砲を背負い式に装備、単装砲は砲塔ではなかった為に連装砲の爆風から砲員を保護する為のブラスト・スクリーンが装備されています(連装砲の砲身先端下部に取り付けられているのがブラスト・スクリーン)。
夕張の設計に当たっては排水量を抑制する為に従来の軽巡洋艦とは異なり駆逐艦式の設計が多く取り入れられており、その基本計画番号が「F42」であることも夕張が軽巡洋艦と言うよりむしろ大型駆逐艦としての方向性で建造された事を示しています。
 ※基本計画番号「F41G」は望月型、「F43」は吹雪型。巡洋艦の基本計画番号は「C」が頭文字。
それを裏付ける資料としては構想を打ち出した平賀譲のメモにも「3000トン級大型駆逐艦」「機関設計から見ても駆逐艦」という文言が残されていることが挙げられます。
また、夕張は舷側装甲を強度部材に取り込む事で船穀重量を軽減するなど設計面で徹底した軽量化を図っています。
装甲配置も独特なもので、外側に硬度の高い19ミリのHT(高張力)鋼鈑を配置しその内側0.8~1mの位置に粘り強さを持つ38ミリのNVNC(ニッケル・クロム均質)鋼鈑を設け、外側のHT鋼鈑で敵弾を炸裂させ、内側のNVNC鋼鈑で断片を受け止める事を目的としたものとなっています。
しかしながら完成後の技術的評価はともかく、軽巡洋艦としての評価は散々なものでした。
海軍は夕張に対し水雷戦隊旗艦としての適性がないとの判断を下しており、その理由として「雷撃能力が低い(片減4射線では不足)」「水偵搭載能力がない」という2点を挙げています。
5500トン型と同等の兵装をより小型で実現させる事を目的とした夕張は、その小型化故に後の改良を受け入れるだけの余力に欠けていたのです。
とはいえ使用実績は悪くはなく、その後の「古鷹」型に始まる日本重巡洋艦の技術的起点となった点で極めて重要な位置付けにある艦でもありました。
外観上の特色としては誘導煙突の存在が大きな特色となっており、この誘導煙突は艦橋配置と共に見た場合「遠距離から艦の前後方向が明確に判る」などの海外からの批判もありましたが、実用上は全く問題ありませんでした。
夕張煙突1夕張煙突2

魚雷発射管は艦の中央部に2基装備されており、その間には高角砲を装備(模型では機銃へ換装済)しており、その下部には予備魚雷が搭載されていました。
夕張中央部夕張中央部兵装配置

全体の兵装配置は上から見た場合このようなものとなっています。
夕張俯瞰

1番主砲は12cm単装高角砲へ、4番主砲は96式25ミリ三連装機銃へ換装されています。

なお、艦これにおいては夕張は「兵装実験軽巡」と自称しておりますが実際に実験されたのは上で書きましたように装甲を強度部材に取り込む、小型艦で背負い式配置を実施するなどであり、兵装そのものの試験は行っていません。
むしろその小型化から来る余裕のなさにより就役後に目立った改装工事が殆ど行われていないのが実情です。

以上、軽巡洋艦「夕張」でした。
写真ストックが切れたので次回の更新はGW中になる予定。
「龍田」と「北上」を順次更新するつもりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大正6年

>>「夕張」は大正六年度の八四艦隊計画で建造予定だった5500トン型1隻の計画を途中で変更、5500トン型と同等の兵装をより小型の艦で実現するという目的の元建造された、実質的に実験艦と言うべき軽巡洋艦です。

>>その後の「古鷹」型に始まる日本重巡洋艦の技術的起点となった点で極めて重要な位置付けにある艦でもありました。


夕張さんじゅっさいはネタじゃなかったんですね失望しました、那珂ちゃんのファンやめます。

No title

日本海軍の戦艦は大和型以外全て、軽巡洋艦は天龍型、球磨型、長良型、川内型、夕張が、駆逐艦は睦月型以前の艦が大正生まれですねー。
重巡洋艦「古鷹」は大正15/昭和元年生まれなのでちょっと微妙なラインですが……。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR