天龍型軽巡洋艦二番艦「龍田」

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

デジカメ様が予定より早く帰ってきたので「龍田」を撮影しました。
「龍田」は以前掲載した天龍の姉妹艦で、天龍型二番艦になります。
基本的な概要は天龍と同じなので、上記のリンク先の説明を見て頂ければ幸いです。
ですので今回はハセガワ渾身(?)のリニューアルで天龍、龍田の差異についての説明がメインとなります。

まずは全体像。
龍田全体1龍田全体3龍田全体2
同型艦だけにぱっと見ただけではどちらがどちらか判りません。

しかしハセガワのリニューアルキットでは現在までに判明している識別部分を可能な限り再現しています。
まず艦橋部分、左側が「天龍」、右側が「龍田」になります。
天龍艦橋(龍田比較用)龍田艦橋(天龍比較用)
艦橋窓の「高さ」が違い、天龍の方が窓が狭く、龍田の方は窓が大きくなっています。
現存する写真などでもこの違いは判明しているのですが、金型を流用した箱換えキット(中身は同じで箱のみ別)である初代WLの天龍&龍田では再現されていませんでした。
また、艦橋下部に取り付けられたホーサーリールの取り付け方法も天龍で横、龍田で縦とされています(ホーサーリールは係留用の舫い綱等を巻きつけておくドラムの事)。

続いて後檣部分。
天龍後檣(龍田比較用)龍田後檣(天龍比較用)
かなり判り辛いと思いますが、「天龍」の後檣(マスト)は中段で接ぎ木をする形となっており、「龍田」のそれは段差がなく完全な一本棒となっています。

最後に甲板部分。
天龍俯瞰(龍田比較用)龍田俯瞰(天龍比較用)
これはまだ確定していない部分なのですが、ハセガワは今回のリニューアルに辺り一歩踏み込んで再現を試みたようです。
甲板上に張られたリノリウム(写真で茶色の部分)という断熱・緩衝材を押さえる金具の取り付け方法が「天龍」は艦首尾方向に対し横向き、龍田が縦向きとなっています。
これは龍田の後に同じ佐世保海軍工廠で建造された「球磨」や「由良」が縦向きである事からの推測と思われます。

WLシリーズでは「天龍」「龍田」ともに不人気艦だったのですが、「艦これ」サービス開始以降急激に売り上げが伸びたと言われ、それが完全新規金型によるリニューアルに繋がったようです。
5年前に「ハセガワが天龍龍田を完全新規金型でリニューアルするぜ!」などと言おうものなら「妄想乙」「寝言は寝て言え」と言われる事間違いなしのレベルでした。
それが同一キットによる箱換えどころか両艦の識別点までも再現するとは本気で誰も予想していなかった出来事です。
今後も「艦これ」による艦艇模型界の特需が特需で終わらず、高齢化の進む艦艇模型界に新規のユーザーが増えて行く事を期待したいですね。

次回はハイパー北神様重雷装巡洋艦「北上」を予定しています。
写真撮影は終わったので早ければ明日中に更新出来るかも?

……おかしい、整理用に棚を追加したのにもう一杯になってるorz
置き場所2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

怖い方の天竜型も解説を読むと凄い艦に思えてくる、不思議!



ゾゴックかわいい(かわいい

用途によるけれど、

天龍型は「偵察巡洋艦」としては水上機の搭載が出来ないなど問題がありますが、「魚雷戦巡洋艦」として見た場合は砲力は並みでも雷撃力は当時の巡洋艦の中ではトップクラスです。
何せ5500トン型の第一陣「球磨」型より片舷雷撃力は上(天龍53.3cm×6、球磨53.3cm×4)ですし。

ゾゴック、リアルタイムでプラモ発売を見ていた世代からするとHGUCで発売されるなど(天龍型リニューアル並みに)あり得ない事だと思ってましたw
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR