工作艦「明石」&給糧艦「間宮」(開戦時)

ブログ主は過去に熱射病でぶっ倒れて後遺症が残った為に自力制作はガンプラパチ組みレベルが限界で、保有しているキットはオークションで落札、或いは制作代行依頼を出して作って頂いたものとなりますことを予めお断りさせて頂きます。

今回は工作艦「明石」および給糧艦「間宮(開戦直前)」です。
「間宮」についての基本的な解説は以前掲載した「間宮」をご覧ください。
戦争末期の対空兵装を強化した姿と最低限の自衛用武装のみを施した開戦時の姿を見比べて頂けると幸甚です。

「明石」は日露戦争で鹵獲した商船を改造した工作艦「関東」(1920年工作艦に類別)が1924年に沈没して以降、海軍が求めていた新造工作艦です。
1934年にようやく新造工作艦の予算が認められ、なんともアレな話ですがそれまでに工作艦を新造した経験がなかった為に海外の同種艦である米工作艦「メデューサ」を参考に基準排水量1万トン、速力18ノットで無補給で3カ月間の行動を可能とする、といった形で計画が纏められました。
1937年に起工され、1939年に就役した「明石」はその艦内にはドイツ製の最新工作機器を多数揃え「1隻で平時の聯合艦隊が必要とする修理の40%を受け持つ事が出来る」と言われるほどの能力を持つ事となります。

工作艦「明石」。今回は「間宮」と同じケースにビス止めしてあるので2隻一緒の紹介となります。
明石&間宮全体1間宮&明石全体2間宮&明石全体3間宮&明石全体4
ケースの湾曲側が「間宮」、直線側が「明石」です。
外見で顕著なのが高い乾舷と平甲板で、これは艦内工場に必要な床面積を確保すると共に上甲板を作業場として使用する為に可能な限りフラットにする為の措置でした。

艦中央部。
間宮&明石中央部1間宮&明石中央部2間宮&明石中央部3
中央部の煙突は艦内工場からの排気用で、艦尾側の煙突はディーゼル主機からの排気用です。
重量物移動用の大型クレーンが複数設置された艦容はまさに動く工場としての姿を如実に表していると言えるでしょう。

艦首と艦尾には自衛用の八九式12.7cm連装高角砲を一基ずつ装備。
間宮&明石艦首2間宮&明石艦首3間宮&明石艦尾1
この時期に建造された補助艦はその大半が八九式12.7cm連装高角砲を装備しており、自衛の対象が水上戦闘艦よりも航空機に移り始めている事を示しています。
こちらは「間宮」の艦尾UP。対空機銃の増設前です。
間宮艦尾

明石の艦橋は戦闘を主任務としていない為に艦型に比して小さめで、高い乾舷と相まってかなり腰高な印象を受けます。
明石艦首正横明石全体
また艦橋後部はクレーン基部を兼ねており、複数のクレーンが装備されているのが判ります。
明石艦橋後部

「明石」は平時は国内で海軍工廠が行う修理作業の一部を代替し、戦時は前進拠点であるトラック泊地に進出して損傷艦の修理に当たる事になります。
戦時中に撮影された「明石」の写真でも舷側に損傷艦を横付けさせ、応急修理中の姿が多く残されています。
また、アメリカ海軍は「明石」を日本海軍の継戦能力を支える最重要目標と見做し、攻撃優先順位の最上位に位置付けていたと言われています。
そんな「明石」ですが、1944年3月のパラオ空襲において撃沈され、日本海軍は最大かつ唯一の前線修理能力を失ってしまったのです。

次回は帝国海軍艦艇ではなくハセガワの「1/4000 SDF-1マクロス」の予定デス。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
艦こ関係模型やフィギュア中心のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR