かつての乗艦

今回の更新はかれこれ20年近く前、ブログ主が実際に乗艦・勤務していたフネでございます。

輸送艦さつま
輸送艦さつま
海上自衛隊みうら型輸送艦「さつま」
キット:ピットロード「海上自衛隊輸送艦みうら」(コンパチキットで全艦製作可能)
製作:G-CUBE様
内容:エッチングパーツ使用による徹底的なディティールアップ、キットで省略されていた部分の改修等

実艦簡易データ
艦種記号:LST(LandingShipTank、戦車揚陸艦)
艦番号:4153
全長:98m
全幅:14m
基準排水量:2000t
機関形式:ディーゼル
機関出力:4400馬力
最大速力:14kt(時速約26km)
乗員定数:115名
兵装:50口径3インチ連装速射砲×1
   ボフォース40ミリ連装機銃×1
搭載艇:LCM(機動揚陸艇)×2
    LCVP(車両人員揚陸艇)×2
昭和52年に竣工した「みうら」型輸送艦の3番艦で、同型艦の「みうら」「おじか」と共に第一輸送隊を編成、長期間に渡り作戦輸送を行う基幹戦力として横須賀に配備されていました。
艦内へは74式戦車最大10両を搭載可能、さらに甲板へ小型トラックやジープの搭載が可能で、有事には陸上自衛隊の戦力を北転させる事がその任務となっていた艦です。
それ以外にも平時では硫黄島行動と呼ばれる物資輸送、また港が壊滅状態でも海岸さえあればビーチング(艦首を直接砂浜にのし上げさせる揚陸方法)によって物資輸送が可能な事から災害派遣もその任務としていました。
兵装は艦首に3インチ連装速射砲(対空、対艦、対地支援)、後部に40ミリ機銃(対空)を備え、1クラス前の「あつみ」型に比べ砲力が強化されています(あつみ型は40ミリ機銃×2)。

↓艦首部分&艦首3インチ連装速射砲
輸送艦さつま
輸送艦さつま
3インチ連装速射砲は砲身を金属製のものへ交換、さらにキットでは省略されているレドームも再現して頂きました。
このレドーム、1番艦「みうら」には付いていないのでキットのままでも問題ないのですが、「おじか」「さつま」を再現しようとする場合、大きな識別点になることから無理を言って加工して頂きました。
右舷艦首に小さく赤いパーツが写っていますが、こちらは軽質油用の小型ドラム缶で、極めて小さな部品ですが無理を言って再現して頂いたものです。
また、艦首救命艇ラックから伸びるロッドアンテナも追加して頂いた部分になります。
艦首に小さなブルワークがあるのですが、キットでは実艦と違って舷側からそのまま立ち上がるのではなく、若干内側に設置されていて段差が出来てしまっていました。
なので元のブルワークを切断、形状も参考写真を元に修整して頂きました。
艦首はビーチングに必要なバウランプを収め、波切りを向上させる為のバウドアを装備。
とはいえ一般的な艦船とは違う半円形に近い艦首は造波抵抗が極めて大きく、機関出力と比較して最大速度は低めの数値となってしまいました。

↓ボフォース40ミリ機銃と艦橋構造物
輸送艦さつま
キットでは銃身がブルワークからはみ出ている事、ブルワークそのものも小振りだったので思い切って一回り拡大、同時に40ミリ機銃の銃身先端部分を金属製に置き換え、ブルワークの内側に収まるよう改修して頂きました。
ダビッドに搭載されたLCVPは人員輸送を主任務とする揚陸艇で、上陸作戦を行う戦争映画で頻繁に登場しています。
港に入港中はこのLCVPを1隻降ろし、交通艇としても使用していました。
煙突左右のアンテナ、艦橋後部の旗竿から伸びる信号索も追加工作して頂いた部分です。
また、地味ながら見所としては艦橋横に設置されている乗降用ラッタルの再現があり、手摺(海自用語でハンドレール)の外側に設置されているラッタルと手摺の位置関係が判ると思います。


最大の特徴は艦橋構造物の前に設置された30tガントリー・クレーンと2隻のLCMで、このサイズの輸送(揚陸)艦でLCMを常時搭載していたのは世界的に見てもこのクラスだけでしょう。
しかし当然ながらこのガントリー・クレーンの為に重心が上昇、ローリングが激しく竣工後にビルジキールの設置を行い動揺軽減が図られています。
↓ガントリー・クレーン&LCM
輸送艦さつま
PC150371.jpg
キットでは省略されているLCM押さえのラッシング・ベルトを再現して頂きました。
またLCMの間に僅かに見える部分(艦橋構造物から出ている小型の甲板室)の天井部分は応急用の角材が置かれていましたので、それらも再現して頂きました。
LCMの間にあるのは車輌(戦車)甲板から直接LCMへ物資積み込みを行う為のハッチ。
ガントリー・クレーンの前にある「=□」状の物は車輌甲板の通気用ハッチで、スライドさせて換気を行います。

かつて乗艦していたこの「さつま」も2002年に除籍、後に解体されて今はその姿を完全に消してしまいました。
ピットロードから発売されたこのキットも、「みうら」型にPKO参加という艦暦がなければ難しかったかもしれず、そのくらい艦艇としては地味だった事は間違いありません。
しかしこうして手元に届いた艦を見ていると、20年近く前にこの艦で経験した事が鮮明に思い出されます。

……オチもなにもなく終わる(苦笑

次元航行艦アースラ

なんか立て続けの更新ですが、今回はヤマトとは打って変わって「魔法少女リリカルなのは」に登場の次元航行艦「アースラ」です。

キットデータは、
ディーラー:MRD様
スケール:ノンスケール
製作依頼:G-CUBE様(HPはこちら
アニメ調の色で仕上げ&キットに対する改造点などは特になしで製作して頂きました。

早速画像をば。
全体像。
L級巡航艦アースラ

艦首方向正面上方より。
L級巡航艦アースラ

正面から。
L級巡航艦アースラ

後方から。
L級巡航艦アースラ


艦の中心ブロック。
L級巡航艦アースラ
L級巡航艦アースラ
L級巡航艦アースラ
L級巡航艦アースラ

艦首部分。
L級巡航艦アースラ

最近はヤマト関係の艦艇ばかりだったので、水上戦闘艦のスタイルを持たないフネは妙に新鮮に感じますねw
作中ではリンディ艦長の元、無印~stsまで活躍した歴戦艦でした。
艦首ブロックが鋭角的なラインで非常に攻撃的な印象を与えるのに対し、艦の中枢ブロックは曲面主体の柔らかなラインを持っています。
兵装もヤマトのようないかにもな「主砲」という感じではなく、一歩間違えたらアンテナ群と見紛いかねない形状。
元々役割としては純粋な戦闘艦艇と言うよりは巡視船に近い(決戦兵器は搭載してましたが)為、必要以上に攻撃的な印象を与えないようなデザインとされているのかな……と思ったり。
白と黒のシンプルな塗装、曲線と直線のバランス、どちらも非常に好みなスタイルでお気に入りです。
キットサイズは過去紹介した完結編主力戦艦と同じ位(約30センチ)。
アースラの公式サイズ設定ってありましたっけ……?

比較画像などご希望がありましたら可能な限り対応しますので、ご意見等有りましたら是非書き込みをお願い致しますヽ(´ー`)ノ

89式装甲戦闘車、とか

ヤフオクで落札シリーズ。
というか基本的に完成品落札、もしくは製作依頼を出して作って頂いたかのどちらかしかない訳ですがorz

そんな訳で題名にもなっている陸上自衛隊の「89式装甲戦闘車(公式愛称:ライトタイガー)」をゲット。
早速写真をば。
89式装甲戦闘車

陸上自衛隊では歩兵を普通科と呼ぶ為、世界標準では「歩兵戦闘車」になる筈なのに「装甲戦闘車」と名付けられています。
開発目的は戦車と共に行動する歩兵の装甲・火力強化。
今までの73式装甲車がアルミ合金製だったのに比べ圧延防弾鋼鈑を使用して防御力が向上、火力も他国の同級装甲車の殆どは20~25ミリ程度の砲なのに対し、L90-35ミリ機関砲に加え79式対舟艇対戦車誘導弾(重MAT)2基を砲塔両側に装備。
さらに機関砲同軸で74式7.62ミリ車載機銃を1丁装備。
この種の車両としては相当な重兵装を持ち、さらに7箇所のガンポートを装備して歩兵の乗車戦闘にも対応。
陸上自衛隊の部隊装甲化を担う筈……だったのですが、余りにも高いお値段(1両6億円以上)によって総生産数は僅か68輌で終了、装甲化は96式装輪装甲車へ引き継がれるコトとなりました。
本格的な実戦部隊配備は北海道の第七師団第十一普通科連隊第一、第三、第五中隊と富士教導団普通科教導連隊第一中隊のみ。
本土では滅多に見かけないレア車輌と化しました……。

正面より
89式装甲戦闘車

左斜め後方より
89式装甲戦闘車

後方より
89式装甲戦闘車

本車を見る場合、たぶん一番手っ取り早いのは8月に行われる「陸上自衛隊総合火力演習」。
35ミリ機関砲による射撃が見れますが、流石90口径の高初速砲、甲高い発砲音で迫力があります。
……とはいえ同系統の砲を装備した「87式自走高射機関砲」の連射には負けてしまうのですが。


おまけ。
コトブキヤのゾイドHMMシリーズ「カノントータス」を素組してみました。
世界観的には自走砲或いは装甲車?
……対空砲&対空捜索・射撃用電探も装備しているから、99式自走榴弾砲+89式装甲戦闘車+87式自走高射機関砲という気もします(汗
カノントータス

後方から
カノントータス

斜め前方から
カノントータス

いかにもカメらしいスタイルで、カッコいいというより可愛い系?
個人的には全ゾイドの中でも五指に入るお気に入り~。




最後に暴走。

35ミリ機関砲の特筆すべき(?)ポイントとしてはPCゲーム「マブラヴ」シリーズの戦術機用突撃砲がこの砲とほぼ同じであるという事。
昨年、一昨年とアージュスタッフの皆さんをお誘いして総合火力演習の見学に参加したのですが、35ミリと陸戦用の砲としては大口径とは言えない本砲の射撃音ですら慣れない人には音の暴力として襲い掛かってきます。
特に数百m離れていた87式自走高射機関砲の連射音は強烈でした。
90式戦車の120ミリ戦車砲は腹に響く重低音ですが、至近距離での35ミリ砲の連射は耳に響く高音といった感じです。

今年は観艦式もあるし、総合火力演習と合わせてなんとかチケット確保したい所……。
まあ8月10月と大分先なんですけどね!

アルカディア号としゅんらん

希望があったので、なんとか撮影してみる……。
どちらも大きくて背景用の用紙からはみ出さないようにファインダーに収めるのが大変だったり。


恒例斜め前方から。
アルカディア号としゅんらん
スマートさ、という点ではアルカディア号。
重厚さ、という点でしゅんらんと言ったところでしょうか。
特にしゅんらんは艦体の幅に加え艦橋の高さが低めで幅広な為、低重心でどっしりと構えた風情を漂わせているように思えます。

正横から。
アルカディア号としゅんらん
艦体はしゅんらんの方が一回り大きいのが良く判ります。

前方から。
アルカディア号としゅんらん
艦体の幅そのものはしゅんらんの方が太く、どっしりした印象を与えます。
しかし全幅で見るとアルカディア号の主翼の方が上回り、前々回のスペースウルフと共通したシルエットを持つ事が見て取れます。
正面から見ると両艦の艦橋構造物の幅の違いが一目瞭然です。

最後に艦尾方向より。
アルカディア号としゅんらん
波動エンジン2基+補助エンジン4基のしゅんらん、メインエンジン2基のアルカディア号。
さらにアルカディア号は艦尾付近に兵装らしい兵装がない上に船尾楼となっている為、後方から見ると角度によっては戦闘艦というイメージすら見て取る事が出来ません。

とはいえ、艦尾旗竿に翻る海賊旗は見る人に強烈なイメージを焼き付けるコトは間違いなし。
……こんな艦が突然次元世界に現れたら大混乱だろうなぁ、と思う次第w

サイズ比較

前回うpしたアルカディア号とほぼ同スケールと思われる艦、明確に1/1000とされている艦でサイズを比較してみる。

まずは「相模」「アルカディア号」。
本来ならば絶対に同じ画面に登場することのない両者ですが、こういうお遊びが出来るのが模型の良い所ですね~。
てな訳で早速。
アルカディア号と相模
アルカディア号と相模
流石に設定全長400m級のアルカディア号と240m級の主力戦艦では大きさに違いがあります。
特に主砲は一回りアルカディア号の方が大振りとなっており、並べてみると大きさの違いが主として艦首の長さと艦尾の大きさにある事が判ります。
艦橋構造には共通性が見て取れますが、これはアルカディア号のデザインクリンナップをスタジオぬえが行った事が関係しているのでしょうか。

続いてはアルカディア号と復活編主力戦艦。
アルカディア号と復活編主力戦艦
同じ主力戦艦でも一回り以上艦体が大型化しており、相模ほどの差はありません。
特に艦体そのものの太さは直線主体の復活編主力戦艦の方がアルカディア号と同等かそれ以上に見えます。

お次はアルカディア号、アリゾナ、相模。
アルカディア号、アリゾナ、相模
アリゾナは艦橋構造物が他艦に比べて小さい為、若干アンバランスに見えます。
とはいえ艦体そのものは細身ながらかなり長めとなっており、アルカディア号の艦首髑髏マークのようなけれん味こそないものの、両舷に配置された主砲が存在感を放っていると思います。

新旧主力戦艦。
新旧主力戦艦
同アングルで並べてみると、艦首付近のデザインラインはほぼ同等なのが良く判ります。
とはいえ、復活編主力戦艦の艦首波動砲発射口はキット発売元のMRD様によると「旧主力戦艦に近づけた」との事ですので、そのせいもありますが……。
目立つ所では復活編の主力戦艦は艦橋の高さが低く纏められている点でしょうか。

主力戦艦とガミラス艦。
ガミラス艦はメカコレクションのものでスケール指定はないのですが、イメージ的にはこれくらいかな、と。
相模とガミラス艦
メカコレクションの台座だと相当上向きになってしまうので、敢えて直置きで。
古代艦より一回り大きく、沖田艦より少し小さいイメージがあります>ガミラス艦
こうして見るとさらば/2で地球艦隊がどれだけ強化されたかが良く判ります。
おまけでガミラス艦単体(潜宙艦付き)。
ガミラス艦
ヤフオクで落札したメカコレクション完成品ですが、徹底したディティールアップが施されているので相模と並べてもまったく遜色ありません。
プロポーションも全く問題なく、今の目で見てもポイントを的確に捉えた優良キットだと思います。

ファインモールドの艦隊旗艦とガミラス艦。
沖田艦とガミラス艦
ガミラス艦が100m級、沖田艦が150m級だとすれば丁度これくらいの差でしょうか。
主砲口径などは沖田艦の方が上ですが恐らく出力と収束率で負けていたのでしょう、第一話では沖田艦の砲撃がガミラス艦の装甲に弾かれ、拡散する様子が描かれていました。

最後は前回紹介し忘れた、アルカディア号拘りの改修ポイント。
アルカディア号艦橋
元キットは下部艦橋の天井部分に殆どスペースがなく、劇中で施されていた髑髏マークを描くスペースがありませんでした。
その部分を改修し、設定通りに髑髏マークが描かれています。
また、艦橋両脇の構造物に船舶であれば必須の「左舷灯&右舷灯」を追加して頂きました。
右舷側の緑灯は殆ど見えませんが、左舷側の赤灯がはっきり見えると思います。
この辺は元々海上自衛隊で2000トン級の輸送艦に乗艦していた主の趣味が反映されています。

……手持ちネタが枯渇してしまったのでしばらくは更新出来ないかも?
一応未開封の1/3000某SDF艦や超合金魂なアンドロメダはあるのですが、一度開封すると置き場所ががが。
複数希望があれば必死こいて撮影にはいるかもしれません。
もしご希望がありましたらコメント欄に是非~。
プロフィール

大隅4001

Author:大隅4001
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
雑記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR